2011年05月23日

東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
平成23年5月23日(月曜日)








「ここをおして」をクリックされてください。



「ここをおして」をクリックされてください。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci




(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)








Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。




東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html





東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳

平成23年5月23日(月曜日)




東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html



平成23年の。


5月の「はる」。


「春」です。


昨年の


「3月」「4月」「5月」はおわり。


「夏」「8月」


「秋」「9月」「10月」「11月」


「冬」「12月」「1月」「2月」


「春」「3月」「4月」「5月」も。


「6月」「7月」「8月」も。


「9月」「10月」「11月」「12月」も。


「1月」「2月」「3月」「4月」も。


おわりました。


今は「はる」「5月」


季節あゆみふかまりゆくゆく。


「四季」おりおりの「季節」。


いまは「はる 5月」。


季節には。


「ながさ」があるようです。


その年によっても。


「ながさ」はちがう。


ことしの「季節」のながさは


どうだろう。


「4月」になりました。


「春」の「4月」です。


朝早くの遠くから。


たくさんのたくさんの。


「季節風」のうたう声が。


聞こえます。


暗い早朝に。


車の途絶えたくらい広い道路を。


季節風が舞い踊っています。


「きせつ」のうたう風の。


声が聞こえてきます。




今年の「冬」・から「春」は予期せぬ

インフルエンザ*の

大規模な流行が予想されます。

東京 都 世田谷 区 山本クリニックでは。

薬事法の「能書」にあるとおり

「正規の」

「2回法によるインフルエンザワクチン」の

予防接種を行います。

御予約が必要です。




1回法=3500円

2回法=7.000円

です。





昨年
「新年」「初春」になり。
「1月」がおわり。
「2月」。
「2月」がおわりました。

「春」の「3月」「4月」「5月」もおわりました。
「夏」の「6・7・8月」と
「秋」「9・10・11月」
「冬」「12月」「1月」「2月」
「春」「3月」「4月」「5月」
「夏」「6月」「7月」「8月」
「秋」「9月」「10月」「11月」「12月」
もおわりました。


「5月」になったとたん。

空は青白くなりました。

今は「5月」。

みのりの「はる」の「5月」です。



「春」の「5月」。






そろそろ とぼとぼと。

「四季の細道:ほそみち」に沿って。

あゆみゆく「季節」。

「したたかなる」

「季節のあゆみ」

そして。

季節のかおり。

あきらかなる「春」の。

かおりから。

「5月」の。

「季節」の。

ふかまる「かおり」の。

その手応えは。

しっかりと。

感じられます。











「春」「5月」。


ふかまる「季節」「5月」の「かおり」。


この「季節」の


「季節のかおりへの変化(へんげ)」は。


毎年ちがいます。


「季節」のあいだの。


かおりの変化(へんげ)」は。


「毎年」新しい。


「うれしい新しいかおり」


がします。


大気の織り成す(たいきのおりなす)。


季節の風がはこぶ。


「季節」から。


「新たなかおり」の。


「季節」を恵まれることは。


とても幸せなことです。


けれども。


とてもとても。


さむいです。










暗い早朝に。

吹く季節風。

「5月」の「季節」の。
「きせつかぜ」の。
「ねいろ」「音色」にかわりました。



「はる」の「春風」の鳴き声の音色は。


「はる」の「渡り鳥たち」とおなじ。


「大気にしみいる」ねいろ


のようです。


「ふうせん」のような。


かぜにとばされる。


「しゃぼんだま」を。


おもわせる音色です。


「季節風」として。


とばされる。


「季節かぜ」の


声楽4声

(ソプラノ・アルト・テノール・バス)が。


混声の合唱で聞こえます。


「ろうろう」。


いま「季節風」は。


「きせつのかぜ」にかわりました。






まだ真暗い早朝の朝もやから。
「早い「季節」のおとずれ」の「大気」が。

かすみのような「香り」で。
しのびよる気配は。
ろうそくの灯(ともしび)
のようにゆらぎながら。

「季節」の。
何かを。行く先をさがしながら。
何かをさがしながら。
照らすかのようにさまよい。
近寄りしのびよることが
わかります。

ゆきさきは。
もっとふかい。

「季節風」のけふる「きせつ」。



「はる」。

「春」です。



「5月」の。


「春」です。


はやいものです。


はやいものです。




「春」の「4月」は。
「さらに」。
「大気」と「自然の気配」に。
「特有の独特の気配と香り」が混じります。

「りす」の「鳴き声」か。

「さんしょううお」のかおりか。
不思議な感じが致します。


木々は

「季節」をのりきる準備をすませて。

これからの。

「季節」の。

「季節」のあらたな実りに向けての。

息吹が力強く感じられます。



街路樹はしっかりと。
「季節」の枝木の穂先もたわわにつよく。
「ふかまる春」に向けての。
萌黄色から若葉の芽吹きをそなえて。

「季節」の「木」に
かわりました。

そしていま。
「きせつ」にも若葉を抱いた木々は。
さらに「季節」の芽栄え(めばえ)にも。

うつろいてかわろうと
しています。






「昨年」は
木々がへったため。
夏にはせみの声も少なくなりました。

「一昨年」より
「昨年」はは鳴き声は少なかった
ようにおもえます。

季節の虫の声は「昨年」は
「まえの年」よりは多かったように
おもえました。

「きせつ」の「わたりどり」は。
どうでしょうか。






今は。

「はる」の「5月」

「季節風」の「こえ」。

「ろうろう」。


みかんの木に「かぜ」

がとまっているようです。

「鳥」(とり)の様です。

「季節風」の声はいつもかわります。




「季節」の気配に加えて。


東京 都 世田谷 区 山本クリニックの。

庭の。

山椒(さんしょう)の木の芽は。

「季節」の若葉にすくすくとそだち。

若枝も天高くすこやかにのび。

ますますに。ますますに。

「季節の陽」をあびて。

「季節」の山椒(さんしょう)の葉の。

みどりがとても。

とても奇麗です。

山椒のことを

「きのめ」=木の芽とは。

なるほどと

かんがえる。




さんしょう木
萌黄(もえぎ)鮮やかに芽葉(めは)
みどり葉わか葉いずる花のごと
四季こすわか枝は幹ならむ
四季なりてたゆまずとまらず
季節あゆみそだちて
幹は天たかくそだちたり
いざいまこそは
空(そら)にもえたたむ
金色(こがね)の炎
さんしょう木


けれども
早朝は本当にはだ寒いのです。




「小さな「きせつ」みつけた」から

しだいに「大きな「きせつ」みつけた」

「大きな「きせつ」みつけた」から。

そして「大きな大きな「きせつ」」みつけた。


大きな大きな。

「季節」がきた。

「きせつ」「季節」です。


ちょっと「安心する気」が致します。
「はる」がきました。





おとこあり


はたらきに


はたらきて


いまたはたらけり


はたらきて


いつしか


としをとり


つまはさきだち


つえつきて


その男(ひと)は


けふもまたはたらく


そのひとの


ちをうつつえのおとは


大地をたたける竹刀の


おとがする


その男(ひと)はけふもはたらく




-------------------------------
ミニ伝言板
★当院は完全予約制です。★
-------------------------------


-------------------------------

平成21年1月12日(月曜日)
は。
「祝日」で元来は「休診日」です。


けれども「完全御予約制」の。
御予約の患者さんのみ限られた
時間帯で診療を行います。


はおわりました。

-------------------------------


平成21年2月11日(水曜日)
「祝日」で元来は「休診日」です。


けれども「完全御予約制」の。
御予約の患者さんのみ。
限られた
時間帯で診療を行います。


はおわりました。


-------------------------------


平成21年3月20日(金曜日)
「祝日」で元来は「休診日」です。


けれども「完全御予約制」の。
御予約の患者さんのみ。
限られた
時間帯で診療を行います。


はおわりました。


-------------------------------


平成21年4月29日(水曜日)は。


元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ。


限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


-------------------------------


平成21年5月4日・5日・6日・
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は。

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。

-------------------------------


平成21年7月20日(月曜日)は。



元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。



------------------------------


平成21年8月14日(金曜日)と15日(土曜日)
の「二日間」
は病院の医療コンピューターの更新のため。

診療ができないので二日間「休診日」になります。


平成21年8月13日(木曜日)まで。

平成21年8月18日(日曜日)から平常どおり。

はおわりました。




------------------------------



平成21年9月21・22・23日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。





はおわりました。


------------------------------



平成21年10月12日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。





------------------------------




平成21年11月 3日(火曜日)
平成21年11月23日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------


平成21年12月23日(水曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------


年末年始の診療
平成21年12月30日(水曜日)*まで
診療を行います。

また
平成22年1月は。
1月4日(月曜日)*より診療を開始する予定
です。



------------------------------


年始の診療
平成22年1月11日(月曜日)
平成22年1月11日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------



平成22年3月22日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------



平成22年5月3・4・5日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------


平成22年7月19日(月曜日)祝祭日は
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。





------------------------------




平成22年の8月12日(木曜日)(休診日)
より
平成22年の8月15日(日曜日)まで
の8月12日・13日(金曜日)・14日(土曜日)8月15日
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。
きまっている休診日を除けば
8月13日(金曜日)と8月14日(土曜日)
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。


はおわりました。

------------------------------





平成22年9月20日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。




------------------------------


平成22年10月11日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。




けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。

------------------------------



平成22年11月3日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。



------------------------------


平成22年11月23日(火曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。




------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では
平成22年12月29日(水曜日)まで診療を行います。
そして
平成23年1月4日(火曜日)より診療を開始到します。


平成22年12月30日(木曜日)より
平成23年1月3日(月曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。院長は常時病院に滞在到します。





はおわりました。


------------------------------


平成23年1月10日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。


------------------------------


平成23年2月11日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。




------------------------------


平成23年3月21日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。




------------------------------


平成23年4月29日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。


------------------------------


平成23年5月2日(火曜日)
平成23年5月3日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。




------------------------------


平成23年7月18日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



------------------------------




















私は寒い新潟の寒村の百姓のうまれです。
毎朝03:15amには起床致します。

睡眠時間は「4時間」。

朝の病院への移行に車をつかいます。
まっくらです。




朝5:00am前に東京 都 世田谷 区 山本クリニック
の明かりがともります。

真っ暗な中で。
病院の事務局と病院の診察室との
往復はとても気温が低いと
とてもくつらいです。

朝の日の出前までの間は今日御来院される患者さん
の「診療録:カルテ」のチエックと
朝の申し送りの準備です。

★★★


今年の春・から冬は予期せぬ
インフルエンザ*の
大規模な流行が予想されます。
東京 都 世田谷 区 山本クリニックでは。
薬事法の「能書」にあるとおり
「正規の」
「2回法によるインフルエンザワクチン」の
予防接種を行います。
御予約が必要です。



1回法=3500円

2回法=7.000円

です。


当院ではいつでも御来院されれば
インフルエンザ予防接種が可能です。
まだ。

インフルエンザ予防接種をされて
いないかたは
ぜひともうけられてください。



-------------------------------


2004年10月15日より厚生労働省により


肺炎球菌ワクチン

が努力義務のある予防接種の対象
とされました。当院でも接種可能です。
御予約が必要です。
去年2007年の「5月ころ」NHKの
放映があり。
昨年は全国で「肺炎球菌ワクチン」が
たりなくなってしまいました。

------------------------------


成人の風疹急増。

御婦人で風疹の既往が定かでない
場合は。
風疹抗体価血液検査と風疹ワクチン予防接種を
御勧め致します。
御予約が必要です。

------------------------------



学校の入学式。桜の花。
そして「眼に青葉やまほととぎす・」
の時期。
そして紫陽花が咲き夏になり
秋になりまた今年も冬がくる。

インフルエンザをはじめ「ウイルス系」の
「感染・伝染」が急増致します。


今年は猛暑と厳寒。
「地球温暖化による大気温度差の拡大」が
顕著です。

体調を崩される方が多いものです。


私はこの夏は「猛暑」になり極め厳しい「暑さ」が。
そして気候の変動は
激しいと思います。

このような今年からは
冬場や春にかぎらずインフルエンザに
代表されるウイルス性感染症が
大流行するおそれが強い。


麻疹(はしか)の大きな流行が予想されます。


成人しての麻疹(はしか)は重傷化しやすいです。

はしか(麻疹)のワクチンの予防接種を行っています。
御予約が必要です


-------------------------------


「地球温暖化による大気温度差の拡大」で
季節の変わり目に「反復性上気道感染」に
なられるかたが多いです。

「世情は不安定」であり何かひとつ
生活しづらい日々を感じられる
かたも多いものです。


人間は「倒れるまではたっています」。
人間は「冬・春」の旅に(度に)齢を重ねる。

昔の「数え年」は「たいした物」だと思います。


難易度の高い「病態」をお持ちの
患者さんが増えています。
難易度の高い「病態」の患者さんが患者さんが
「良くなられていく」笑顔を思い浮かべながら。



私 院長の山本博昭と
東京都 世田谷区 山本クリニックの
「全員」が頑張ります。

難易度の高い「病態」の患者さんの良くなられる
「笑顔」は何物にも変えがたい。


難易度の高い「病態」の患者さんが患者さんが。

「良くなられていく」笑顔に。


心より感謝・感謝。





















「今日は何の日」は。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB
はじめてハンググライダーで空を飛んだ航空技術者。

ドイツの初期航空工学(応用空気力学)発展に貢献した
航空パイオニア。ユダヤ系ドイツ人。
1848年 - オットー・リリエンタール、航空技術者(+ 1896年)
の生誕日です。


++++++++++++++++++++++

オットー・リリエンタール
(Otto Lilienthal, 1848年5月23日 - 1896年8月10日)は。
ドイツの初期航空工学(応用空気力学)発展に貢献した
航空パイオニアの1人です。ユダヤ系ドイツ人です。

ハンググライダーを作り、
小高い丘から飛行する試験を行ったことで知られます。
約7年間その飛行を研究するも1896年8月9日、
試験飛行中に風にあおられ墜落、脊椎を折り
その翌日48歳の若さで死去致しました。

最期の言葉「犠牲は払われなければならない (Opfer mussen gebracht werden)」
は有名です。


++++++++++++++++++++++
生い立ち
リリエンタールはプロシア王国ポメラニア地方アンクラム(en)の
スウェーデン系の家に生まれました。
彼はアンクラムの中等学校に学び、
弟グスタフ(1849年 - 1933年)と共に鳥の飛び方を研究して
有人飛行の発案に魅了されました。

リリエンタールと彼の弟は外付けの飛行翼を制作したが、
飛行に失敗した。
彼はその後2年間ポツダムの工業学校に通い、
プロの設計技師になる前にシュワルツコフ社で訓練を受けました。

彼はその後父親の意志に反し、
ベルリンの王立技術アカデミーへ参加するつもりだったのです。


++++++++++++++++++++++

1867年、リリエンタールは初期の飛行実験を開始したが、
普仏戦争に従軍したときに中断致しました。

ヴェーバー社に雇われ、彼は空気力学の系統的な実験を開始し、
アルプスの崖から飛び降りるために
オーストリアへ引っ越しました。
ドイツへ戻ると、1878年にアグネス・フィッシャーと結婚し、
その5年後にはボイラーと蒸気エンジンを作る会社を設立致しました。

1889年リリエンタールは
『飛行技術の基礎としての鳥の飛翔(Der Vogelflug als Grundlage der Fliegekunst )』
を出版致しました。

++++++++++++++++++++++

実験
リリエンタールは、
初期には回転アーム
(“whirling arm”。風洞とは逆に、静止した空気中で
翼模型を回転運動させる実験装置)を利用して、
また後には自然風中で翼型の実験を行い、
単なる板状の翼型をした平板翼よりも、
翼弦の中央付近がふくらんだキャンバ翼の方が高性能であることを示しました。

++++++++++++++++++++++

ライト兄弟への影響
1889年に発行した研究資料・実験記録『航空技術の基礎としての鳥の飛行』には、
自然風中での実験により得た円弧翼のデータが含まれていました。

ライト兄弟は、オクターヴ・シャヌートの手を経て一部が
英訳されたこの本を入手し、
彼らが「リリエンタールの表」と呼んだこの翼型データも利用して、
1900年と1901年にグライダーを製作致しました。

しかしながら、いずれも計算通りの十分な揚力が得られませんでした。

これは、以下のような点が原因だったとされる。

リリエンタールの表は、中央付近がふくらんだ円弧状の翼型、
かつ、翼端がとがった翼平面形についてのデータであったのに対して、
グライダーには前縁付近がふくらんだ翼型、かつ、ほぼ矩形の翼平面形を採用したこと
不正確なスミートン係数を使用したこと
アスペクト比が小さすぎた(これはリリエンタールの表とは直接関係しない)
リリエンタール自身も誤ったスミートン係数を使用しており、
ライト兄弟もそれを根拠として使用したと思われるが、
計算過程でその影響は打ち消されていたため、
「表」の数値そのものは正しかったのです。

ところが、はじめライト兄弟はこれに気づかず、
次第に「表」の数値そのものを疑うようになり、
結局、自分たちで風洞実験を行って正しいスミートン係数を得た。
ただし、彼らも後には「表」が適用できる条件を正しく認識したようです。

++++++++++++++++++++++

動力飛行の試み
墜落死の直前期、リリエンタールが動力機の開発に
取りかかっていたことは有名です。

しかし彼が飛ばそうとしていたのが
固定翼機ではなくオーニソプターの一種であったことは
あまり知られていません。
それは炭酸ガスエンジン(圧縮空気エンジン)を動力としていました。

特許取得(1893年)の後、
1号機(1894年)と2号機(1896年)が作られました。
前者は2馬力の小型機で、
後者はその大型化版(翼面積20平方メートル)でした。

彼の死の事情を正確に言うと、
有名な墜落が起きたのは2号機で動力飛行を試みる前、
エンジンを外した状態で滑空試験をしている最中のことでした。

++++++++++++++++++++++

「もしも1896年の墜落事故がなければ、
人類初の動力飛行は、ライト兄弟の登場を待つことなく
リリエンタールによって成し遂げられていただろう」
という論調がかつては有力でした。

しかし彼の動力機がオーニソプターであったことから、
今日ではその考えは疑問視されています。

むしろ、ライト兄弟がリリエンタールの死を
きっかけとして自ら飛行機開発に乗り出したそれが
人類初の動力飛行を早めたものと言えるかも知れないのです。

++++++++++++++++++++++

オットーの弟、グスタフ・リリエンタール
(彼は主に初期の頃、実験の協力者であった)は
兄の死後、その後をついでオーニソプターの研究開発に取り組みました。

グスタフは1933年に病死するまでそれを継続したが、
さしたる成果は得られなかったということです。

++++++++++++++++++++++










「続きを読む」=>











今日の東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
の記事は「続きを読む」をどうぞ。これで終了です。





おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・




























































































東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html























































東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html




------------------------------









Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。








「ここをおして」をクリックされてください。



「ここをおして」をクリックされてください。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci




(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)







Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。







++「続きを読むです1」++++++++++++++++++
オットー・リリエンタール出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB





オットー・リリエンタール(Otto Lilienthal, 1848年5月23日 - 1896年8月10日)はドイツの初期航空工学(応用空気力学)発展に貢献した航空パイオニアの1人。ユダヤ系ドイツ人。

ハンググライダーを作り、小高い丘から飛行する試験を行ったことで知られる。約7年間その飛行を研究するも1896年8月9日、試験飛行中に風にあおられ墜落、脊椎を折りその翌日48歳の若さで死去した。最期の言葉「犠牲は払われなければならない (Opfer mussen gebracht werden)」は有名。




生い立ち
リリエンタールはプロシア王国ポメラニア地方アンクラム(en)のスウェーデン系の家に生まれた。彼はアンクラムの中等学校に学び、弟グスタフ(1849年 - 1933年)と共に鳥の飛び方を研究して有人飛行の発案に魅了された[1]。リリエンタールと彼の弟は外付けの飛行翼を制作したが、飛行に失敗した。彼はその後2年間ポツダムの工業学校に通い、プロの設計技師になる前にシュワルツコフ社で訓練を受けた。彼はその後父親の意志に反し、ベルリンの王立技術アカデミーへ参加するつもりだった。

1867年、リリエンタールは初期の飛行実験を開始したが、普仏戦争に従軍したときに中断した。ヴェーバー社に雇われ、彼は空気力学の系統的な実験を開始し、アルプスの崖から飛び降りるためにオーストリアへ引っ越した。ドイツへ戻ると、1878年にアグネス・フィッシャーと結婚し、その5年後にはボイラーと蒸気エンジンを作る会社を設立した。1889年リリエンタールは『飛行技術の基礎としての鳥の飛翔(Der Vogelflug als Grundlage der Fliegekunst )』を出版した。

実験
リリエンタールは、初期には回転アーム(“whirling arm”。風洞とは逆に、静止した空気中で翼模型を回転運動させる実験装置)を利用して、また後には自然風中で翼型の実験を行い、単なる板状の翼型をした平板翼よりも、翼弦の中央付近がふくらんだキャンバ翼の方が高性能であることを示した。

ライト兄弟への影響 [編集]1889年に発行した研究資料・実験記録『航空技術の基礎としての鳥の飛行』には、自然風中での実験により得た円弧翼のデータが含まれていた。ライト兄弟は、オクターヴ・シャヌートの手を経て一部が英訳されたこの本を入手し、彼らが「リリエンタールの表」と呼んだこの翼型データも利用して、1900年と1901年にグライダーを製作した。しかしながら、いずれも計算通りの十分な揚力が得られなかった。これは、以下のような点が原因だったとされる。

リリエンタールの表は、中央付近がふくらんだ円弧状の翼型、かつ、翼端がとがった翼平面形についてのデータであったのに対して、グライダーには前縁付近がふくらんだ翼型、かつ、ほぼ矩形の翼平面形を採用したこと
不正確なスミートン係数を使用したこと
アスペクト比が小さすぎた(これはリリエンタールの表とは直接関係しない)
リリエンタール自身も誤ったスミートン係数を使用しており、ライト兄弟もそれを根拠として使用したと思われるが、計算過程でその影響は打ち消されていたため、「表」の数値そのものは正しかった。ところが、はじめライト兄弟はこれに気づかず、次第に「表」の数値そのものを疑うようになり、結局、自分たちで風洞実験を行って正しいスミートン係数を得た。ただし、彼らも後には「表」が適用できる条件を正しく認識したようである。

動力飛行の試み
墜落死の直前期、リリエンタールが動力機の開発に取りかかっていたことは有名である。しかし彼が飛ばそうとしていたのが固定翼機ではなくオーニソプターの一種であったことはあまり知られていない。それは炭酸ガスエンジン(圧縮空気エンジン)を動力としていた。特許取得(1893年)の後、1号機(1894年)と2号機(1896年)が作られた。前者は2馬力の小型機で、後者はその大型化版(翼面積20平方メートル)であった。彼の死の事情を正確に言うと、有名な墜落が起きたのは2号機で動力飛行を試みる前、エンジンを外した状態で滑空試験をしている最中のことであった。

「もしも1896年の墜落事故がなければ、人類初の動力飛行は、ライト兄弟の登場を待つことなくリリエンタールによって成し遂げられていただろう」という論調がかつては有力だった。しかし彼の動力機がオーニソプターであったことから、今日ではその考えは疑問視されている。むしろ、ライト兄弟がリリエンタールの死をきっかけとして自ら飛行機開発に乗り出したそれが人類初の動力飛行を早めたものと言えるかも知れない。

オットーの弟、グスタフ・リリエンタール(彼は主に初期の頃、実験の協力者であった)は兄の死後、その後をついでオーニソプターの研究開発に取り組んだ。グスタフは1933年に病死するまでそれを継続したが、さしたる成果は得られなかったという。









++「続きを読むです2」++++++++++++++++++



5月23日出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/5%E6%9C%8823%E6%97%A5




できごと
ジャンヌ・ダルク、ブルゴーニュ軍に捕えられる(1430)。画像は尋問されるジャンヌ
第二次プラハ窓外投擲事件(1419)。三十年戦争の契機となった
チベットの独立を否定する十七か条協定が締結(1951)。1959年には破棄される1430年 - ジャンヌ・ダルクがコンピエーニュの戦いでブルゴーニュ軍に捕えられる。
1498年 - フィレンツェ共和国で神権政治を行ったジロラモ・サヴォナローラが教皇アレクサンデル6世の命により処刑。
1568年 - 八十年戦争(オランダ独立戦争)勃発。
1618年 - 第二次プラハ窓外投擲事件。三十年戦争の発端に。
1706年 - スペイン継承戦争: ラミューの戦い。(en:Battle of Ramillies)
1788年 - サウスカロライナ州がアメリカ合衆国に加入。
1819年 - シモン・ボリバルがアンデス越え作戦を開始。
1915年 - 第一次世界大戦: イタリアがオーストリア・ハンガリーに宣戦布告(三国同盟を破棄して連合国側で参戦)。
1915年 - 山田耕筰の東京フィルハーモニー会管絃楽部が第1回演奏会を開催。
1915年 - 東京駅〜東京鉄道郵便局に郵便物受渡用の地下電車が開通(日本初の地下鉄)。
1919年 - 和辻哲郎の『古寺巡礼』が発刊。
1925年 - 円山川河口を震源に北但馬地震(北但大震災)が発生。死者428人。
1934年 - アメリカで銀行強盗・殺人を繰返していたクライド・バーローとボニー・パーカーが警官隊の待伏せに逢い射殺(「ボニーとクライド」参照)。
1945年 - フレンスブルク政府(ドイツの終戦処理にあたっていた臨時政府)が連合国の命によって解散、戦勝4ヵ国はドイツを軍政によって直接統治(連合軍軍政期)。
1946年 - 佐々木康監督の『はたちの青春』が封切り(日本初のキスシーン)。
1947年 - 長春包囲戦
1949年 - ドイツ連邦共和国基本法がボンで発布され、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)が誕生。
1951年 - チベットと中華人民共和国が十七か条協定を締結。
1951年 - 国鉄労働組合を脱退した機関士を中心に国鉄機関車労働組合が結成(国鉄動力車労働組合の前身)。
1962年 - 東京・築地の国立がんセンターが診療を開始。
1969年 - 初の「公害白書」が発表(1972年に「環境白書」に改称)。
1978年 - 第1回国連軍縮特別総会が開幕。
1980年 - 黒澤明監督の『影武者』がカンヌ国際映画祭でグランプリ獲得。(日本時間では5月24日)
1981年 - 陝西省で、中国では既に絶滅したと思われていた野生のトキ7羽が発見される。
1984年 - リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーが西ドイツの第6代大統領に選出。
1995年 - プログラミング言語Javaの最初のバージョンがリリース。
1997年 - ザ・リッツ・カールトン大阪が大阪市北区梅田に開業。
2009年 - 日本の政治団体幸福実現党が結成される。







誕生日

北宋最後の皇帝、欽宗(1100-1161)誕生
フランス王フィリップ1世(1052-1108)誕生
分類学の父、生物学者カール・フォン・リンネ(1707-1778)誕生
「動物磁気」を提唱した医学者フランツ・アントン・メスメル(1734-1815)
作曲家イグナーツ・モシェレス(1794-1870)
画家カール・ハインリッヒ・ブロッホ(1834-1890)。画像は代表作『山上の垂訓』
航空工学の開拓者、オットー・リリエンタール(1848-1896)誕生
ジョン・バーディーン(1908-1991)。トランジスタの発明とBCS理論で2度ノーベル物理学賞受賞
分子生物学者ジョシュア・レーダーバーグ(1925-2008)。人工知能にも業績を遺した
ペルーの第44・46代大統領アラン・ガルシア(1949-)1052年 - フィリップ1世、フランス王(+ 1108年)
1100年(元符3年4月13日)- 欽宗、中国北宋第9代皇帝(+ 1161年)
1707年 - カール・フォン・リンネ、博物学者(+ 1778年)
1734年 - フランツ・アントン・メスメル、医学者、催眠術の創始者(+ 1815年)
1741年 - アンドレア・ルケージ、作曲家(+ 1801年)
1742年(寛政8年4月21日)- 伊達重村、第7代仙台藩主(+ 1796年)
1790年 - ジュール・デュモン・デュルヴィル、探検家(+ 1842年)
1794年 - イグナーツ・モシェレス、作曲家(+ 1870年)
1834年 - カール・ハインリッヒ・ブロッホ、画家(+ 1890年)
1839年(天保10年4月11日) - 永倉新八、新撰組二番隊組長(+ 1915年)
1848年 - オットー・リリエンタール、航空技術者(+ 1896年)
1875年 - アルフレッド・スローン、実業家(+ 1966年)
1876年 - 石川三四郎、社会運動家・作家(+ 1956年)
1883年 - ダグラス・フェアバンクス、俳優(+ 1939年)
1884年 - コッラド・ジニ、統計学者・社会学者(+ 1965年)
1886年 - 長谷川零余子、俳人(+ 1928年)
1887年 - トアルフ・スコーレム、数学者(+ 1963年)
1889年 - ギュンター・リュッチェンス、軍人(+ 1941年)
1891年 - ペール・ラーゲルクヴィスト、小説家、劇作家、詩人(+ 1974年)
1898年 - 清宮四郎、憲法学者(+ 1989年)
1899年 - 萩原恭次郎、詩人(+ 1938年)
1902年 - 斎藤秀雄、指揮者(+ 1974年)
1903年 - サトウハチロー、詩人(+ 1973年)
1903年 - チャールズ・W・モリス、哲学者(+ 1979年)
1905年 - 鈴木竹雄、法学者(+ 1995年)
1905年 - 宮本三郎、画家(+ 1974年)
1908年 - ジョン・バーディーン、物理学者(+ 1991年)
1910年 - スキャットマン・クローザース、ミュージシャン、俳優(+ 1986年)
1910年 - アーティ・ショウ (Artie Shaw)、ジャズ・クラリネット奏者(+ 2004年)
1912年 - ジョン・ペイン、俳優(+ 1989年)
1917年 - エドワード・ローレンツ、気象学者(+ 2008年)
1919年 - ベティ・ギャレット、女優
1923年 - アリシア・デ・ラローチャ、ピアニスト(+ 2009年)
1925年 - ジョシュア・レーダーバーグ、遺伝学者(+ 2008年)
1928年 - ローズマリー・クルーニー、歌手、女優(+ 2002年)
1929年 - 高橋治、小説家
1933年 - ジョーン・コリンズ (Joan Collins)、女優
1933年 - 飯塚昭三、声優
1933年 - ジョン・ブラウニング、ピアニスト(+ 2003年)
1934年 - ロバート・モーグ、電子工学者(+2005年)
1940年 - 薮内正幸、動物画家(+ 2000年)
1944年 - ジョン・ニューカム、テニス選手
1946年 - 柳家三寿、落語家
1947年 - 上原まり、琵琶奏者
1947年 - 三原朝彦、政治家
1949年 - 石田章、囲碁棋士
1949年 - アラン・ガルシア、ペルー大統領
1951年 - アナトリー・カルポフ、チェスプレイヤー
1952年 - 大豪健嗣、力士・北陣親方
1953年 - 赤坂憲雄、民俗学者
1954年 - マービン・ハグラー、プロボクサー
1954年 - 金在博、野球選手
1957年 - 根本要、ミュージシャン(スターダスト・レビュー)
1958年 - 西川峰子、歌手・女優
1959年 - 高橋名人、ファミコン名人
1959年 - 川島隆太、医学者
1960年 - 佐藤秀明、プロ野球選手(+ 2007年)
1960年 - 羽毛田丈史、作曲家
1961年 - ダニエレ・マッサーロ、サッカー選手
1962年 - 鹿戸雄一、調教師、元騎手
1962年 - 小川宗直、プロ野球選手
1963年 - 中藤義雄、プロ野球選手
1964年 - 黒田治、ラジオパーソナリティー
1964年 - 小島嵩弘、俳優・歌手
1965年 - ウルフルケイスケ、ミュージシャン
1965年 - 山口勝平、声優
1965年 - 高見明男、キャラクターデザイナー
1965年 - トム・ティクヴァ、映画監督
1965年 - マヌエル・サンチス・オンティジュエロ、サッカー選手
1966年 - 大野克郎、アナウンサー
1968年 - 片寄明人、ミュージシャン
1968年 - 中島ヒロト、ディスクジョッキー
1968年 - 杉浦正則、野球選手
1968年 - 五島高資、俳人
1969年 - 宮崎隆睦、ミュージシャン
1969年 - 浅田葉子、声優
1969年 - 清原雄一、プロ野球選手
1969年 - 松久保新吾、プロ野球選手
1969年 - 金杞泰、野球選手
1970年 - マット・フリン (Matt Flynn)、ミュージシャン
1972年 - ルーベンス・バリチェロ、F1レーサー
1972年 - 雁須磨子、漫画家
1973年 - 掛川誠、サッカー選手
1973年 - 沢村亜津佐、女優
1973年 - 岡田純子、声優
1974年 - 柴原洋、プロ野球選手
1974年 - 安藤智安、サッカー選手
1974年 - ジュエル、シンガーソングライター
1975年 - MAZADA、プロレスラー
1975年 - 鈴木郁洋、プロ野球選手
1976年 - 緑川ゆき、漫画家
1976年 - 阿武教子、柔道選手
1977年 - 平瀬智行、サッカー選手
1977年 - イリヤ・クーリック、フィギュアスケート選手
1977年 - クレイグ・ウィリアムズ、騎手
1978年 - 関本恒一、サッカー選手
1978年 - 北嶋秀朗、サッカー選手
1978年 - 大谷靖夫、ミュージシャン
1978年 - アンドレイ・チュヴィラエフ、フィギュアスケート選手
1980年 - 久保裕也、プロ野球選手
1980年 - 高橋一正、プロ野球選手
1981年 - 町田忠道、サッカー選手
1982年 - 柴崎貴広、サッカー選手
1982年 - 村上恵梨、タレント(+ 2007年)
1983年 - 河合龍之介、俳優
1983年 - アレックス・シェリー、プロレスラー
1984年 - 河村聖子、バレーボール選手
1985年 - 山内敬太、プロ野球選手
1986年 - 石原萌、歌手
1986年 - 平岡康裕、サッカー選手
1986年 - ヴァレンティーナ・マルケイ、フィギュアスケート選手
1987年 - アリー・ハン=マッカーディ、フィギュアスケート選手
1988年 - 隅田航、サッカー選手
1988年 - モーガン・プレッセル、ゴルファー
1989年 - 夏菜、女優
1991年 - オースティン・カナラカン、フィギュアスケート選手
1993年 - 荒井敦史、俳優
1993年 - 梅本静香、子役
1994年 - 聖菜、プロレスラー
1999年 - 飯野茉優、子役、声優






忌日
神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世(1086-1125)没、ザーリアー朝断絶

強盗のカップル・ボニーとクライド、射殺される(1934)。Help:音声・動画の再生
作家ポール・ニザン(1905-1940)、ナチス・ドイツのフランス侵攻で戦死
ナチス・ドイツの親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラー(1900-1945)自殺
韓国の第16代大統領、盧武鉉(1946-2009)1044年(長久5年4月24日)- 藤原通房、平安時代の公卿(* 1025年)
1125年 - ハインリヒ5世、神聖ローマ帝国皇帝(* 1086年)
1304年 - ジャンノ・ド・レスキュレル、詩人・作曲家
1498年 - ジロラモ・サヴォナローラ、ドミニコ会の修道士(* 1452年)
1523年(大永3年4月9日) - 足利義稙(義材)、室町幕府の第10代征夷大将軍(* 1466年)
1524年 - イスマーイール1世、サファヴィー朝のシャー(* 1487年)
1670年 - フェルディナンド2世・デ・メディチ、第5代トスカーナ大公(* 1610年)
1691年 - アドリアン・オーズー、天文学者(* 1622年)
1701年 - ウィリアム・キッド、私掠船・海賊船の船長(* 1645年)
1730年(享保15年4月7日) - 徳川宗堯、常陸国水戸藩の第4代藩主(* 1705年)
1814年(文化11年4月4日)- 水野忠光、唐津藩主(* 1771年)
1857年 - オーギュスタン=ルイ・コーシー、数学者(* 1789年)
1886年 - レオポルト・フォン・ランケ、歴史家(* 1795年)
1895年 - フランツ・エルンスト・ノイマン、鉱物学者・物理学者・数学者(* 1798年)
1899年 - 安場保和、第6代北海道庁長官・貴族院議員(* 1835年)
1906年 - ヘンリック・イプセン、劇作家(* 1828年)
1927年 - 唐継尭、中華民国雲南省の軍閥指導者(* 1883年)
1931年 - フランク・クラーク (Frank Wigglesworth Clarke)、化学者(* 1847年)
1934年 - クライド・バロウ、ボニーとクライドのひとりとして知られる人物(* 1909年)
1934年 - ボニー・パーカー、ボニーとクライドのひとりとして知られる人物(* 1910年)
1937年 - ジョン・D・ロックフェラー、実業家(* 1839年)
1940年 - ポール・ニザン、小説家(* 1905年)
1941年 - ジャック・クレメンツ、メジャーリーグベースボール選手(* 1864年)
1944年 - トーマス・カーティス、陸上競技選手(* 1870年)
1945年 - ハインリヒ・ヒムラー、ナチス・ドイツ親衛隊の指導者(* 1900年)
1948年 - 美濃部達吉、法学者(* 1873年)
1955年 - 安井武雄、建築家(* 1884年)
1963年 - 宮澤裕、政治家(* 1884年)
1966年 - デムチュクドンロブ、モンゴル独立運動の指導者・蒙古聯合自治政府主席(* 1902年)
1968年 - 熊十力、新儒家思想家(* 1885年)
1976年 - 勝田孝興、アイルランド文学者(* 1886年)
1976年 - 徳網茂、プロ野球選手(* 1924年)
1979年 - 大下弘、プロ野球選手・監督(* 1922年)
1981年 - 畑福俊英、プロ野球選手(* 1913年)
1986年 - スターリング・ヘイドン、俳優(* 1916年)
1990年 - 林清一、プロ野球選手(* 1915年)
1991年 - ヴィルヘルム・ケンプ、ピアニスト(* 1895年)
1992年 - アタウアルパ・ユパンキ、フォルクローレのシンガーソングライター(* 1908年)
1992年 - ジョヴァンニ・ファルコーネ、イタリアの検事(* 1939年)
1999年 - オーエン・ハート、プロレスラー(* 1965年)
2005年 - 石田徹也、画家(* 1973年)
2006年 - ロイド・ベンツェン、第69代アメリカ合衆国財務長官・連邦上院議員(* 1921年)
2007年 - 熊井啓、映画監督(* 1930年)
2007年 - 花柳壽輔 (3世)、日本舞踊家(* 1935年)
2007年 - 2代目玉川福太郎、浪曲師(* 1945年)
2008年 - コーネル・キャパ、写真家(* 1918年)
2008年 - 木庭教、プロ野球選手(* 1926年)
2009年 - 盧武鉉、第16代韓国大統領 (* 1946年)
2009年 - 宮下誠、美術史学者(* 1961年)



記念日・年中行事


1946年5月23日に、日本で初めてキスシーンが登場する映画である、
佐々木康監督の『はたちの青春』が封切りされたことから。
恋文の日/ラブレターの日

松竹が制定。5月23日の「523」が「こいぶみ」と読めることと、
浅田次郎原作の映画『ラブレター』の公開初日であったことから。

ペンテコステ(日付不定)

キリスト教、2010年

ふみの日(毎月)
踏切の日(毎月)
府民の日(毎月)












東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html































【関連する記事】
posted by clinicayamamoto at 06:07| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする