2012年08月26日

東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
平成24年8月26日(日曜日)




東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html





「ここをおして」をクリックされてください。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci




(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには

「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)


Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。







Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。









東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html








東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳

平成24年8月26日(日曜日)







平成24年の「なつ」8月



になりました。




昨年


去年の。



「春」の「3月」「4月」「5月」が。



「夏」の「6月「7月」「8月」が。



「秋」の「9月」「10月」「11月」



「冬」の「12月」



「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」




「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」




「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」




「6月」「7月」



が。



おわり。



今は平成24年の「8月」です。



とてもとても。



あかるいあさです。



広くてゆたか。



「明るい朝」。



早朝の「あかるい陽射し」は。



日々毎日続きます。



山奥のさわ水のように。



ひんやりとした。



「ながれるみず」のように。



「季節」の風が流れる。



今は「なつ」の「8月」です。




「なつ」がきた。


「夏」がきた。


どこに来た。


「山」にきて。



「里」にきて。



「野」にもきた。



「なつ・なつ・なつ」は。


「まち」にもやってきた。







今年の「冬」・から「春」は予期せぬ

インフルエンザ*の

大規模な流行が予想されます。

東京 都 世田谷 区 山本クリニックでは。

薬事法の「能書」にあるとおり

「正規の」

「2回法によるインフルエンザワクチン」の

予防接種をおすすめいたします。

常時いつでも接種可能です。


1回法=3500円

2回法=7.000円

です。





昨年の。
冬間近くの。
さらなる前に。

「晩秋」
>のころ。

「秋」の日の。
「金木犀:きんもくせい」の。
花の蕾が淡い黄金色にかがやいて。
花が見えてから「10日間」で。
花は去りました。
黄金色のじゅうたんが毛氈(もうせん)ように。
ひろい地面「金色」に広がりました。

「昨年」の。
「秋」の日の。
「金木犀:きんもくせい」に続いて。
「銀木犀:きんもくせい」もプラチナ色の
花が咲き始めました。

「昨年」の。
「秋」の日の。
「金木犀:きんもくせい」のあとを追って。
「銀木犀:きんもくせい」の花は去り。
地面に「プラチナ」が一面に広がっていました。







「なつ」の「8月」



私の「大好き」な。



「季節の草花」の。



「蕾(つぼみ)」と。



「わかば」と。



「春」の樹木の。



「葉と花」のふくらむ季節。



そして。



「木々の木の葉」のもえいずる季節。



季節は焚き火のけむりのよう。



「季節の花」と「木の葉もえる季節」



「みどりとこがね色」



「季節の草いろ」の。



季節になりました。



私の「大好き」な。



萌え出づる季節の「わかば」。



緑樹の「季節」の若葉が。



美しい季節になりました。



そしていろいろに。



「季節」の木々の花ひらき咲く季節。



花(はな)と若葉(わかば)と。



こがねの若草(わかくさ)の。



ワルツの季節になりました。









山本クリニックの庭園は。


大昔は。


雑木林であったのです。


「野生」の。


「やまぶき」や。


「やぶつばき」や。


「季節の花さく木々」が。


とても沢山。


群生してはえています。


日々毎日にどんどんと。


みるみるうちに。


「季節の花」が。


つぼみや「花」を大きくしています。


けれども「季節の花」は。


蕾が大きくなったそのよるには。


花咲き。


暗い朝にちっていることが。


すくなくありません。







なつ花は

ぬばたまの

暗き闇夜に
なつ風の

弓に射られて

花ぞまい散る





なつはなは

ぬばたまの

くらきやみよに

なつかせの

ゆみにいられて

はなそまいちる



「季節の花」は。
早朝には「白鷺の羽」
のように地面に
舞い降ちています。



昨年の。
「晩秋」
「木犀:もくせい」の花の
「芳香」は蕾のみえるまえから
あります。

花が去ったあとは
「あっというまに芳香が消えます」。

「晩秋」の
「木犀:もくせい」たちのかおりがさり。





「なつ」になり。


今は「8月」。


きせつばとともに。


つぼみを日々。


大きくしている。


「きせつの花」。


「みかん」と「からたち」


こがねいろの葉っぱのふくらむ季節。


「夏」の「8月」。



昨年



冬将軍といれかわり。



立ち去った



秋の「竜田姫(たつたひめ)」。


はるにさそわれて


「春」の女神(めがみ)の。


「佐保姫(さほひめ)」の。


ほほえみも。



とほくにに舞いさりました。



そして微笑みが「またね・」



ととおくできこえる。



立ち去った



秋の「竜田姫(たつたひめ)」の



微笑みも間近にめます。





私は山茶花(さざんか)よりは。


「やぶつばき」がずっとすきです。


山本クリニックの庭園には。


いずれも。


野生の「やぶつばき」と


野生の「山茶花(さざんか)」が。


沢山自生しています。


野生の「すみれ」も


珍しい品種がはえています。





堂々たる。


「きせつかぜ」と「季節吹雪:きせつふぶき」


が吹いています。


「夏」になりました。


「季節」がはじまりました。


「あかるくて」とてもよい。


さすらいゆく季節を伝える


「季節」の風です。




「きせつ」がふかまれば。

「もっと深い「きせつ」」の。

トンネルをこえる。

そこは「里山の「きせつ」」。

「きせつ吹雪:きせつふぶき」は

遠くの蒸気機関車の鳴き声のように

聞こえます。

また次に「季節から先」への。

「トンネル」のあることも

わかります。

季節樹の妖精の吹くフルート

のよう。

そして。

「季節吹雪:きせつふぶき」をなだめるように。

「樹木の穂先」が舞います。

「樹木の穂先」は「舞姫」。

「季節吹雪:きせつふぶき」は突如(とつじょ)

天から舞い降りるように。

吹きます。


「季節」の陽射しはまばゆい。


こがねにかがやくあやにしき。


ひかりかがやく「季節」になりました。


陽のかがやく「きせつ」になりました。


風のうたう「きせつ」になりました。



きょうは。
とてもとても寒い。


「季節吹雪:きせつふぶき」の声は

「季節かぜ」のふく音色は。

「季節」の女神(めがみ)

ひきいる女神たちの。

なぜかなつかしき笛のよう。

きせつのかぜのワルツ。

みのりのワルツ。

きせつは。

いまは。

モデラート・マ・ノン・トロッポ。

フオルテです。





最近は
朝くらい早朝には「星がみえます」。
「明けの明星」の金星が南の空に高くみえます。

病院の明かりが灯り暗闇のなか。
朝はやく。



「明けの明星」の金星に「おはよう」を
毎日こえで「御挨拶」を伝えます。
「明けの明星」の金星から「おはよう」と
返事がかえってくる声をききながら。
病院の明かりをともします。
まだ真っ暗なのですが。



早朝のくらい時には。
明星はみえずらかった。
季節が「冬から「春」「夏」「秋」「冬」へとあゆみ」。
今は「春」。

いよいよ。
大気が「澄んできた」ということでしょう。





霧雨(きりさめ)の。


霞(かすみ)の大気。


「季節吹雪:きせつふぶき」の「音」。


「ろうろう」「こうこう」


「季節かぜ」の鳴き声


「ろうろう」「こうこう」


「季節吹雪:きせつふぶき」の。


鳴き声とともに。


「季節いちばんのしらべ」が。


あわせきこえます。


「どれみふあ」「そらしど」



http://www.youtube.com/watch?v=-iVQ3r467pI&feature=related


朝暗いうちの「季節かぜ」の合唱は。

「季節」の「ふうりん」のようです。

あれ沢山の「ふうりん」かな。

「季節」の「ふうりん」の音色です。

「ろうろう」。

さやかにやさしくも「あたたかい音」です

「こうこう」

わびわびと。

「蜜蜂をよんでいる音」です。

「蜜蜂」のはぜる元気な「音」から

「季節」のおとずれが。

わかります。

季節の女神(めがみ)

のおとずれが。

わかります。



「ススキの穂先」は

そぞろに「なつ」の今年の芽栄え。

そして「なつ」の旅愁。

昔昔の懐かしさをも感じさせます。

「ふけゆく季節の夜」に。

「夜のすすき」はどのようにして

「夜」をこすのだろう。

「よるのすすき」がみたいです。


http://www.youtube.com/watch?v=gUV1cpWHBMg&p=A7ED40789EB18A12&playnext=1&index=73




ススキの茎の「穂先」には。


「夏ふくろう」が。


何匹も集ってつどい。



何匹ものふくろうが。

皆で何かを真剣に。

考えているように。

みえます。




なつくれば

こがね葉たつる

なつすすき

葉のたつる

そのときときこそは

なつさかりなるらむ




 
「ススキの葉先」は。


「しあわせと幸福を手招き」


している


何本もの「手」のように。

みえます。

エドヴァルド・ムンク:Edvard Munch

の「季節」の絵画のようです。




私も「日々を旅ゆく人間」です。



奥の細道の序文に松尾芭蕉が。

「月日は百代の過客(ひゃくたいのかかく)
にして行かふ年も又旅人也。」

「つきはひゃくたいのかかくにして
いきかふとしもまたたひひとなり」

とかたり。詠みました。



私は


「日々の月日」に。


道連れをさせていただき。


「時」を旅をする


「旅人(たびびと)」


です。


http://www.youtube.com/watch?v=jrQAhKDGvuQ&feature=related


「日々月日の旅のつれあい」は。


私には。


「きょう」と。「あす」しか。


ありません。


「きのう」はないのです。


子供たちの聞き入る


昔々の「ものがたり」のように。

http://www.youtube.com/watch?v=lbd-5yNIEnA&feature=related


「きょう」と。「あす」しか。


ありません。

http://www.youtube.com/watch?v=lbd-5yNIEnA&feature=related






朝くらいとき。
陽の出の直後は。
いつも一瞬は晴れています。
いまだ かすかにも。
のこる「季節」の気配
であるけれども。

あきらかに。
そしてしっかりと。
しのびよる。
もっともっと奥の。
深く深まる「季節のおとづれ」からの大気。

もっと。
「あかるい季節」の気配が。
「確かに」。
そして明らかに。
そして輪郭もはっきりと。

感じられるようになりました。

「8月」。

「夏」です。

「季節のもみじ葉の城」のような「8月」

をむかえました。

はやいものです。
速いものです。
早いものです。



街路樹もそうそうたる
羽振りの木々から
「はじまりゆく「なつ」の樹木」にうつろうように
変化しています。

「季節」。
「樹木の若葉の芽生え」があることに
気がつきました。


季節の芽吹くときには。

街路樹のポプラも
幹や枝葉の穂先が。
ろうそくのともしびのように。
「炎の様」になっています。
あたかも
ゴッホの描いた「夜の糸杉」のように。
季節の早朝にみえます。

季節になり。
この「穂先」が一気に「ポプラの葉」へと
扇・おおぎのごとく開きました。

フィンセント・ファン・ゴッホの絵画の「夜の糸杉」から。
フィンセント・ファン・ゴッホの絵画の「ひまわり」
のように。
一斉に開きます。
「なつ」にはいってからのことです。

「夏」そして8月。

今は「晩冬」の「2月」がおわり。

「春」の「3月」「4月」「5月」がおわり。
「夏」の「8月」がすぎ。
「9・10・11・12月・1月・2月・3・4・5
・6・7・8・9・10・11・12月」がすぎ。
「夏」の「8月」。

今現在は落ち着いた「季節」の葉木。
「季節」の木々の「葉」
へと。
そしてふかまる「きせつ」の木々の「幹:みき」へと。

ふかまる「みのりの季節」にむけて。
「あつく」うつろいています。



ポプラも。つばきもくすのきも。
レースのハンカチをふるように
「「季節」のわかば」の「めばえ」がみえます。
窓越しにもみえます。

今は「季節のわかば」の「めばえ」は
とても大きくなりました。
「きせつ」の「めばえ」のひろがりです。









「季節がくると」。
空と「季節風」のかなでる「蛍の光」や
「季節のコンチエルト」にあわせるように。

ポプラの葉や芽葉は。
ハンカチのようにふわふわと。
ふわふわと。
「穂先から葉葉」は「舞い振りまがら」
ハンカチは木を去っていきました。

樹木のハンカチは。
大地を訪れて飛翔し。
大地にまいおり大地にもどります。
そして大地となります。

そして。
ポプラの葉や芽葉が。
ハンカチのようにふわふわと。
ふわふわと。
「穂先から葉葉」は「舞い振りまがら」
木を去っていく光景は。
あたかも。

「夜の魔法」「夜のガスパール」


のようです。


そして。

「花の去った枝」には。
「「きせつ」の若芽のめばえ」
が。
「きせつ葉」がみえます。







木々の「葉」が「枝や幹」を
「保護する役割をしている」
ことに気づきました。

桜の花の時期とうってかわり
桜の木の公園
の桜の木々は。
秋になりとても獰猛な気配を放つ。

初めて気がつきました。

いまは「なつ」です。





今は「なつ」「8月」。




 

「さくら」は季節の濃い緑の樹肌になり。
やさしさとおだやかさ
が感じられます。

そしていつしか
幹先に秋葉色の葉をもまじえています。
しだいにしだいに。
紅黄色に葉っぱが消え
季節葉にかわりつついくことに
きがつきます。

さくらから。
さくらはのきぬずれのおとが。
きこえるころ
です。



桜の樹木も「丸くなりました」。
桜の樹木も毎年毎年と毎日毎日。
「旅(たび)をしている」のでしょう。

朝陽をあびる落葉樹は
「すべてがあざやかな黄金色」に
かがやきます。
朝陽をしっかりと。
「いうにいわれぬ美しい絵のごとく」
陽射しを受け止めています。

「季節の朝陽」は真東に大変鋭いことに
気づきました。
眩しいです。

今はまぶしい「夏」の「あさひ」です。

するどいけれども。

「あたたかいろ」がかんじられます。



春は別として。
桜の木は木の下で。
は心安らかに。
「休める木ではないなあ」
と思います。

季節になり
桜の樹木も安堵の葉色
になりました。
ちょっとばかりびっくり致しました。

枝や幹からは秋の陽の木漏れ日がみえます。

季節桜の木は獰猛なほど葉をおいしげらせ
ていました。
あきには
桜の木の下で木陰で。心安らかにやすもうという
気はおきません。

いまは「季節」になりました。
そよかぜに揺れる残り葉は
招き誘われるような気すら致します。

「季節」になり幹にはもう「花は散る」。
ちったあと枝の根元には。
「季節のわかば芽栄え(めばえ)」
若葉がみえます。




けれども
やはり桜の木は

シューベルトの歌曲の旋律にある「菩提樹」
ではないのです。

http://www.youtube.com/watch?v=6cfn-OdGuTo&feature=related



季節の桜木(さくらぎ)。

季節になり

人生に果てて(はてて)

なれるが如く桜樹木はかわりました。

良い木になってきました。

素敵(すてき)です。

季節の桜木(さくらぎ)。

季節の桜木(さくらぎ)。

「季節」の桜木(さくらぎ)。











木々でも。
いちょうや。松や。杉などの針葉樹
は。またソテツなどは。
「古い時代の木」です。

「チャールズ・ダーウィンの進化論」からは
「針葉樹」から。
「常緑樹」「広葉樹」「落葉樹」にと。
「進化」しているはずです。

「原始的」な樹木ほど。
「硬い幹」です。
例外はありません。

硬ければ。
幹は硬ければ動物に
「かじられる」ことはないでしょう。



いにしえの古代の時代にも。

恐竜をはじめめとする
「大型」の草食動物にも。

かたければかじられることは
なかったでしょう。





街並みを彩る街路樹には「落葉植物」が多いです。

ふと。考える。

街路樹が「松や杉」のように。
「春」も葉を持つ針葉の常緑樹」では。

冬はうっそうとして道端では
やさしい暖かな陽射しをかくしてしまう。

夏場は枝ぶり葉っぱぶりからつよすぎる日の光は
さえぎれません。
そして
「季節」の「夕焼け陽」には。
「金色のちいさき鳥の形して」
秋の夕焼けの陽射しに舞うこともできません。

常緑樹の針葉樹では。
は四季のリズムをつたえる

北大路魯山人のかたる


ことば。



「ざっくり感(ざっくりかん)」


が。


ありません(原文どおり)。*

北大路魯山人氏は「書」を能く(よく)されましたが。
文章そのものは得意なかたではありません。
文筆を学ばれたわけではなかったのです。
語彙が極端に乏しいです。
よりまして。
北大路魯山人氏の文章には「かたり」に。
独特の「いいまわし」があります。
それが芸術となります。







木々の秋の萌黄が早朝暗い中でも
うかびあがります。
私はくすのきが「大好き」な「木」の
ひとつです。
ポプラも好きです。
イチョウもすきです。
モミジもすきです。
カエデもすきです。
松や杉もすきです。
月桂樹やシナモンもすきです。
オリーブもすきです。
オレンジの木もすきです。
「そてつ」の木もすきです。
ツバキもすきです。
ソテツもすきです。
南天もすきです。
木や植物がすきです。

木々の穂先は毛氈(もうせん)
のようにあざやかな夏の萌黄色です。
まるで大きな深い山の森のうねりのようです。
今年は木々のわかばの秋のめばえが非常に鮮か
です。
木々は「まえの季節樹」の役目をおわりました。
「次の季節木」とかわろうとしています。
「季節木」とかわりました。


街角の雑草も花は咲きはじめ。
「春の花」の姿となりそして「春」を迎える。
「ほとけの座」や「はこべ」が
「かたばみ」や「いたどり」が
ますます姿を大きくして。

そして「すすき」もくわわりました。

冬草から春草へ。
そして気がはやく。
夏草へのたたずまいをしている草もある。
そしてもうすっかり夏草へと黄金色に転した
街角には雑草もあります。
こがねいろ。

雑草も。
同じく花をさかせ自ら種をとばし
秋葉がみえる。
そして秋を迎える。
冬が来て。木枯らしに吹かれ。
雪をかむり。そして。
春がくる。
そしてまた夏。
そして秋と冬。
そして春。


そして今は。


「なつ」。






ツツジは潅木。

ツツジの花の葉の優しさには

あらためてびっくりしました。

黄緑・草色のビロードです。

のぞきこむと若葉はまだ沢山ある。

何故か得をしたように思えました。



そして雨にうたれて

そのまま地に落ちた

ツツジの若葉は

幾何学的に裏側を下にむけて

逆さじょうごのように

落下していることに

気がつきました。


まるで。


「若草色」のきのこが。


沢山はえているようです。



木から落ちても。
まだ「若葉」です。
ふと。
ヴェルディの「椿姫」「La Traviata」
の「つばき」を思い出しました。



1852年パリに滞在したヴェルディは
アレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマ)
の戯曲版『椿姫』の上演を見て感激し
ました。
そのころ新作の作曲依頼を受けていた
ヴェネツィアのフェニーチェ劇場のために。
翌1853年初めに比較的短時間で作曲された
『椿姫 』(La Dame aux camelias、1848年出版)
は。

http://www.youtube.com/watch?v=__KBp7nteN0&feature=related


アレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマ)が
実際の体験を基にして書いた長編小説。
主人公のモデルはかつて作者が交際をしていた
マリー・デュプレシという高級娼婦。
恋人アルマンのイニシャルである
『AD』は
小デュマのイニシャルと同じです。

この作品は人々に愛されて幾度も舞台、映画化され
続けてきました。


http://www.youtube.com/watch?v=__KBp7nteN0&feature=related




朝暗いうちは。

とても。

はださむいです。







東京 都 世田谷 区 山本クリニックには。
孟宗竹のたけやぶ
があります。
竹はせがたかいから。

クリニック館内からはすこし離れた所にある。
はなれていても。
とおくからもみえます。




山本クリニックには。
検見川の落合遺跡の遺跡発掘の際に
みつかった「古代のハスの種子」から。


2000年ぶりに発芽したことで有名な。
「古代蓮(ハス)」があります*。
【大賀ハス:おおがはす】です。
「有名な古代ハス」です。
とても勇壮なハスで。
花のいろはとてもあまりにも美しく。
たとえ様もありません。



ハスの花がさき。
「「蓮(ハス)」の実」になりました。
「はすの実」も「はす」の葉も。
2mくらい水面から高いところに
あります。

睡蓮(すいれん)があります。
睡蓮(すいれん)は「葉」が水に浮び。
はのきれこみは羊の足のようです。
睡蓮(すいれん)を「ひつじぐさ」とは
なるほどと考える。
睡蓮(すいれん)の茎の長さには
おどろかされます。

「姫睡蓮(ひめすいれん)」でさえも。
池はばが長ければ四方八方に「水の中の枝」。

「モネ」の描いた睡蓮(すいれん)の
「水の中の枝」は「どれほど長いのだろう」。

睡蓮(すいれん)も「太古の時代」に
陸の動物に「かじられないように」
水中に「逃げ込んだ」のでしょう。






-------------------------------

大賀ハス(オオガハス、おおがはす)とは。
1951年(昭和26年)、千葉県千葉市検見川
(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)にある
東京大学検見川厚生農場
(現・東京大学検見川総合運動場)の
落合遺跡で発掘された
今から2000年以上前の古代のハスの実から
発芽・開花したハス(古代ハス)のことです。


戦時中に東京都は燃料不足を補うために
花見川下流の湿地帯に豊富な草炭が埋蔵されていた
「草炭」を採掘していました。

採掘は戦後も継続して行われていました。
1947年(昭和22年)7月28日に作業員が採掘現場でたまたま
1隻の丸木舟と6本の櫂を掘り出しました。

その調査によりもう2隻の丸木舟と
ハスの果托などが発掘されました。

「縄文時代の船だまり」であったと
推測され落合遺跡と呼ばれました。

植物学者でハスの権威者でもある大賀一郎博士
(当時・関東学院大学非常勤講師)が
発掘品の中にハスの果托があることを知り。
1951年(昭和26年)3月ボランティアの協力
を得てこの遺跡の発掘調査を行いました。

翌日で打ち切りという
30日の夕刻になって花園中学校の女子生徒により
地下約6mの泥炭層からハスの実1粒が発掘され予定を延長し
4月6日に2粒、計3粒のハスの実が発掘されました。

大賀博士は5月上旬から発掘された
3粒のハスの実の発芽育成を試みるも2粒は失敗に終わりました。
だが1951年3月30日に出土した1粒が育成に成功致しました。


翌年の1952年(昭和27年)7月18日にピンク色の大輪を咲かせました。
このニュースは国内外に報道されて大きな「驚愕」を与えました。
同年11月17日付米国ライフ誌に「世界最古の花・生命の復活」
として掲載され博士の姓を採って「大賀ハス」と命名されました。



シカゴ大学のリピー博士らによって放射性炭素年代測定が行われました。
ハスの実は今から2000年前の弥生時代以前のものであると推定された。



この古代ハスは、
1954年(昭和29年)6月8日に「検見川の大賀蓮」として
千葉県の天然記念物に指定されました。
また1993年(平成5年)4月29日には千葉市の花として制定され、
現在日本各地は元より世界各国へ根分けされ、
友好親善と平和のシンボルとしてその一端を担っています。

-------------------------------



ふと「パンの神」を思い出しました。
(「牧神パン(Pan)」=「Pan」=「パン」=
「飯(はん)」=「全般の般」=「パンアメリカンのパン」=

「パン」「pan」は「すべて」という意味の
古代ギリシャ語そして「サンスクリット」も同じ。

古典ギリシア語 Παν、Pan「パンの神」は。
幼少時からゼウスから他の神々全て*に好かれたので
(古代ギリシャ語でTheophilusテオフイルス/ラテン語では
amadeus アマデウス**)
「パン」と名づけられました。

「頭は人間で胴体は山羊」です。

「テュホン:テューホーン:Τυφών: Typhon」
ギリシア神話に登場する魔神***。
に追いかけられ
あわてて身を守るため川に飛び込み「頭は人間で胴体は人魚」
に変身したために。

「パニック」=「panic:パン的」
という言葉が生まれました。

星座に「山羊座」という星座があります。

山羊座は不思議ですが
「あわてて身を守るため川に飛び込み
「頭は人間で胴体は人魚」」
に変身した「パンの神」を示しています。
山羊ではありません。

むしろ正確には人魚です。

だから。
「山羊座」という「意味」はわかります。
けれども「命名」の観点から。
「山羊座」というのはかなり「妙」な気が致します。
「人魚座」というのが正しい。

 




名称「パンの神」の由来は「ギリシャ神話」でも
非常に多くの「言い伝え」がいくつがあります。
その「言い伝えの数」に正比例して「混乱」があります。

**
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの
「アマデウス」とは「パンの神」のことです。
(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの
ヴォルフガングは「おおかみが行く」という意味です。
よって
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは

「狼のように歩み神に愛されたモーツアルト」

ということになります)

***
「テュホン:テューホーン:Τυφών: Typhon」は
「台風:たいふう」と日本語では名前を変えています。

****
タイフーン級原子力潜水艦は
旧ソ連・ロシアの941型(プロジェクト941)
戦略ミサイル搭載原子力潜水艦のことです。
タイフーンはそれに付けられたNATOコードネームですが
この名称は日本の「台風」とは「直接関係」はありません。











日曜の

朝晴れて

はじめて気づく

にわの小ささ




にちようの

あさはれて

はじめてきづく

にわのちいささ








朝晴れて

にわの小さき

気づかぬときは

病(やまい)なりけり

日曜の朝





あさはれて

にわのちいさき

きづかぬときは

やまひなりけり

にちようのあさ











葉のつきて。

物心もつく

桜かな






はのつきて

ものこころもつく

さくらかな





休診日ですが。
早朝に朝まだ暗いうちから
首都高を走って病院に到着致します。

空はきらきらのラピス・ラズリの
紺碧のジュースから
ミルク色のはいった
トルコ石の「プリン」に変わるように変化
していきます。

遠くにぽかぽか浮ぶ「雲々」は
トルコ石の「プリン」の上の「クリーム」の
ようです。
にわのあじさいは「アイスクリーム」
のようです。




きらきらラピス・ラズリの空(そら)
紺碧のカクテルいろの空(そら)
ミルクをそそそいだ空(そら)
トルコいしのプリンの空(そら)
はるかにとほくたかい空(そら)
ほかほか浮ぶ雲々(くもぐも)そら
プリンの上のクリームのような空(そら)
睡蓮(すいれん)の水面に空(そら)
睡蓮(すいれん)のうえに空(そら)
空(そら)の向こうにまた空(そら)
空(そら)そのまたむこうにももっと大きな空(そら)





春のうららのこもれびに

緑木いらかをかぜはやみ

青風ひるむやうつろひの

四季のつきひははやいくとせ



夏のうららのこもれびに

緑木いらかのつねなりて

赤き空(そら)にて炎えたたむ

四季のつきひははやいくとせ



秋のうららのこもれびに

緑木いらかにかぜさやか

秋風かたれるやすらきの

四季のつきひははやいくとせ



冬のうららのこもれびに

緑木いらかにかぜつよし

冬風弓(ゆみ)射る木枯らしの

四季のつきひははやいくとせ



日々のうららのこもれびに

祈想い(おもい)のいらかにかぜつよし

生きる力に祈りはせ

四季のつきひははやいくとせ



やまひのとまやのこもれびに

祈願りの(いのり)のいらかにかぜさみし

やみいるこころに力(ちから)はせ

四季のつきひははやいくとせ



いづるわかばのこもれびに

ひかりのいらかにかぜやさし

おもふこころに瞑想(おもひ)のせ

四季のつきひははやいくとせ



やさしくかたるるこもれびに

あさひのいらかにかぜさむし

ゆれるからだに意思(こころ)つみ

四季のつきひははやいくとせ



うつるるつきひのこもれびに

かたりのいらかにあめさみし

うたれしからだに決意(さだめ)おい

四季のつきひははやいくとせ



ゆめみしあさひのこもれびに

くもまのいらかにつきうすし

いさりてあゆめる未来(あした)みし

四季のつきひははやいくとせ



陽(ひ)いでてあふるるこもれびに

もののふいらかにかぜあおし

ひかりてかかやく希望(ねかひ)もて

四季のつきひははやいくとせ



文(ふみ)かくおもてのこもれびに

かきふみいらかにつきひみし

おもひてわするる夢ありて

四季のつきひははやいくとせ



うつろふつきひのこもれびに

かせふくいらかのかたるらむ

おもひてわすれぬゆめありて

四季のつきひははやいくとせ


うつろふきぎのひこもれびに

あさかせいらかにかぜさやか

ひとともむすへるゆめありて

四季のつきひははやいくとせ



ふたたびはるのひこもれびに

あさかせいらかにかぜもあり

うつろふはるのひあしはやし

われもちはしれどおひつかず







椎木(しいのき)は枝高し
そらに吼える若葉の穂束
そらに吼える蒼き獅子のごとし
天にも地にもみどりはさける
のあさふかまりて
陽の光ゆたかなりけり
いふことのなし
いふことがなし
いふことはなし
いふこともなし
ゆたかなるかな







-------------------------------
ミニ伝言板
★当院は完全予約制です。★
-------------------------------




-------------------------------


平成21年1月12日(月曜日)は。

「祝日」で元来は「休診日」です。


けれども「完全御予約制」の。
御予約の患者さんのみ。

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

-------------------------------


平成21年2月11日(水曜日)は。

「祝日」で元来は「休診日」です。


けれども「完全御予約制」の御予約の。
患者さんのみ。

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
-------------------------------


平成21年3月20日(金曜日)は。

「祝日」で元来は「休診日」です。


けれども「完全御予約制」の御予約の。
患者さんのみ。

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

-------------------------------

平成21年4月29日(水曜日)は。


元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ。


限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

-------------------------------



平成21年5月4日・5日・6日・
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は。

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------




平成21年7月20日(月曜日)は。



元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


-------------------------------



平成21年8月14日(金曜日)と15日(土曜日)
の「二日間」
は病院の医療コンピューターの更新のため。

診療ができないので二日間「休診日」になります。



平成21年8月13日(木曜日)まで平常どおり。

はおわりました。




平成21年8月18日(日曜日)から平常どおり。





------------------------------


平成21年9月21・22・23日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------



平成21年10月12日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。


------------------------------




平成21年11月 3日(火曜日)
平成21年11月23日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。
------------------------------


平成21年12月23日(水曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
------------------------------


年末年始の診療
平成21年12月30日(水曜日)*まで
診療を行います。

また
平成22年1月は。
1月4日(月曜日)*より診療を開始致しました。


------------------------------


年始の診療
平成22年1月11日(月曜日)
平成22年1月11日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------



平成22年3月22日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------


平成22年5月3・4・5日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------


平成22年7月19日(月曜日)祝祭日は
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。




------------------------------



平成22年の8月12日(木曜日)(休診日)
より
平成22年の8月15日(日曜日)まで
の8月12日・13日(金曜日)・14日(土曜日)8月15日
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば

8月13日(金曜日)と8月14日(土曜日)
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。



よろしくお願いいたします。

はおわりました。

------------------------------




平成22年9月20日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。




けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------


平成22年10月11日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。




けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました


------------------------------



平成22年11月3日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました



------------------------------


平成22年11月23日(火曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました




------------------------------


山本クリニック脳神経外科世田谷では
平成22年12月29日(水曜日)まで診療を行います。
そして
平成23年1月4日(火曜日)より診療を開始到します。


平成22年12月30日(木曜日)より
平成23年1月3日(月曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。院長は常時病院に滞在到します。



はおわりました




------------------------------


平成23年1月10日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました


------------------------------



平成23年2月11日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました


------------------------------



平成23年3月21日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました


------------------------------



平成23年4月29日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました

------------------------------





平成23年5月3日(火曜日)
平成23年5月4日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。




はおわりました

------------------------------



平成23年7月18日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。




はおわりました

------------------------------



平成23年の8月11日(木曜日)(休診日)
より
平成22年の8月14日(日曜日)まで
の8月12日(金曜日)・15日(土曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日((木曜日)(日曜日))を除けば
8月13日(金曜日)と8月14日(土曜日)
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。


はおわりました

-----------------------------

平成23年9月19日(月曜日
平成23年9月23日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。




はおわりました


------------------------------
<
平成23年10月10日(月曜日

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました


------------------------------

平成23年11月23日(水曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました


------------------------------

平成23年12月23日(金曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました




------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では
平成23年12月30日(金曜日)まで診療を行います。
そして

平成24年1月4日(水曜日)より診療を開始到します。
  平成23年12月31日(土曜日)より
平成23年1月3日(火曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。院長は常時病院に滞在到します。



はおわりました



------------------------------

平成24年1月9日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました




------------------------------

平成24年2月3日(金曜日)

元来は平常診療日なのですが。

館内設備の点検補修のため、「臨時休診日」
とさせていただきます。


ご迷惑をかけ、申し訳ございません。
(木曜日)(金曜日)と、二連休になってしまいます。


形成外科などで、
(土曜日)2月4日に、御予約の御確認は
2月2日(水曜日)に御願い致します。

はおわりました


------------------------------

平成24年2月11日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました



------------------------------

平成24年3月20日(火曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました




------------------------------

平成24年4月30日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました




------------------------------



平成24年5月4日(金曜日)
平成24年5月5日(土曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました



------------------------------


平成24年7月16日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました





------------------------------





平成24年の8月12日(日曜日)(休診日)
より
平成23年の8月16日(木曜日)まで
の8月12日(金曜日)・8月13日(土曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば
8月13日(月曜日)。14日(火曜日)、
と8月15日(水曜日)・
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。

はおわりました



------------------------------


平成24年
9月17日(月曜日)、
9月22日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。




------------------------------










 

★★★


今年の春・から冬は予期せぬ
インフルエンザ*の
大規模な流行が予想されます。

東京 都 世田谷 区 山本クリニックでは。
薬事法の「能書」にあるとおり
「正規の」
「2回法によるインフルエンザワクチン」の
予防接種を行います。
御予約が必要です。


1回法=3500円

2回法=7.000円
です。



当院ではいつでも御来院されれば
インフルエンザ予防接種が可能です。
まだ。
インフルエンザ予防接種をされて
いないかたは
ぜひともうけられてください。



-------------------------------



2004年10月15日より厚生労働省により

肺炎球菌ワクチン
が努力義務のある予防接種の対象
とされました。当院でも接種可能です。
御予約が必要です。
去年2007年の「5月ころ」NHKの
放映があり。
昨年は全国で「肺炎球菌ワクチン」が
たりなくなってしまいました。

------------------------------

成人の風疹急増。
御婦人で風疹の既往が定かでない
場合は。
風疹抗体価血液検査と風疹ワクチン予防接種を
御勧め致します。
御予約が必要です。

------------------------------



学校の入学式。桜の花。
そして「眼に青葉やまほととぎす・」
の時期。
そして紫陽花が咲き夏になり
秋になりまた今年も冬がきます。

インフルエンザをはじめ「ウイルス系」の
「感染・伝染」が急増致します。


今年は猛暑と厳寒。
「地球温暖化による大気温度差の拡大」が
顕著であろうと推察されます。

体調を崩される方が多いものです。
私はこの夏は「猛暑」になり極め厳しい「暑さ」
であることを懸念しています。
そして気候の変動は
激しいと思います。



このような今年からは
冬場や春にかぎらずインフルエンザに
代表される。
ウイルス性感染症が
大流行するおそれが強い。


麻疹(はしか)の大きな流行が予想されます。


成人しての麻疹(はしか)は重傷化しやすいです。

はしか(麻疹)のワクチンの予防接種を行っています。
御予約が必要です


-------------------------------


「完全御予約制」の御予約で。
これからの1週間にお越しになる
患者さんの「診療録:カルテ」。

1週間の患者さんの「治療戦略」で
「診療録:カルテ」
をすべからくチエックします。

「御既往」を問診票にお書きいただいており
前回「お書き戴いた文章のあいだ」をよみとる。

「お書き戴いた文章のあいだ」=
行間には「さまざまなものが見えます」。

お書き戴いた
「問診票」は大切な貴重な情報源です。
「問診票」のお書きいただいた文章は
「同じこと」がかかれているようで
わずかにも・内容多くにも・患者さんの
「御自覚症状」を伝えてくれます。



「囲碁・将棋・チエス」で言う所の
「3千手」位までは「先読み」致します。

すなわち患者さんの場合極端に言えば
「10年後」くらいまでのことも考えます。

そのためには逆に考えると今現在から
「10年前」の「病態」の推察も欠かせません。



患者さん御自身「10年前」のことなど
覚えていらっしゃらないことが多いけれども。
「まず外れません」「はずしません」。

考えて。考えをまとめる。
考える。また考える。そしてまた考える。
考えて。考えをまとめる。
考えて。考えをまとめたら。その結果をまた考える。


作業は予想以上に大変で
「1日仕事」になります・・・・。




難易度の高い「病態」の患者さんが患者さんが
「良くなられていく」笑顔を思い浮かべながら
私と東京都 世田谷区 山本クリニックの
「スタッフ全員」が頑張ります。

難易度の高い「病態」の患者さんの良くなられる
「笑顔」は何物にも変えがたい。
よくなられていかれる「笑顔」に。

私そして東京都 世田谷区 山本クリニックの
職員はなによりもの「喜び」を感じます。

難易度の高い「病態」の患者さんが患者さんが
「良くなられていく」笑顔に。

心より。

感謝・

感謝。

































































「今日は何の日」は。

ウイキペディアより。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A8


「酸素の発見者」「近代化学の父」ともいわる、
フランス、パリ出身の化学者。

1743年 - アントワーヌ・ラヴォアジエ、化学者(+ 1794年)
の生誕日です。


++++++++++++++++++++++

アントワーヌ・ラヴォアジエ
アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ
(Antoine-Laurent de Lavoisier, 1743年8月26日 - 1794年5月8日)は
フランス、パリ出身の化学者です。
「酸素の発見者」「近代化学の父」ともいわれます。

++++++++++++++++++++++


1774年、精密な定量実験を行い、化学反応の前後では質量が変化しないという
質量保存の法則を発見致しました。

また、当時は燃焼を物質に含まれているフロギ
ストンが空気中に出ていく現象であるとする
フロギストン説が支配的であったのです。
これに対して、
1777年に燃焼が物質と酸素が結合することであると説明致しました。

1776年以来、砲兵工廠で大砲用の火薬を改良し、
その生産量を増やすなどの貢献を致しました。

++++++++++++++++++++++

1787年、フランスの科学者クロード・ルイ・ベルトレーらとともに、
物質の命名法を確立し、元素を定義付け、
また、水の成分が酸素と水素であることを発表致しました。

ただ、これは彼に先立って英国人のヘンリー・キャヴェンディッシュが
既に発見していたが、かなりの変人だった
キャヴェンディッシュはラヴォアジエの発表に何の関心も優先権も主張しなかったため、
ラヴォアジエに優先権が発生することとなりました。

++++++++++++++++++++++

熱が物質であるというカロリック説には肯定的でありました。

酸の元は酸素であると考えて(実際は水素イオン)、この名称をつけました。

++++++++++++++++++++++

1789年、ラヴォアジエは『化学原論』を出版し、
33の元素表を示し、近代化学の革命を成し遂げました。



++++++++++++++++++++++

1743年パリの有資産家商人の息子として生まれました。

優れた教育を受けることができました。
父親の勧めもあり法律を学び、パリ高等法務院の弁護士になりました。

1766年『都市の街路に最良な夜間照明法』が科学アカデミーから表彰されました。

++++++++++++++++++++++

1767年イギリス人のキャベンディッシュが
「引火性の気体」水素を発見致しました。

この発見からラヴォアジェの関心は水の組成に向けられました。

++++++++++++++++++++++

裕福な生まれだったにもかかわらず、実験器具を買う費用が必要だったことから、
市民から税金を取り立てて国王に引き渡す
「徴税請負人」の職業に就き(1768年)資産を有効に運用しようと致しました。

1771年、徴税請負人の長官ジャック・ポールズの娘マリー・アンヌ・ピエレット・ポールズと
結婚致しました。

子どもはできませんでした。

++++++++++++++++++++++

妻のマリー・アンヌは夫の役に立とうと
英語、ラテン語、イタリア語を学び、系統学的な化学や絵画の描き方などを習得
致しました。
そして最新の英語論文や手紙を夫のためにフランス語に翻訳し、
実験の際には非常に細かい点までスケッチし、記録に残しました。

++++++++++++++++++++++

1789年フランス革命始まる。ラヴォアジェ三部会の貴族階級の補足代議員とな
りました。

ルイ16世(1774-1793年)支配時の1791年に国家財政委員に就任し、
フランスの金融・徴税制度を改革しようと致しました。

しかし、フランス革命勃発後の1793年に徴税吏であること、
徴税請負人の娘と結婚していたことなどを理由に投獄されました。

++++++++++++++++++++++

徴税請負人は市民から正規の税に加え、高額な手数料をとったた
め革命政府の標的とされました。

ラヴォアジェ自身はそこまでひどい徴税はせず、
むしろ税の負担を減らそうと努力していたが、
1793年11月24日に他の徴税請負人と一緒に逮捕されました。

1794年5月8日の革命裁判所の審判で
「水と有害物質をタバコに混入した」との(架空の)罪で死刑とされ、
その日のうちに 断頭台で処刑されました。

++++++++++++++++++++++

ラヴォアジエが投獄・処刑された理由については、
革命指導者の一人で化学者でもあった
ジャン=ポール・マラーが、かつて学会に提出した論文が審査を担当した
ラヴォアジエによって
(彼によれば「実験もせず憶測の内容であったため」)
却下されたことの逆恨みによるものであるとも伝えられています。

++++++++++++++++++++++

天文学者のジョゼフ=ルイ・ラグランジュは、
ラヴォアジエの死に接して「彼の頭を切り落とすのは一瞬だが、
彼と同じ頭脳を持つものが現れるには100年かかるだろう」とその才能を惜しみました。

++++++++++++++++++++++

なお、処刑後の人に意識があるのかを実験するため、
周囲の人間に「斬首後、可能な限り瞬きを続ける」と宣言し、
実際に瞬きを行なったという話があるが、
ラヴォアジェの処刑は35分間で28人を処刑する流れ作業の途中で行われ、
当時実際に死刑に立ち会った人の記述にそのような話はなく、
ボーリュー医師の1905年の論文をもとに1990年代以降創られた都市伝説と考えられます。

現在ではパリの市役所にラヴォアジエの功績をたたえ、像が飾られています。

++++++++++++++++++++++






「続きを読む」=>













今日の東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
の記事は「続きを読む」をどうぞ。これで終了です。





おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・































































































































------------------------------









Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。








「ここをおして」をクリックされてください。



「ここをおして」をクリックされてください。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci




(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)







Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。







++「続きを読むです1」++++++++++++++++++

ウイキペディアより。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A8


アントワーヌ・ラヴォアジエ
アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ(Antoine-Laurent de Lavoisier, 1743年8月26日 - 1794年5月8日)はフランス、パリ出身の化学者である。「酸素の発見者」「近代化学の父」



1774年、精密な定量実験を行い、化学反応の前後では質量が変化しないという質量保存の法則を発見した。また、当時は燃焼を物質に含まれているフロギストンが空気中に出ていく現象であるとするフロギストン説が支配的であったが、1777年に燃焼が物質と酸素が結合することであると説明した。 1776年以来、砲兵工廠で大砲用の火薬を改良し、その生産量を増やすなどの貢献した。[1]

1787年、フランスの科学者クロード・ルイ・ベルトレーらとともに、物質の命名法を確立し、元素を定義付け、また、水の成分が酸素と水素であることを発表した。ただ、これは彼に先立って英国人のヘンリー・キャヴェンディッシュが既に発見していたが、かなりの変人だったキャヴェンディッシュはラヴォアジエの発表に何の関心も優先権も主張しなかったため、ラヴォアジエに優先権が発生することとなった。

熱が物質であるというカロリック説には肯定的であった。酸の元は酸素であると考えて(実際は水素イオン)、この名称をつけた。

1789年、ラヴォアジエは『化学原論』を出版し、33の元素表を示し、近代化学の革命を成し遂げた。



1743年パリの有資産家商人の息子として生まれた。優れた教育を受けることができた。父親の勧めもあり法律を学び、パリ高等法務院の弁護士になった。 1766年『都市の街路に最良な夜間照明法』が科学アカデミーから表彰された。 1767年イギリス人のキャベンディッシュが「引火性の気体」水素を発見した。この発見からラヴォアジェの関心は水の組成に向けられた。

裕福な生まれだったにもかかわらず、実験器具を買う費用が必要だったことから、市民から税金を取り立てて国王に引き渡す「徴税請負人」の職業に就き(1768年)資産を有効に運用しようとした。 1771年、徴税請負人の長官ジャック・ポールズの娘マリー・アンヌ・ピエレット・ポールズと結婚した。子どもはできなかった。 妻のマリー・アンヌは夫の役に立とうと英語、ラテン語、イタリア語を学び、系統学的な化学や絵画の描き方などを習得した。そして最新の英語論文や手紙を夫のためにフランス語に翻訳し、実験の際には非常に細かい点までスケッチし、記録に残した[2]。

1789年フランス革命始まる。ラヴォアジェ三部会の貴族階級の補足代議員となる。

ルイ16世(1774-1793年)支配時の1791年に国家財政委員に就任し、フランスの金融・徴税制度を改革しようとした。しかし、フランス革命勃発後の1793年に徴税吏であること、徴税請負人の娘と結婚していたことなどを理由に投獄された。徴税請負人は市民から正規の税に加え、高額な手数料をとったため革命政府の標的とされた。ラヴォアジェ自身はそこまでひどい徴税はせず、むしろ税の負担を減らそうと努力していたが、1793年11月24日に他の徴税請負人と一緒に逮捕される。 1794年5月8日の革命裁判所の審判で「水と有害物質をタバコに混入した」との(架空の)罪[3]で死刑とされ、その日のうちに 断頭台で処刑された。

ラヴォアジエが投獄・処刑された理由については、革命指導者の一人で化学者でもあったジャン=ポール・マラーが、かつて学会に提出した論文が審査を担当したラヴォアジエによって(彼によれば「実験もせず憶測の内容であったため」)却下されたことの逆恨みによるものであるとも伝えられている。

天文学者のジョゼフ=ルイ・ラグランジュは、ラヴォアジエの死に接して「彼の頭を切り落とすのは一瞬だが、彼と同じ頭脳を持つものが現れるには100年かかるだろう」とその才能を惜しんだ。

なお、処刑後の人に意識があるのかを実験するため、周囲の人間に「斬首後、可能な限り瞬きを続ける」と宣言し、実際に瞬きを行なったという話があるが、ラヴォアジェの処刑は35分間で28人を処刑する流れ作業の途中で行われ、当時実際に死刑に立ち会った人の記述にそのような話はなく、ボーリュー医師の1905年の論文をもとに1990年代以降創られた都市伝説と考えられる。

現在ではパリの市役所にラヴォアジエの功績をたたえ、像が飾られている。





++「続きを読むです2」++++++++++++++++++

ウイキペディアより。
http://ja.wikipedia.org/wiki/8%E6%9C%8826%E6%97%A5

8月26日
1071年 - マラズギルトの戦い
1308年(延慶元年8月10日) - 鎌倉幕府将軍・久明親王が京に送還されたのに伴い、久明親王の子で8歳の守邦親王が将軍に就任。
1346年 - 百年戦争: クレシーの戦い
1600年(慶長5年7月18日)- 伏見城の戦いが始まる。
1768年 - ジェームズ・クックが最初の航海(英語版)に出発。
1789年 - フランス国民会議がフランス人権宣言を採択。
1813年 - ナポレオン戦争: ドレスデンの戦いがはじまる。
1858年(安政5年7月18日) - 日英修好通商条約が調印される。
1862年 - 南北戦争: 第二次ブルランの戦いが始まる。
1920年 - 女性参政権を認めるアメリカ合衆国憲法修正第19条の批准成立を国務長官が認定。
1920年 - 日本初の海洋気象台(現 神戸海洋気象台)が観測事業を開始。
1926年 - イタリアのサッカークラブ「フィオレンティーナ」が発足。
1944年 - 第二次世界大戦・パリの解放: シャルル・ド・ゴールがパリに入城。
1945年 - 軍需省・大東亜省を廃止。農商省を分割して農林省・商工省を再設置。
1945年 - 特殊慰安施設協会設立。
1950年 - 黒澤明監督による映画『羅生門』封切り。
1957年 - タス通信が世界初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「R-7」の実験成功を配信。
1964年 - 前年に稼動を停止した東京電力・千住火力発電所の「お化け煙突」と呼ばれた4本の煙突が取り壊される。
1966年 - ナミビア独立戦争(英語版)はじまる。
1967年 - 羽越豪雨。この日から8月29日にかけて羽越地方で豪雨。
1972年 - 第20回夏季オリンピック、ミュンヘンオリンピック開催。9月11日まで。
1978年 - ヨハネ・パウロ1世がローマ教皇に選出。
1978年 - 東ドイツのジークムント・イェーンがソ連のソユーズ31号に搭乗し、ドイツ人初の宇宙飛行士となる。
1978年 - 日本テレビが『24時間テレビ「愛は地球を救う」』を放送。翌年から恒例化。
1981年 - 阪神の江本孟紀が中西太監督を批判する発言。これが新聞記者により「ベンチがアホやから野球がでけへん」と記事にされ、同年限りで現役を引退。
1981年 - 宇野ヘディング事件。
1988年 - 奈良市の奈良そごう建設予定地で大量の木簡(長屋王家木簡)が発見され、長屋王邸跡であることが判明。
1991年 - 海上自衛隊の護衛艦である、こんごう型護衛艦の1番艦こんごうが進水。
1992年 - ビロード離婚: ヴァーツラフ・クラウスとヴラジミール・メチアルがチェコスロバキアの連邦解体の合意に署名。
1993年 - 東京都港区にレインボーブリッジが開通。
1996年 - 全斗煥元大統領に死刑、盧泰愚元大統領に懲役22年6か月の判決。
2002年 - ヨハネスブルクで持続可能な開発に関する世界首脳会議が開幕。
2008年 - アフガニスタン日本人拉致事件が起こる。NGO組織「ペシャワール会」メンバーの日本人がターリバーンによって殺害される。
2008年 - 南オセチア紛争: ロシアが南オセチアの独立を承認。
2010年 - 福井県敦賀市にある日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅにて、原子炉容器内に筒型の炉内中継装置(重さ3.3トン)が落下。長期の運転休止となる。









誕生日
1676年 - ロバート・ウォルポール、イギリス初代首相(+ 1745年)
1740年 - ジョセフ・モンゴルフィエ、発明家(+ 1810年)
1743年 - アントワーヌ・ラヴォアジエ、化学者(+ 1794年)
1819年 - アルバート公、イギリスのヴィクトリア女王の夫(+ 1861年)
1820年 - ジェイムズ・ハーラン、第8代アメリカ合衆国内務長官(+ 1899年)
1873年 - 新城新蔵、天文学者(+ 1938年)
1873年 - リー・ド・フォレスト、発明家・技術者(+ 1961年)
1885年 - 尾上菊五郎 (6代目)、歌舞伎役者(+ 1949年)
1897年 - 尹?善、大韓民国第4代大統領(+ 1990年)
1901年 - 陳毅、軍人・政治家・外交官・詩人・中華人民共和国外交部第2代外交部長(+ 1972年)
1907年 - 藤林益三、第7代最高裁判所長官(+ 2007年)
1908年 - 上原敏、歌手(+ 1944年)
1910年 - マザー・テレサ、修道女(+ 1997年)
1914年 - フリオ・コルタサル、作家(+ 1984年)
1915年 - 下條正巳、俳優(+ 2004年)
1916年 - 坂井三郎、大日本帝国海軍軍人・エースパイロット・大空のサムライ著者(+2000年)
1923年 - ヴォルフガング・サヴァリッシュ、指揮者
1923年 - 鷹司平通、鷹司家27代目当主、鉄道研究家(+ 1966年)
1928年 - 安藤三男、俳優(+ 没年不明)
1933年 - イダ・ゴトコフスキー、作曲家・ピアニスト
1934年 - 武村正義、政治家
1934年 - 14代目酒井田柿右衛門、陶芸家
1937年 - 内海賢二、声優
1937年 - ニナ・コンパネーズ、映画監督・脚本家
1941年 - 吉田ヒロミ、ファッションデザイナー
1946年 - 佐藤一郎 、画家
1947年 - 宮川俊二、フリーアナウンサー
1950年 - いがらしゆみこ、漫画家
1954年 - 益山性旭、プロ野球選手
1956年 - サリー・ビーミッシュ、ヴィオラ奏者
1957年 - 難波圭一、声優
1959年 - 直枝政広、ミュージシャン
1961年 - 下成佐登子、歌手
1963年 - 青山陽一、ミュージシャン
1963年 - 韮沢靖、イラストレーター
1965年 - 村上隆行、プロ野球選手
1965年 - 小河麻衣子、女優
1967年 - 大塚光二、プロ野球選手
1967年 - 佐々岡真司、プロ野球選手
1967年 - 国武万里、歌手
1967年 - レベッカ・アン・ラモス、プレイメイト
1968年 - クリス・ボードマン、自転車プロロードレース選手
1968年 - 竹村延和、エレクトロニカミュージシャン
1969年 - 中川敬輔、ミュージシャン
1969年 - ニコル・アレント、テニス選手
1969年 - マユミーヌ、歌手
1970年 - 前田幸長、プロ野球選手
1970年 - 田口昌徳、プロ野球選手
1970年 - 稲富修二、政治家
1971年 - 中島知子、お笑いタレント(オセロ)
1971年 - 曽我部恵一、ミュージシャン
1972年 - 三土手大介、パワーリフティング選手
1973年 - 佐藤アサト、ナレーター
1973年 - 舩木聖士、プロ野球選手
1973年 - 田中優樹、俳優
1974年 - 石塚啓次、サッカー選手
1976年 - 諏訪雅、俳優
1976年 - アマイア・モンテロ、スペインの女性歌手
1977年 - 千葉紗子、声優
1978年 - 関本賢太郎、プロ野球選手
1979年 - 浅田好未、タレント
1979年 - 田中敬人、プロ野球選手
1979年 - 松谷卓、ピアニスト・作曲家
1980年 - マコーレー・カルキン、俳優
1980年 - クリス・パイン、俳優
1980年 - イ・チョングン、フィギュアスケート選手
1981年 - ジャスティン・ペカレック、フィギュアスケート選手
1982年 - 高橋秀聡、プロ野球選手
1982年 - 吉田真弓、声優
1982年 - 菊池亜希子、ファッションモデル、女優
1983年 - 今江敏晃、プロ野球選手
1983年 - 大城美和、タレント、グラビアアイドル
1985年 - 関口雄大、プロ野球選手
1985年 - クリストファー・メイビー、フィギュアスケート選手
1987年 - 大河元気、俳優
1988年 - 佐藤賢治、プロ野球選手
1988年 - 坂上麻美、女優、タレント、グラビアモデル
1989年 - 宇野なおみ、女優
1989年 - 古川英利子、タレント・モデル
1989年 - エカテリーナ・シェレメティエワ、フィギュアスケート選手
1992年 - 重岡大毅、関西ジャニーズJr.





忌日

1184年(元暦元年7月19日)- 佐々木秀義、武将(* 1112年)
1278年 - オタカル2世、ボヘミア王(* 1230年?)
1346年 - ヨハン・フォン・ルクセンブルク、ボヘミア王およびルクセンブルク伯(* 1296年)
1476年(成化12年7月28日)- 尚円、琉球国王(* 1415年)
1551年 - マルガレータ・エリクスドッテル、スウェーデン王グスタフ1世の妃(* 1516年)
1595年 - アントニオ・デ・ポルトゥガル、ポルトガル王位請求者(* 1531年)
1624年(寛永元年7月13日)- 福島正則、戦国武将、賤ヶ岳の七本槍の一人(*1561年)
1666年 - フランス・ハルス、画家(* 1581年頃)
1723年 - アントニ・ファン・レーウェンフック、生物学者(* 1632年)
1785年 - ジョージ・ジャーメイン、イギリス植民地担当大臣(* 1716年)
1786年(天明6年8月3日)- 中村富十郎 (初代)、歌舞伎役者(* 1719年)
1850年 - ルイ=フィリップ、フランス国王(* 1773年)
1857年 - アドルフ・シュラーギントヴァイト、植物学者・探検家(* 1829年)
1858年(安政5年7月18日)- 市河米庵、書家(* 1779年)
1863年 - ジョン・ブキャナン・フロイド、第24代アメリカ合衆国陸軍長官(* 1806年)
1865年 - ヨハン・フランツ・エンケ、天文学者(* 1791年)
1900年 - 飯田武郷、国学者(* 1828年)
1910年 - ウィリアム・ジェームズ、思想家(* 1842年)
1910年 - 梅謙次郎、法学者(* 1860年)
1921年 - マティアス・エルツベルガー、ドイツ国財務相(* 1875年)
1929年 - アーネスト・サトウ、イギリス外交官(* 1843年)
1930年 - ロン・チェイニー、俳優(* 1883年)
1931年 - 濱口雄幸、第27代内閣総理大臣(* 1870年)
1942年 - 平岡定太郎、樺太庁長官・福島県知事(* 1863年)
1945年 - 倉場富三郎、実業家・水産学者(* 1871年)
1945年 - フランツ・ヴェルフェル、小説家(* 1890年)
1950年 - ランサム・E・オールズ、オールズモビル創業者(* 1864年)
1955年 - ソル・ホワイト、ニグロリーグの野球選手(* 1868年)
1957年 - ジョセフ・ティレル、地質学者・古生物学者(* 1858年)
1958年 - レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ、作曲家(* 1872年)
1958年 - 小渕光平、自由民主党衆議院議員(* 1904年)
1961年 - ヴラディーミル・ソフロニツキー、ピアニスト(* 1901年)
1970年 - 川合稔、レーシングドライバー(* 1942年)
1974年 - チャールズ・リンドバーグ、飛行家(* 1902年)
1976年 - ロッテ・レーマン、ソプラノ歌手(* 1888年)
1977年 - H・A・レイ、絵本作家(* 1898年)
1978年 - シャルル・ボワイエ、俳優(* 1897年)
1979年 - ミカ・ワルタリ、小説家(* 1908年)
1980年 - テックス・アヴェリー、カートゥーン作家(* 1908年)
1987年 - ゲオルク・ウィッティヒ、化学者(* 1897年)
1990年 - 本田実、アマチュア天文家(* 1913年)
1990年 - 小倉朗、作曲家(* 1916年)
1993年 - 桑原巨守、彫刻家(* 1927年)
1995年 - ジョン・ブラナー、SF作家(* 1934年)
1998年 - フレデリック・ライネス、物理学者(* 1918年)
2004年 - ローラ・ブラニガン、歌手(* 1957年)
2006年 - ライナー・バルツェル、ドイツキリスト教民主同盟・ドイツ連邦議会議長(* 1924年)
2007年 - エドワード・G・サイデンステッカー、翻訳家(* 1921年)
2007年 - ガストン・トルン、第20代ルクセンブルク首相・第7代欧州委員会委員長(* 1928年)
2009年 - 三代徳田八十吉、陶芸家・人間国宝(* 1933年)
2009年 - 北重人、小説家(* 1948年)
2009年 - アブドゥルアズィーズ・ハキーム、イラク・イスラム革命最高評議会の指導者(* 1953年)











記念日・年中行事
ナミビアの戦士たちを称える彫像 男女平等の日(英語版)
( アメリカ合衆国) 1920年のこの日、アメリカ合衆国で女性参政権が認められたことを記念し
1971年に連邦議会が制定した記念日。

英雄の日(英語版)( ナミビア)
1958年のこの日に南西アフリカ人民機構(SWAPO)が結成され、
1966年のこの日にナミビア解放闘争が始まったことを記念する祝日。

ナミビアの日( 世界)
「英雄の日」に合わせ、国連が制定した国際デーの1つ。1990年3月に独立した、
アフリカ南西部にあるナミビアの自立を援助する日。

人権宣言記念日
1789年のこの日、フランスの憲法制定国民議会が人間と市民の権利の宣言(人権宣言)を採択した。

シルマンデー・ユースホステルの日
ユースホステルの創始者であるリヒャルト・シルマンを記念する日。
世界中の[要検証 ? ノート]ユースホステルで記念行事が行われる。
ドイツの小学校教師であったシルマンは、1909年のこの日、生徒たちと遠足に出掛け、
突然の大雨のために小学校で雨宿りをしたが、夜になっても雨は止まず、
そこで一夜を明かすこととなった。これがユースホステルを創設するきっかけとなった。































【関連する記事】
posted by clinicayamamoto at 08:39| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする