2017年06月15日

東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
平成29年6月15日(木曜日)

IMGP2699.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifIMGP2338.JPGIMGP2338.JPGIMGP2338.JPGIMGP2338.JPGIMGP2251.JPGIMGP2251.JPGIMGP2251.JPGIMGP2251.JPGIMGP2251.JPGIMGP2170.JPGIMGP2170.JPGIMGP2170.JPGIMGP2170.JPGIMGP2170.JPG




Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。









「ここをおして」をクリックされてください。



「ここをおして」をクリックされてください。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci




(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)











Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。





東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci

(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)






Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。




東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html




東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
平成29年6月15日(木曜日)





「なつ」です。


「なつ」の「6月」


になりました。


まばゆいほどに。


ことばでは。


いいつくせないほどに。


まぶしくて。


すがすがしくやさしい。


「季節」の。


黄金(こがね)のように


かがやいている。


透明な。


やさしい朝の陽射しです。


しあわせいろの。


あかるい朝の陽射し。


やさしいあかるい朝の陽射し。





「朝」の陽射しの「あかるさ」は。


なにものにも。


たとえようもありません。


けぶる季節の山焼き。


大気は「かおる」。


しずかなひざしです。


「季節」のあさひ。


「朝陽」の光は。


とてもやさしく。


けれどもちから強くしずかです。







夏朝陽


緑木枝間に


われを見る






まばゆくも


輝く柔しき


眼(まなこ)なりけり








なつあさひ


みどりきえたまに


われをみる







まばゆくも


かかやくやさしき


まなこなりけり





★★★

今年の春・から冬は予期せぬ
インフルエンザ*の
大規模な流行が予想されます。

東京 都 世田谷 区 山本クリニックでは。
薬事法の「能書」にあるとおり
「正規の」
「2回法によるインフルエンザワクチン」の
予防接種を行います。
御予約が必要です。


1回法=3500円

2回法=7.000円

です。


当院ではいつでも御来院されれば
インフルエンザ予防接種が可能です。
まだ。

インフルエンザ予防接種をされて
いないかたは
ぜひともうけられてください。





「なつ」になりました。




今年も「なつ」がきました。



「なつ」がきて。



今は「6月」。



「季節」がふうせんのように。



ふくらみそしてみのり。



ひろがりゆく季節。



です。







季節のまつりは季節におわり。


野には。


たんぽぽは葉草となり。


季節の花が咲き。


野草は「葉草」となり。


よもぎや。


すぎながいっぱいになりました。


季節の「かれ山水」の風情です。


くさみどりの葉のつつじが。


さえほこっています。





「季節」になり「川の水音」は。

あたかも。

「ゆたかな清流」の。

「みずのながれのおと」の如く。

きこえるようになりました。

「季節」の小川。

「どんどん」ながれる。

季節のおがわ。

高さも低さこそ見えないのに。

あゆみたゆまず。

ながれる水の流れ。

ありがたいような不思議さ。

ずっと流れを追いかけて。

海原までたどれるのだろうか。

海原のもっとさきまで。

たどりつけるのだろうか。

たどりつけるのであれば。

いつのひか。

海原のもっとさきまで。

いってみたいものです。






春分の日もすぎれば。
「さくら」咲きはじめ
「さくら」がおわり。
「4月」が終われば。
「5月」になり。
「5月」もおわれば。
6月に。「夏」になり。
6月も終われば。
7月 たなばた。
7月 もおわれば。
せみのなく8月。
8月の夏はすぎれば。
9月の秋になり秋の虫が鳴く。
そして9月がおわり。
中秋10月なり紅葉の季節。
そして10月がおわり。
「11月」になり。
晩秋「11月」もおわり12月の「冬」。
「12月」になればまた「年」があけ。
また「初春」がくる。
「1月」がおわれば「2月」
そして「春」の「3月」「4月」「5月」
そして「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」「9月「10月」「11月」
「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
がすぎて。



「6月」です。


「陽」はすでに


日々にながくなりつつあります。


「季節」がきて。


さらにも。


季節のかおりつたえる大地。


その大地をてらす「ひざし」の。


やさしい「光」の日々毎日です。








「なつ」の「6月」です。


「季節」の。


陽は日々これ好陽。


夕暮れ時の夜にゆらぐ。


明るい家々のゆふべの灯火(ともしび)。


あたたかいぬくもり灯火。


しあわせのだんらんのひかり。


きせつに燃えてゆらぐともしび。


しあわせいろの季節のともしび。


団欒のともしび時に。


豆腐屋さんのラッパや。


季節のよるはよなきそばの


らっぱも


むかしは。


聞こえました。





朝陽ののぼるのがおそくなりました。


夕陽がおりるのは、はやくなりました。


季節の「朝」の陽射しは


窓越しにも「まばゆい」


くらいです。


夕暮れの「季節」の陽射しは


「はしりおえた」


「陸上競技の選手」のようです。


つかれて。けれども充実して。


くれてゆきます。


明るい季節の夜の空になりました。






まことに。

冬来たりなば春遠からじ。



ふゆきたりなば


はるとおからじ


(出 典は。


 ひばりを崇拝するイギリスの詩人シェリー*の


『西風に寄せる歌』の一節。


英 語の原文: 


If winter comes,



can spring be far behind? )







「英国:United Kingdom UK」のロマン派の
詩人は。「御自分」のテーマの「鳥」を
紋章のようにもっています。
英国ロマン派の詩人は、
それぞれ愛好し、崇拝する鳥を持っていました。

ジョン・キーツは、
「夜鶯」(ほととぎす)の神秘的な声に魅惑され。
夜の闇に響くその歌声を主題に詩を書いています。

ワーズワースにとって、詩の霊感をもたらし、
彼に生きることの喜びを教えてくれる鳥は、
「郭公」(かっこう)でした。

パーシー・シェリーは「雲雀」(ひばり)の声に魅惑され。
ひばりを崇拝する鳥として。
主題とした詩を書いています。








「季節」から「季節」への


移り変わりは


二階から。


「かけあし」の足音の。


とんときこえぬ。


「空き家」のような。


「うつろいかた」です。



二階から。



「かけあし」の足音がきこえない。



まるで「かげろう」



の「たたずまい」のように。



季節がうつろいました。




昨年。
「9月」の初秋がおわり。
「名月中秋10月11月もおわり」ました。
「11月」もおわりました。
「12月」になりました。
いきつくひまなく。
「新年」。
「初春」の「1月」「2月」もおわり。
「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」
「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」「11月」「12月」「1月」「2月」「3月」
「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」
「11月「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」
「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」
「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」「1月」
「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」「9月」
「10月」「11月」「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」
「5月」

がすぎました。



「6月」


「季節」から「季節」への移り変わりは


「かげろう」のようにうつろいでいきます。


そしてまた「年」をこします。







「季節」はひそやかにと。


こっそりと。ゆっくりと。


しのびあしで。あるいて来ます。


そしてゆっくりと。


「あらたな季節」にむかって


あるいて行くようです。




だから。


「新しい季節」をまつのであれば。

「新しい季節」がひそやかに。

しのびあしで。

歩いてくるのをまたなければ。

なりません。


「季節」をまつのであれば。

すぎさる「季節」がゆっくりと。

しのびあしで。

歩いていくのをまたねば。

なりません。

「かぜのおとに*」おどろかされるまで。

またねばなりません。

「かぜのおと」がかわり。

「季節」はなにかが生まれるようにおとずれます。







秋きぬと目にはさやかに見えねども 

風の音にぞおどろかれぬる


(藤原敏行・古今集169)










「季節」はゆっくりとあるいてやってくる。

「季節」がひそやかにかくれてやってくる。




さきのことすぎるかもしれないが「来年」。

このように「時」のうつろいを

心はせれば。


考えると「おそろしいもの」です。

考えなければ。
「なおおおそろしい」
ものであるものかもしれない。

「考えずにいるつけ」がまわって
くるからかもしれません。


「来年」のことを考えれば。


「鬼」が笑う。


ゆく先々を「来年」とすれば。


「来年」のことを考えずに。


すむのであれば。


「鬼」は


笑わないのでしょう。


「鬼」とはなんだろう。


「日本以外の国」にも。


「わらう」。


「鬼」のような「怪物」は。


存在するのだろうか。



今日の深夜早朝03:15amには。

久方ぶりに。

大きな「季節」の「星空」がみえました。

早朝くらいうちは。

空に月。

「お月様」が「雲のじゅうたん」に。

天高くにねそべって。

かさををさしている。

ようです。


「季節」の「夜空」の。


「おぼろ月夜」です。


「クリームいろの月」でした。






05:0amころ日があければ。
まだまだくらい朝日を背に。
西のコバルトの空高く明るい。
とても高い成層圏近くの高い高度に。

西のコバルトの空高に。
「刷毛」でひいたように「絹雲(けんうん)」が
何本も何本も。
描かれて。
たなびいていました。

実に見事な筆捌(ふでさばき)です。
ためらいのない「朝焼け」
「季節」の「朝焼け色」の線描です。



「きせつ」の朝。


「陽射し」ののぼるころは。


「西」の空


のほうが明るいのです。


朝が明けて午前になれば。


まばゆいほどの。


「きせつ」のひざしが。


陽がのぼる。


東から。


窓のカーテンと。


木々の合掌(あいま)をぬって。

「さあ 外においで!」


とさそうがごとく。


大きな声で。


よびかけてくるようです。


ハーメルンの笛吹き男のようです。






高い成層圏近くの高い高度に。
「刷毛でひいたように」「絹雲(けんうん)」
の端には渦巻きのような「ぬけあな」があり
「さらなる遠方の青空」が透けてみえます。

さながらにして。
東山魁夷画伯の描かれた大きな壁画。
大きな屏風絵の世界。

東山魁夷画伯の描かれた大きな絵画を
彷彿とさせますです。

東山魁夷画伯。
「よくえがかけた画伯です」。





この「あおぞら」をみていると。


陽のひかりをみていると。


とても


信じられないくらいに。


元気がわいてくることに。


気が付きました。


「太陽」の「陽射し」。


「陽」の「めぐみ」は。


なんと。


ありがたいことだろう。


なんと尊いことだろう。




そら一杯の青空の



天井(てんじょう)と。



「太陽のひかりのひざし」は。



「生きとし生けるもの」にとって。



なによりもの。



まことの。



「めぐみ」です。



それを戴けるのは。



「よろこび」おおきことです。







「太陽のひかりのひざし」は



「いのちへのめぐみ」。

「いのちのよろこび」。




ありとあらゆる「生命」「いのち」をはぐくみ。
ありとあらゆる「生命」「いのち」をたたえる。
ありとあらゆる「生命」「いのち」をなぐさめる。

「生きとし生けるもの」の「いのち」に。
さらなる。
「はるかかなた」までの。
「いきるちから」をさずけるものです。
「太陽」。

ありがたいものです。


はやいものです。

ときのたつのは。
はやいものです。

そしてふと考えれば

去年も
「12か月」が
終わりました。

中秋から晩秋にうつろい。
「寒月」の「12月」がおわり。
新年の「1月」がおわり。
「晩冬」の「2月」がおわり。
「初春」の「3月」「4月」がおわり。
「夏」「8月」がおわり。
「秋」「9月」「10月」「11月」はおわり。
「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
そして「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」[11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」
「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」「1月」
「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」11月」「12月」「1月」「2月」「3月」
「4月」「5月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」
「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」
「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」{1月」「2月」
「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」
「11月」「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
がすぎされば。

今は「6月」。





「季節の花」の花の花びら。

ひろって。
手のひらにかかげれば。
「きせつの花」の花のかおりは。
プラチナ色の香りが
致します。



今は。
「季節の花・花々」が。
蕾をふくらませています。
「季節の花」の。

はながは鐘袖(ベル・スリーブ)のように。
ふくらんでいます。



「きせつ」の花の「はなびら」が。

闇夜のあいだに。

朝の早朝まだ。

「花」にもきがつかぬうちに

また地に舞い下りています。







「きせつの花」


には。


ひとのよの。


「人のいのち」の。


「こたえ」があるような


気が致します。






ふと野の花は。


一般的には。


香らない花が。


多いことに気づきました。




伊藤左千夫の「野菊の墓」の「野菊」は。
矢車菊 (やぐるまぎく)
はとても綺麗なむらさきの「のぎく」です。
けれども「のぎく」は香りません。
(Corn lower, Bachelor's-button)です。


因みに
最高級の(今はもうとれない)
インド・カシミール地方で産出されたの
サフアイアの色は

「矢車菊色:やぐるまそう色」といわれます。

「カシミール・ヴァイオレット」。


麦畑やとうもろこし畑の中に 咲いていたことから。
「コーン・フラワー」=「野菊」(Corn flower)
です。

別名 「矢車草(やぐるまそう)」
といわれることがあります。

実は「矢車菊 (やぐるまぎく)」と
「矢車草(やぐるまそう)」まったく違う植物です。
矢車菊 (やぐるまぎく)が「野菊」。
「矢車草(やぐるまそう)」は「高山植物」。

「野菊」は春から夏にかけて咲くむらさきの花です。


古代エジプトのツタンカーメン王の墓 からも
発見された由緒正しき「野菊」。
色は紫。むらさきです。


ツタンカーメン王の。

まだ幼な子王妃が。

「亡きツタンカーメンンに野菊の花束ささげるけなげな姿」
が鮮烈に眼に浮かびます。


この「花」が。


「野菊」です。


「野菊の墓」の「野菊」。


けれども。



「野菊」は


香らない。








毎朝暗い早朝と。


うす暗くなる午後6時ころには。


「季節風」が


ふいている。


「季節風」がかわりばんこに。


あちこちで


「ろうろう」「こうこう」とないています。






「きせつのかぜ」の
「季節風」の
「コーラス」を聞いていると。

ふと。

「この「きせつ」におびえるひと」の気配が
脳裏をはしりました。
はてだれだろう。

うら若き乙女。
貧しさに。
苦労に苦労をかさねて。
苦しんで苦しんだ苦しんだあげくに。
24歳にして世を去った
「樋口一葉」。

樋口一葉の

「うらわかき」
「「冬」と「春」の短歌」がきこえるようです。






散たまるふもとの落葉わけて思ふ
埋もれぬべきは雪の山里


ちりたまるふもとのおちはわけておもふ
うもれぬへきはゆきのやまさと


庭の面につもる紅葉の色見れば
散りての後もにしきなりけり


にわのおもにつもるもみしのいろみれば
ちりてのあともにしきなりけり


世の中の秋にあはじとおくれけん
一もと野ぎく思ひあがりて


よのなかにあきにあはしとおくれけん
ひともとのきくおもひあがりて



折々に散るものどけし春雨の
はれたる軒の山桜ばな

おりおりにちるものどけしはるさめの
はれたるのきのやまさくらばな


わが園のものとおもへば初わかな
はつかなれども嬉しかりけり

わがそののものとおもへばはつわかな
はつかなれどもうれしかりけり

立ち渡る霞をみれば足引きの
山にも野にも春は来にけむ

たちわたるかすみをみれはあしひきの
やまにものにもはるはきにけむ

わたつ海の波のいづこに立ち初て
果なくつゝむ春の霞ぞ

わたつみのなみのいづこにたちそめて
はてなくつつむはるのかすみぞ


さざ波やしがの都のいにしへの
おもかげうすく立つ霞かな

ささなみやしかのみやこのいにしえの
おもかけうすくたつかすみかな

鶯のけさおとづるゝ声聞て
はじめて春の心地こそすれ

うくいすのけさおとつるるこへききて
はしめてはるのここちこそすれ


うれしくもわがものにして聞てけり
このあかつきの鶯の声

うれしきもわかものにしてきこへけり
このあかつきのうくいすのこへ

のどかなるけさの雨にやはるの野の
みどりも色まさるらむ

のとかなるけさのあめにや
はるののの
みとりのいろもまさるらむ

おくれたる友の為にとしをりして
谷間の蕨折り残しけり

おくれたるとものためにとしをりして
たのまのわらひおりのこしけり








ちりたまるふもとのおちはわけておもふ


うもれぬへきはゆきのやまさと


にわのおもにつもるもみしのいろみれば


ちりてのあともにしきなりけり


よのなかにあきにあはしとおくれけん


ひともとのきくおもひあがりて

-------------------------------


おりおりにちるものどけしはるさめの

はれたるのきのやまさくらばな


わがそののものとおもへばはつわかな

はつかなれともうれしかりけり


たちわたるかすみをみれはあしひきの

やまにものにもはるはきにけむ



わたつみのなみのいづこにたちそめて

はてなくつつむはるのかすみぞ



ささなみやしかのみやこのいにしえの

おもかけうすくたつかすみかな




うくいすのけさおとつるるこへききて

はしめてはるのここちこそすれ


うれしきもわかものにしてきこへけり

このあかつきのうくいすのこへ



のとかなるけさのあめにや

はるののの

みとりのいろもまさるらむ



おくれたるとものためにとしをりして

たのまのわらひおりのこしけり









「24歳」の「とてもとても貧しい乙女」の。

「冬」によろこび。

「冬」にもおびえおののく。

隠したくはない「乙女のほこり」

けれども。

隠さざるを得ぬ「乙女のほこり」

かなしさの。おもかげと。

光さす。輝きと。

お若い「御婦人」の「知」「智」が。

ほこりたかくも。

そしてはかなくも。

「ひしひし」とよみとれます。





「秋」の女神(めがみ)の。



「竜田姫(たつたひめ)」の



去り過ぎた「「秋」そして「冬」。



「春」の女神「佐保姫(さほひめ)」が



微笑んみながらまいおりてきました。



また去っていきました。



「季節」がきました。



「竜田姫(たつたひめ)」の微笑みが



ちかくにみえるような気がいたします。








「佐保姫(さほひめ)」の微笑みも。



いまだとおくで、感じられます。




これからは日は。
陽は次第にみじかくなる。
日が短くなる。
朝は明けるのははおそくなり。
夕に暗くなるのははやくなる。



なぜか。
不思議なやさしさ。
やすらぎと。
心やすらかなる
安堵感をかんじます。


心やすらかなる
安堵感をかんじます。

けれども。
「安堵」と「落胆」は。
常に表裏一体。
両羽(もろば)の剣。

「ぬかよろこび」の「ぬか」のような
ものです。

「みじかくなる陽」も両羽(もろば)の剣を
持っています。

そして。
季節には「大気の音色(ねいろ)」もあるようです。


朝空は
陽ははるかに天高く。
空色はミルク色です。
クリームのかかった雲空です。


東京都 山本クリニック世田谷の庭園には

「えどむらさき」という「つつじ」
が「何本」もはえています。
野生種に近いものです。
大きな真紅紫の花を咲かせます。

「つつじ」ですから
盆栽の「皐月:さつき」のような
繊細さはみえません。






この「きせつ」になり。
森山を分け入ると。


木々の根元に隠れ咲く。
だいだい色の花の花のごとくに紅葉したまま
しもがれする
「やまはぜの葉木」が「大好き」です。

「やまうるしの紅葉」もかわいらしく。
「大好き」です。

身の丈以上ほどにもなって群生する。
野生の「小紫式部:こむらさきしのぶ」
が。
病院の林の一角に野生のまま
おいしげっています。

野生の「小紫式部:こむらさきしのぶ」
のパープルの真珠が群れたように実る
「実りの木の実」の風にそよぐ音色には。
おどろかされます。

あけびつたもうれしい。
あけびの「実」がみつかればなおなおうれしい。

またたびをみつけました。
根元にねこにかじられきずがある。

里山の季節の時期から。
そしてつぎの「あたらしい」の里山の季節
になりました。

四季の歩みの春夏秋冬のうつろいは
メトロノームの「あゆみ」を
感じさせます。

この「あゆみ」の「質量」は
とてもとても多いです。
質量があれば。あたかも。
重力のように。
四季のリズムにひきよせられていく。
そのような感じがします。

四季の歩みの春夏秋冬は。
フアジーでいてなお着々。
確実な「リズム」を感じます。

ここに。
「メロディ:旋律」とハーモニー:和声」
がくわわれば「音楽の三要素」。
音楽と同じです。

草花や草木につつまれた自然は。
「音楽」と同じように
ひびきとして聴こえます。

自然は
「しぜん」の
「ヴィルトオーゾ」と
「ヴィルトゥオーサ(virtuosa)」
*です。

この「自然のフイルハーモニウム」の。
指揮者は。
太陽なのか大地なのか人なのか。

或は音色をかもし出す自然はオーケストラ
であるのか。
ソリストなのだろうか。

私の尊敬する「合衆国USA」の
女性で小説家(「ノーベル賞受賞者」)
「パール・サイデンストリッカー・バック
(Pearl Sydenstricker Buck)
中国名、賽珍珠(サィ・チンシュ)」
パールバックの「大地」に
その「こたえ」が示唆されています。


古代より芸術家が
自然を音楽や絵画や彫刻
で表現しようとした気持ちが良く判ります。


*ヴィルトゥオーソ(virtuoso)は、
「博識、達人」を意味するイタリア語の男性名詞である。
複数形の場合はヴィルトゥオーシ(virtuosi)
、女性形はヴィルトゥオーサ(virtuosa)となる。
ラテン語のvirtus
(「男らしさ」「美徳」「至高」の意)を語源とし、元来は「有徳の」「誉められるべき」
を意味する形容詞の男性形であった。


実際の楽曲ではこの三要素は。
密接に音楽的に結びつきひとつの楽曲をなします。

但し音楽の「リズム・メロディ・ハーモニー」は
一つだけを明確に取り出せる「成分」というわけ
ではありません。

また「音楽であるため」に。
三要素が絶対必要ということ
でもないでしょう。


邦楽などではリズム・ハーモニーは
存在しないか希薄である事が多いです。
「音楽」として「欠陥」があるわけ
ではありません。

「リズム・メロディ・ハーモニー」
が西洋音楽の常識ではありえないほど
高度な進化を遂げた音楽も存在致します。

邦楽もその一つです。

大和の国 やまとのくにの自然は。
「大和の国の音楽」と同じように思えます。
聴こえます。




「音楽」は「音」「おと」です。
そして「しらべ」=メロディとハーモニーです。
人類が「この音楽」を「楽譜」として
「寸分たがわず」「譜面」という名の「紙」に
「かくことを完成させた」ということは
大変なことです。

人間は。
人類は。
わずか「400年」で。

「音楽の旋律」に対する「楽譜」を。
「あらたな言語」を
完全に「完成」させたことになります。

まさにミューズの神の「神業かみわざ」です。



木々のめぶきの
冬なおも。
ますます力強い息吹を感じます。

「真夏」をすぎ「冬」になると。
再び「若葉」がみられることに。
きづきました。
「ため息」がでるほど木々の「冬若葉」の
「つどい」は「つよく」「うつくしい」。
雪の上のみどり。

木々のてっぺんは萌黄色から
「ふかみどり」
になりました。
そして「しっかりと樹木として
「冬を迎えた葉束」になりました。
これからは
「深まる冬」がすぎさり「春」。
「開花」の炎が。

樹木の上方で。
「春の到来」を.
くすぶりてまちわびてています。
たえしのぶ季節の樹木です。





高い木々の穂先は萌黄から若草色に。
うねるなみのように。
木々の新緑は常緑となり季節のおとずれを
伝えていました。


桜は葉桜から「葉木」
道路沿いの「けやき」の木々も
萌黄から若葉。
そして青葉。
どうもうともいえる青葉。
そして見え隠れする「紅葉葉」。
紅葉葉の10枚20枚がひとつひとつ
の樹木にみえるようになりました。
「黄色調」です。
そして今「樹木」は「葉のいろ」をかえ
「宙」に舞おうとしています。




明らかなる。
「冬から春」とはことなる。
「夏から秋」。
「秋から冬」
そして「季節からあらたなる季節」の「かぜおと」。

木々の四季の。
大気の「色」のうつろい
に気づきます。





今は里山(さとやま)をさまよい。
今は里山(さとやま)をあるきたい。
今は里山(さとやま)の季節。
今は昔々里山(さとやま)であそび。
今は昔々て里山(さとやま)でおぼえ。
今は昔々里山(さとやま)でまなんだ。
今は昔々のその日々の思い出は。
今は黄金(こがね)か。あるいは。
今は銀か。いぶし銀か。
今はもしかしたらプラチナか。
今は思い出色は鉛のように。
今は重さは鉛のようになり。
今は心の奥深くに埋もれて感じられます。


「幸せ色」=「しあわせいろ」

ならばよいです。


けれども
早朝は非常にさむくなりました。




やま中さまよいて
やま中をわけいらば
やま中大樹の根元に隠れたり
やま中あけぼの色のちひさき炎(ほのほ)
やま中みつけたりやまの秋の華。
やま中やまの秋葉木のかくれんぼ
やま中大樹の根元に隠れたり
山はぜの葉木。
やま中やまうるしの葉木。
やま中あきやまはぜとふるやまうるし。
「はだか木」。
元気な木。たくましき木。


山萩(やまはぎ)の
花をかくして燃えたたむ
あきに実りの祭りなり
あき山はぜの葉炎
あき天高く燃ゆ

やまはぎの
はなをかくしてもえたたむ
きせつにみのりのまつりなり
きせつやまはせのほのほ
きせつてんたかくもゆ









ひろくなりけり空(そら)たかし
さとやまに木々のみどり木
こもれびうけて燃えるがごとし
みどりの炎(ほのほ)
ほのほうちけさむかすみはあおし
ほのほにかすみにただよひて
うるわしくかがやきたり
あたたかくかおりたり
あざやかなりけり 
やまさとのやまみどり
やまさとのふかみどり


ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
は「英国:United Kingdom UK」の
「風景画家」
天才画家ですが「緑」が大嫌い
で「黄色」が「大好き」。
「木」をかくのを非常にいやがったそうです。

多分ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
が「修行時代」に「お金にために
「どこの国も同じですが」
「名所絵」をかかされたときの
「反動」ではないかと
今の私は考えます。






「大きな冬みつけた」

から

「冬がすぎてて春間近い」

「小さな春みつけた・。」

そして

「小さな季節みつけた」

そして

「大きな春みつけた」。

そして

「小さい季節」がみつかって。

そして・そして

しだいにおおきな。

「季節」になりました。

「あき」がちかづく「八十八夜」まで・・

秋が過ぎて。ふゆがすぎて。はるがすぎて。
なつがすぎてあきがすぎて。ふゆがきて。

今はふたたび「きせつ」。










私は寒い新潟の寒村の百姓のうまれです。
毎朝03:15amには起床致します。

睡眠時間は「4時間」。

朝の病院への移行に車をつかいます。
まっくらです。




朝4:30am前に東京 都 世田谷 区 山本クリニック
の明かりがともります。

真っ暗な中で。
病院の事務局と病院の診察室との
往復はとても気温が低いと
とてもくつらいです。

朝の日の出前までの間は今日御来院される患者さん
の「診療録:カルテ」のチエックと
朝の申し送りの準備です。






-------------------------------
ミニ伝言板
★当院は完全予約制です。★
-------------------------------


------------------------------


平成21年01月12日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------


平成21年2月11日(水曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------



平成21年3月20日(金曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------



平成21年4月29日(水曜日)は。


元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ。


限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------


平成21年5月4日・5日・6日・
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は。

元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ。

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------

平成21年7月20日(月曜日)は。

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ。

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------

平成21年8月14日(金曜日)と15日(土曜日)
の「二日間」
は病院の医療コンピューターの更新のため。

診療ができないので二日間「休診日」になります。

平成21年8月13日(木曜日)まで平常どおり。
平成21年8月18日(日曜日)から平常どおり。
はおわりました。

------------------------------



平成21年9月21・22・23日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------


平成21年10月12日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
------------------------------




平成21年11月 3日(火曜日)
平成21年11月23日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。
------------------------------






平成21年12月23日(水曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。
------------------------------


年末年始の診療
平成21年12月30日(水曜日)*まで
診療を行います。

また
平成22年1月は。
1月4日(月曜日)*より診療を開始致しました。

------------------------------


年始の診療
平成22年1月11日(月曜日)
平成22年1月11日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------


平成22年3月22日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------


平成22年5月3・4・5日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------




平成22年7月19日(月曜日)祝祭日は
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------



平成22年の8月12日(木曜日)(休診日)
より
平成22年の8月15日(日曜日)まで
の8月12日・13日(金曜日)・14日(土曜日)8月15日
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。
きまっている休診日を除けば
8月13日(金曜日)と8月14日(土曜日)
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。

はおわりました。



------------------------------


平成22年9月20日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。

------------------------------



平成22年10月11日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------



平成22年11月3日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------


平成22年11月23日(火曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では
平成22年12月29日(水曜日)まで診療を行います。
そして
平成23年1月4日(火曜日)より診療を開始到します。


平成22年12月30日(木曜日)より
平成23年1月3日(月曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。院長は常時病院に滞在到します。


はおわりました。
------------------------------



平成23年1月10日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------



平成23年2月11日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------



平成23年2月21日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------



平成23年4月29日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------


平成23年5月3日(火曜日)
平成23年5月4日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------




平成23年7月18日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。
------------------------------




平成23年の8月11日(木曜日)(休診日)
より
平成23年の8月14日(日曜日)まで
の8月12日(金曜日)・8月13日(土曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば
8月12日(金曜日)と8月13日(土曜日)
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。

  

はおわりました。
------------------------------

平成23年9月19日(月曜日
平成23年9月23日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------

平成23年10月10日(月曜日

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------

平成23年11月23日(水曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------

平成23年12月23日(金曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------


山本クリニック脳神経外科世田谷では
平成23年12月30日(金曜日)まで診療を行います。
そして
平成24年1月4日(水曜日)より診療を開始到します。

平成23年12月31日(土曜日)より
平成23年1月3日(火曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。院長は常時病院に滞在到します。
はおわりました。



------------------------------

平成24年1月9日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------

平成24年2月3日(金曜日)

元来は平常診療日なのですが。

館内設備の点検補修のため、「臨時休診日」
とさせていただきます。


ご迷惑をかけ、申し訳ございません。
(木曜日)(金曜日)と、二連休になってしまいます。


形成外科などで、
(土曜日)2月4日に、御予約の御確認は
2月2日(水曜日)に御願い致します。
はおわりました。

------------------------------

平成24年2月11日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------

平成24年3月20日(火曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------

平成24年4月30日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------



平成24年5月4日(金曜日)
平成24年5月5日(土曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。

------------------------------



平成24年7月16日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------




平成24年の8月12日(日曜日)(休診日)
より
平成23年の8月16日(木曜日)まで
の8月12日(金曜日)・8月13日(土曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば
8月13日(月曜日)。14日(火曜日)、
と8月15日(水曜日)・
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。
はおわりました。




------------------------------




平成24年
9月17日(月曜日)、
9月22日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。




------------------------------

平成24年

10月8日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------


平成24年


11月3日(土曜日)


元来は「祝日で休診日」です。




けれども「完全御予約制」の



御予約の患者さんのみ



限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。








------------------------------






平成24年


11月23日(金曜日)


元来は「祝日で休診日」です。




けれども「完全御予約制」の



御予約の患者さんのみ



限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。











------------------------------




平成24年

12月24日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました




------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成24年12月29日(土曜日)まで診療を行います。
そして
平成25年1月4日(金曜日)より診療を開始到します。



平成24年12月30日(日曜日)より
平成23年1月3日(木曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。

院長は常時病院に滞在到します。






はおわりました



-------------------------------

平成25年

1月14日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました



------------------------------

平成25年

2月11日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました



------------------------------

平成25年

3月20日(水曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました




------------------------------

平成25年

4月29日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました



------------------------------



平成25年5月3日(金曜日)
平成25年5月4日(土曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



平成25年5月6日(月曜日)は休診致します。




はおわりました






------------------------------

平成25年

7月15日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------






平成25年の8月14日(火曜日)
より
平成25年の8月16日(木曜日)まで
の8月14日(火曜日)・8月15日(水曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば
8月14(火曜日)。、
と8月15日(水曜日)・
が休診日となります。

8月12日(月曜日)は診療致します。
8月16日(金曜日)より通常状態にもどります。

院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。

はおわりました。

------------------------------





平成25年9月16日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。


------------------------------


平成25年9月23日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
------------------------------




平成25年10月14日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
------------------------------



平成25年11月4日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。





はおわりました。
------------------------------


平成25年11月23日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
------------------------------



山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成25年12月30日(月曜日)まで診療を行います。
そして
平成26年1月4日(土曜日)より診療を開始到します。



平成25年12月31日(火曜日)より
平成26年1月3日(金曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。

院長は常時病院に滞在到します。






-------------------------------




平成26年2月11日(火曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。



------------------------------


平成26年3月21日(金曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------




平成26年7月21日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
-------------------------------



平成26年8月2日(土曜日)

元来は診療日です。


けれども、館内工事のため
臨時休診日とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが
よろしくお願いいたします。



はおわりました。
-------------------------------


夏季休診日についての御案内。


平成26年の8月13日(水曜日)
より
平成26年の8月15日(金曜日)まで
を夏季休診日とさせていただきます。



院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。




はおわりました。
------------------------------



夏季休診日についての御案内。


平成27年の8月13日(木曜日)

より

平成27年の8月16日(日曜日)まで

を夏季休診日とさせていただきます。




院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。



はおわりました。

------------------------------


山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成27年12月30日(水曜日)まで診療を行います。


そして


平成28年1月4日(月曜日)より診療を開始到します。




平成27年12月31日(木曜日)より


平成28年1月3日(日曜日)までは年末年始体制で


休診日とさせていただきます。


院長は常時病院に滞在到します。


はおわりました。


------------------------------


夏季休診日についての御案内。


平成28年の8月11日(木曜日)

より

平成28年の8月14日(日曜日)まで

を夏季休診日とさせていただきます。



院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。





はおわりました。


------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成28年12月30日(金曜日)まで診療を行います。


そして


平成29年1月4日(水曜日)より診療を開始到します。




平成28年12月31日(土曜日)より


平成29年1月3日(火曜日)までは年末年始体制で


休診日とさせていただきます。


院長は常時病院に滞在到します。


はおわりました。




------------------------------



















































































































「今日は何の日」は。

ウイキペディアより。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3
ジョン・フェン
(John Bennett Fenn、1917年6月15日- 2010年12月10日)はニューヨーク生まれのアメリカ人分析化学者。


2002年に、エレクトロスプレーイオン化法の開発により
ノーベル化学賞を受賞した。

エレクトロスプレーイオン化法は生体物質を質量分析する上で必須の技術である。
同年には、生体分子技術における顕著な業績に対して、生体分子資源協会賞も贈られている。



エレクトロスプレーイオン化法は生体物質を質量分析する上で必須の技術である。
同年には、生体分子技術における顕著な業績に対して、生体分子資源協会賞も贈られている。

フェンの発見はすぐに様々な具体的な業績となって表れた。
例えば、薬品となりうる複雑な新化合物を評価するスピードが飛躍的に速くなり、
1990年代にはエイズ薬(プロテアーゼ阻害剤)の開発が進んだ。

1917年 - ジョン・フェン、化学者(+ 2010年)
の生誕日です。




+++++++++++++++++++++++++++++

ジョン・フェン


ノーベル賞受賞者ノーベル賞

受賞年:2002年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:エレクトロスプレーイオン化法の開発

+++++++++++++++++++++++++++++

ジョン・フェン
(John Bennett Fenn、1917年6月15日- 2010年12月10日)はニューヨーク生まれのアメリカ人分析化学者。

+++++++++++++++++++++++++++++


ケンタッキー州で育ったフェンは、Berea Collegeで学位を取り、
1940年にイェール大学で博士号を取得した。
その後3年間、プリンストン大学で博士研究員として海軍の研究に従事した。

1962年からはイェール大学の化学工学部に属し、
1987年に定年退職を迎えたが、
この間にノーベル賞の受賞理由となった研究を成し遂げていた。1983年フンボルト賞受賞。

+++++++++++++++++++++++++++++

20年以上イェール大学に勤めた後、
1994年からは分析化学の教授としてバージニア・コモンウェルス大学
(en:Virginia Commonwealth University)に在籍した。

+++++++++++++++++++++++++++++

2002年に、エレクトロスプレーイオン化法の開発により
ノーベル化学賞を受賞した。

エレクトロスプレーイオン化法は生体物質を質量分析する上で必須の技術である。
同年には、生体分子技術における顕著な業績に対して、生体分子資源協会賞も贈られている。



フェンの発見はすぐに様々な具体的な業績となって表れた。
例えば、薬品となりうる複雑な新化合物を評価するスピードが飛躍的に速くなり、
1990年代にはエイズ薬(プロテアーゼ阻害剤)の開発が進んだ。

+++++++++++++++++++++++++++++

エレクトロスプレーイオン化の特許について、
イェール大学との間で法廷闘争になったが、2005年2月8日、
イェール大学側は100万ドルと部分的な特許権を勝ち取ることとなった。

+++++++++++++++++++++++++++++

2010年12月10日、アメリカ合衆国:バージニア州にて死去した。93歳没。

+++++++++++++++++++++++++++++





























「続きを読む」=>













今日の東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
の記事は「続きを読む」をどうぞ。これで終了です。





おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・















































続きを読む
posted by clinicayamamoto at 12:45| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする