2017年06月13日

東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
平成29年6月13日(火曜日)

IMGP2699.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifIMGP2338.JPGIMGP2338.JPGIMGP2338.JPGIMGP2251.JPGIMGP2251.JPGIMGP2251.JPGIMGP2251.JPGIMGP2170.JPGIMGP2170.JPGIMGP2170.JPGIMGP2170.JPG







「ここをおして」をクリックされてください。



「ここをおして」をクリックされてください。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci




(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)








Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。




東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html





東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳

平成29年6月13日(火曜日)







昨年の。


「春」の「3月」「4月」「5月」



がおわり。



そして「夏」「6月」「7月」「8月」。



「秋」の「9・10・11月」がおわり。



「冬」の「12月」「1月」「2月」がおわり。



今年の「春」の



「3月」「4月」「5月」がおわり。



「6月」「7月」「8月」



「9月」「10月」「11月」「12月」



「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」



「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」




「11月」「12月」「1月」「2月」「3月」



「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」



「9月」「10月」「11月」「12月」




「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」




「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」




「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」







「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」






「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」





がおわり。





「なつ」の「6月」になりました。





「なつ」です。





黄金の焼けいろにけむる「季節」。




「こがねのきせつ」になりました。



真っ暗な早朝に。



すっかり車のとだえた。



コンクリートの道で。



舞い踊るように。



向こう側から。



「季節かぜ」のうたが。



なりひびいて。



道路を横切ってきこえてきます。





★★★

今年の春・から冬は予期せぬ
インフルエンザ*の
大規模な流行が予想されます。
東京 都 世田谷 区 山本クリニックでは。
薬事法の「能書」にあるとおり
「正規の」
「2回法によるインフルエンザワクチン」の
予防接種を行います。
御予約が必要です。



1回法=3500円

2回法=7.000円

です。



当院ではいつでも御来院されれば
インフルエンザ予防接種が可能です。
まだ。

インフルエンザ予防接種をされて
いないかたは
ぜひともうけられてください。





「昨年」
「9月」がおわわりました。
「10月」も終わりました。
「11月」もおわり。
「12月」で「冬」になりました。
「12月」がおわり。
「昨年」はおわりました。


「冬」も「年」を越しました。
「1月」「2月」
「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」「11月」「12月」がおわり。

いまは「6月」

「季節」はしずかに。
しずかに。しずかに。



能の舞(のうのまい)の。


「おきなのあゆみ」のように。


そそとした「季節の舞台」の上を。

さらにふかまりつつゆく

「季節」から。

「深い季節」への景色を舞台の上で。

あゆみつつあります。



能の舞(のうのまい)の。

「おきなのあゆみ」は

「はる」の「季節」から。

さらにおくふかい「四季の季節」

「ふかい黄金(こがね)の「季節」」へと。

むかっています。









暗い朝の早朝に。
南の天に「明けの明星」が
輝いています。
闇夜の天高いかがやく惑星。

「明けの明星」金星に。
毎日「おはよう」のあいさつを
します。




「季節」の。

早朝に。

はるか暗い早朝に。
「りす」のかすかな。
ひとりぼっちの。
鳴き声がきこえたような気が致しました。


けれどもそれは。

「季節風」の声。


毎朝の暗いうち「季節風」の「音色」は。
毎日違います。

「ろうろう」「こうこう」

耳をすませば。
「季節風」の鳴き声は。

「独唱」から次第に「合唱」に
なってゆきます。

そしてオーケストラの楽器の配列のように。
一風一かぜ(ひとかぜ)の
「季節風」の鳴いている場所も。
わかるように。なってきました。


「季節風」も

「季節」。

みのりの「あき」の季節。

をむかえて。

ころもがえやひっこしをしている
ことがわかります。






「季節かぜ」に

「衣替え」して。そして。

また「より深い季節」への。

「衣替え」を。

するのでしょう。



「季節風」は。

「鳥」のようです。

木々の上から電線のうえにやどるようです。

「季節風」は

「街路樹」にもとまって。

「季節」を過ごすのでしょう。

「季節」です。

季節の「季節風」がうたう季節

になりました。





「6月」になりました。

これからは。

日々ゆっくりと

日はながくなります。

陽はたかくなります。

夜はみじかくなります。

空はたかいまま。





天上の太陽 空たかく。


いまは「季節」。


そして。


「季節」から。さらに。


「深い季節:ふかいきせつ」に。


むかいます。






あさは曇っていて。
さらに昼間でも「さむい」ことがある。
私がおきるまっくらな早朝は。
とてもとても。
とても寒いです。

雪国うまれの私は季節の朝に
さむいのがつらい
です。


宮沢賢治


「さむさのなつはおろおろあるき」


はすべての季節にあてはまる うた。


「さむさのきせつはおろおろあるき」
「サムサノキセツハオロオロアルキ」








早朝「そら」をみあげれば。
晴れているはず。日差しもあるはず。

けれども空には
「雲がいっぱい」で「空はくもりそら」
です。
ふしぎな「季節」のひざしです。

ふとかんがえれば・・。


そして「季節」には。

「季節」の「日差し」から。

「芽」をまもり。

「季節」の太陽から。さらなる恵みを。

「実る木の芽」にあたえる。

「空」こそは。

「ソフトフイルター」の役目を。

「季節」の「おぼろくもりそら」が。

しているようです。



自然とは。

とてもよくできたものです。

変幻自在であり

そして規則正しい。

なおかつにして。

自由が自在。



春夏秋冬。

大気に漂う霞がごとし。





深い山の奥に住むと



いう。



仙人の心境(ここち)



も。



よくわかる。





「季節」の街路樹もそうそうたる。
ふかまる季節の羽振りを。
まとう木々に姿になってきました。


街路樹は「落葉樹」がよいです。

街路樹が「松や杉」のような。
「常緑樹」では
春はうっそうとして
陽の光をえられない。

夏場は枝ぶり葉っぱから陽の光を
さえぎれない。

晩秋も「針葉樹の落葉」では
木枯らしもつりがあわない。
とどのつまり
四季のリズムはつくれません。




ヴイバルデイの
「四季」の「夏」にある
木陰で休む羊飼いの旋律
も。
フランツ・シューベルトの
「菩提樹」の歌曲
も「うまれません」。



落葉の針葉樹で
強いからといって私の「好き」な。
「からまつ」をうえられても
街路樹には叶(かな)わないでしょう。



私の「大好き」な。
北原白秋の「からまつの詩」。

「からまつ」は

街路樹にはそぐはないかもしれません。



播磨の俳人滝野瓢水の句


「手に取るな

やはり野におけ蓮華草」



のように。

「なつ」ではあっても。

やはり野におけ蓮華草。

やはり野におけから松木。

「からまつ」も蓮華草と同じくに。

清楚な華やかさとはかなさを

もっています。


やはり野におけ。

蓮華とからまつ。


「季節」の「からまつ」です。

そしていま。
「きせつ」をあゆみゆく
「からまつ」の時期になりました。





-------------------------------
北原白秋
 
「水墨集」より

  
 落葉松
-------------------------------

      一
 
 からまつの林を過ぎて、
 
 からまつをしみじみと見き。
 
 からまつはさびしかりけり。
 
 たびゆくはさびしかりけり。


      二
                 
 からまつの林を出でて、
 
 からまつの林に入りぬ。
 
 からまつの林に入りて、
 
 また細く道はつづけり。


      三
 
 からまつの林の奥も
 
 わが通る道はありけり。
  きりさめ
 霧雨のかかる道なり。
 やまかぜ
 山風のかよふ道なり。


      四
 
 からまつの林の道は、
 
 われのみか、ひともかよひぬ。
 
 ほそぼそと通ふ道なり。
 
 さびさびといそぐ道なり。


      五
 
 からまつの林を過ぎて、
 
 ゆゑしらず歩みひそめつ。
 
 からまつはさびしかりけり、
 
 からまつとささやきにけり。


      六

 からまつの林を出でて、
  あさま ね
 浅間嶺にけぶり立つ見つ。
 
 浅間嶺にけぶり立つ見つ。
 
 からまつのまたそのうへに。


      七
 
 からまつの林の雨は
 
 さびしけどいよよしづけし。
 
 かんこ鳥鳴けるのみなる。
 
 からまつの濡るるのみなる。


      八
 
 世の中よ、あはれなりけり。
 
 常なれどうれしかりけり。
 
 山川に山がはの音、
 
 からまつにからまつのかぜ。

-------------------------------



木々の青葉の房が
早朝くらい中でも
うかびあがります。
とりわけ私は
くすのき科が。
「大好き」な「木」の
ひとつです。
ポプラも好きです。
イチョウもすきです。
けやきもすきです。
カエデもすきです。
もみじもすきです。
松もすきです。
杉もすきです。
からまつも好きです。






裸木の。
木々の穂先は小さいけれども毛氈(もうせん)
のようにあざやかな萌黄色と緑です。

まるで。
大きな里山の森の冬のうねりのようです。
今年は木々のわかばの冬のめばえがとてもとても
鮮烈です。

若芽のうえを吹き抜けていきます。


街角の雑草も
季節の草に変貌して。

「季節風」になり。

道端のくさばなは。
「遠慮がち」にながら堂々と一本の茎。

雑草も。
季節の草へと変貌しつつながらえています。
あたたかかう
ふかまる「季節」をまつ。
「季節」の野の雑草:ざつそうです。



朝暗いうちは。
とてもはださむいです。




東京 都 世田谷 区 山本クリニックには。
ふとい孟宗竹のたけやぶ
があります。
竹はせがたかいから。

クリニック館内からはすこし離れた所にある。
はなれていても。
とおくからもみえます。


風しらしむ竹の


きせつかぜに


笹葉は蒼くふるえたり


みどり葉笹葉に


そらかぜはやみ


うつり陽うつすや


うつろひの


竹の葉たけかぜ


はやいくとせ



地にも空にも
みどり葉ひらき
みどり木はる空
天高くひろがりけり
ゆたかなりけり
いふことのなし
いふことがなし
いふことはなし
ゆたかなりけり





-------------------------------
ミニ伝言板
★当院は完全予約制です。★
-------------------------------



平成21年1月12日(月曜日)は祝日です。


「祝日」で元来は「休診日」です。
けれども「完全御予約制」の。
御予約の患者さんのみ限られた時間帯で。
診療を行います。

はおわりました。

-------------------------------


平成21年2月11日(水曜日)は祝日です。



「祝日」で元来は「休診日」です。
けれども「完全御予約制」の。
御予約の患者さんのみ限られた時間帯で。
診療を行います

はおわりました。
-------------------------------


平成21年3月20日(金曜日)は祝日です。




「祝日」で元来は「休診日」です。
けれども「完全御予約制」の。
御予約の患者さんのみ限られた時間帯で。
診療を行います
はおわりました。


-------------------------------


平成21年4月29日(水曜日)は。


元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ。


限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

-------------------------------


平成21年5月4日・5日・6日・
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は。

元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。
------------------------------


平成21年7月20日(月曜日)は。



元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------

平成21年8月14日(金曜日)と15日(土曜日)
の「二日間」
は病院の医療コンピューターの更新のため。

診療ができないので二日間「休診日」になります。

平成21年8月13日(木曜日)まで平常どおり。
平成21年8月18日(日曜日)から平常どおり。

はおわりました。

------------------------------


平成21年9月21・22・23日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------



平成21年10月12日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。

------------------------------



平成21年11月 3日(火曜日)
平成21年11月23日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------


平成21年12月23日(水曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------


年末年始の診療
平成21年12月30日(水曜日)*まで
診療を行います。

また
平成22年1月は。
1月4日(月曜日)*より診療を開始する予定
です。



------------------------------


年始の診療
平成22年1月11日(月曜日)
平成22年1月11日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------



平成22年3月22日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------



平成22年5月3・4・5日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------


平成22年7月19日(月曜日)祝祭日は
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------



平成22年の8月12日(木曜日)(休診日)
より
平成22年の8月15日(日曜日)まで
の8月12日・13日(金曜日)・14日(土曜日)8月15日
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。
きまっている休診日を除けば
8月13日(金曜日)と8月14日(土曜日)
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。

はおわりました。
  

------------------------------





平成22年9月20日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------


平成22年10月11日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました

------------------------------



平成22年11月3日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました



------------------------------


平成22年11月23日(火曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では
平成22年12月29日(水曜日)まで診療を行います。
そして
平成23年1月4日(火曜日)より診療を開始到します。



平成22年12月30日(木曜日)より
平成23年1月3日(月曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。院長は常時病院に滞在到します。




はおわりました。
------------------------------



平成23年1月10日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------



平成23年2月11日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------



平成23年3月21日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。




------------------------------


平成23年4月29日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



------------------------------



平成23年5月2日(火曜日)
平成23年5月3日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------



平成23年7月18日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。



------------------------------



平成23年の8月11日(木曜日)(休診日)
より
平成23年の8月14日(日曜日)まで
の8月12日(金曜日)・8月13日(土曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。
きまっている休診日を除けば
8月12日(金曜日)と8月13日(土曜日)
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。

はおわりました。
  

------------------------------

平成23年9月19日(月曜日
平成23年9月23日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------

平成23年10月10日(月曜日

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------

平成23年11月23日(水曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------

平成23年12月23日(金曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では
平成23年12月30日(金曜日)まで診療を行います。
そして
平成24年1月4日(水曜日)より診療を開始到します。

平成23年12月31日(土曜日)より
平成23年1月3日(火曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。院長は常時病院に滞在到します。


はおわりました。

------------------------------

平成24年1月9日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------

平成24年2月3日(金曜日)

元来は平常診療日なのですが。

館内設備の点検補修のため、「臨時休診日」
とさせていただきます。


ご迷惑をかけ、申し訳ございません。
(木曜日)(金曜日)と、二連休になってしまいます。


形成外科などで、
(土曜日)2月4日に、御予約の御確認は
2月2日(水曜日)に御願い致します。
はおわりました。
す。

------------------------------

平成24年2月11日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------


平成24年3月20日(火曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------

平成24年4月30日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------




平成24年5月4日(金曜日)
平成24年5月5日(土曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。<
/span>

------------------------------



平成24年7月16日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。



------------------------------




平成24年の8月12日(日曜日)(休診日)
より
平成23年の8月16日(木曜日)まで
の8月12日(金曜日)・8月13日(土曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば
8月13日(月曜日)。14日(火曜日)、
と8月15日(水曜日)・
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。





はおわりました。


------------------------------



平成24年
9月17日(月曜日)、
9月22日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。




はおわりました。




------------------------------



平成24年

10月8日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。





はおわりました。




------------------------------


平成24年

10月8日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。




はおわりました。




------------------------------


平成24年

11月3日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。





------------------------------


平成24年

11月23日(金曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。





------------------------------


平成24年

12月24日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました




------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成24年12月29日(土曜日)まで診療を行います。
そして
平成25年1月4日(金曜日)より診療を開始到します。



平成24年12月30日(日曜日)より
平成23年1月3日(木曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。

院長は常時病院に滞在到します。

はおわりました





-------------------------------

平成25年

1月14日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました




------------------------------

平成25年

2月11日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました




------------------------------

平成25年

3月20日(水曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました




------------------------------


平成25年

4月29日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました




------------------------------




平成25年5月3日(金曜日)
平成25年5月4日(土曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。




けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



平成25年5月6日(月曜日)は休診致します。





はおわりました



------------------------------

平成25年

7月15日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
/span>

はおわりました


------------------------------






平成25年の8月14日(火曜日)
より
平成25年の8月16日(木曜日)まで
の8月14日(火曜日)・8月15日(水曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば
8月14(火曜日)。、
と8月15日(水曜日)・
が休診日となります。

8月12日(月曜日)は診療致します。
8月16日(金曜日)より通常状態にもどります。

院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。


はおわりました


------------------------------



平成25年9月16日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました


------------------------------




平成25年9月23日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました


------------------------------


平成25年10月14日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました


------------------------------



平成25年11月4日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました


------------------------------


平成25年11月23日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました


------------------------------



山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成25年12月30日(月曜日)まで診療を行います。
そして
平成26年1月4日(土曜日)より診療を開始到します。



平成25年12月31日(火曜日)より
平成26年1月3日(金曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。

院長は常時病院に滞在到します。


はおわりました


------------------------------



平成26年2月11日(火曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました


------------------------------


平成26年3月21日(金曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました





------------------------------


平成26年7月21日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました







-------------------------------


平成26年8月2日(土曜日)

元来は診療日です。


けれども、館内工事のため
臨時休診日とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが
よろしくお願いいたします。



はおわりました



-------------------------------


夏季休診日についての御案内。

平成26年の8月13日(水曜日)
より
平成26年の8月15日(金曜日)まで
を夏季休診日とさせていただきます。



院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。




はおわりました



------------------------------



夏季休診日についての御案内。


平成27年の8月13日(木曜日)

より

平成27年の8月16日(日曜日)まで


を夏季休診日とさせていただきます。



院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。




はおわりました



------------------------------


山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成27年12月30日(水曜日)まで診療を行います。
そして
平成28年1月4日(月曜日)より診療を開始到します。



平成27年12月31日(木曜日)より
平成28年1月3日(日曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。

院長は常時病院に滞在到します。


はおわりました


------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成27年12月30日(水曜日)まで診療を行います。


そして


平成28年1月4日(月曜日)より診療を開始到します。




平成27年12月31日(木曜日)より


平成28年1月3日(日曜日)までは年末年始体制で


休診日とさせていただきます。


院長は常時病院に滞在到します。



はおわりました





------------------------------


夏季休診日についての御案内。


平成28年の8月11日(木曜日)

より

平成28年の8月14日(日曜日)まで

を夏季休診日とさせていただきます。



院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。




はおわりました



------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成28年12月30日(金曜日)まで診療を行います。


そして


平成29年1月4日(水曜日)より診療を開始到します。




平成28年12月31日(土曜日)より


平成29年1月3日(火曜日)までは年末年始体制で


休診日とさせていただきます。


院長は常時病院に滞在到します。



はおわりました







------------------------------























私は寒い新潟の寒村の百姓のうまれです。
毎朝03:15amには起床致します。

睡眠時間は「4時間」。

朝の病院への移行に車をつかいます。
まっくらです。




朝4:00am前に東京 都 世田谷 区 山本クリニック
の明かりがともります。

真っ暗な中で。
病院の事務局と病院の診察室との
往復はとても気温が低いと
とてもくつらいです。

朝の日の出前までの間は今日御来院される患者さん
の「診療録:カルテ」のチエックと
朝の申し送りの準備です。






★★★


今年の春・から冬は予期せぬ
インフルエンザ*の
大規模な流行が予想されます。
東京 都 世田谷 区 山本クリニックでは。
薬事法の「能書」にあるとおり
「正規の」
「2回法によるインフルエンザワクチン」の
予防接種を行います。
御予約が必要です。


1回法=3500円

2回法=7.000円

です。


当院ではいつでも御来院されれば
インフルエンザ予防接種が可能です。
まだ。
インフルエンザ予防接種をされて
いないかたは
ぜひともうけられてください。


-------------------------------


2004年10月15日より厚生労働省により


肺炎球菌ワクチン
が努力義務のある予防接種の対象
とされました。当院でも接種可能です。
御予約が必要です。
去年2007年の「5月ころ」NHKの
放映があり。
昨年は全国で「肺炎球菌ワクチン」が
たりなくなってしまいました。

------------------------------


成人の風疹急増。
御婦人で風疹の既往が定かでない
場合は。
風疹抗体価血液検査と風疹ワクチン予防接種を
御勧め致します。
御予約が必要です。

------------------------------



学校の入学式。桜の花。
そして「眼に青葉やまほととぎす・」
の時期。
そして紫陽花が咲き夏になり
秋になりまた今年も冬がきます。

インフルエンザをはじめ「ウイルス系」の
「感染・伝染」が急増致します。

今年は猛暑と厳寒。
「地球温暖化による大気温度差の拡大」が
顕著であろうと推察されます。

体調を崩される方が多いものです。
私はこの夏は「猛暑」になり極め厳しい「暑さ」
であることを懸念しています。
そして気候の変動は
激しいと思います。


このような今年からは
冬場や春にかぎらずインフルエンザに
代表される。
ウイルス性感染症が
大流行するおそれが強い。



麻疹(はしか)の大きな流行が予想されます。

成人しての麻疹(はしか)は重傷化しやすいです。

はしか(麻疹)のワクチンの予防接種を行っています。
御予約が必要です

-------------------------------



学校の入学式。桜の花。
そして「眼に青葉やまほととぎす・」
の時期。
そして紫陽花が咲き夏になり
秋になりまた今年も冬がくる。

インフルエンザをはじめ「ウイルス系」の
「感染・伝染」が急増致します。

今年は猛暑と厳寒。
「地球温暖化による大気温度差の拡大」が
顕著です。

体調を崩される方が多いものです。
私はこの夏は「猛暑」になり極め厳しい「暑さ」が。
そして気膠の変動は
激しいと思います。


このような今年からは
冬場や春にかぎらずインフルエンザに
代表されるウイルス性感染症が
大流行するおそれが強い。



-------------------------------
麻疹(はしか)の大きな流行が予想されます。

成人しての麻疹(はしか)は重傷化しやすいです。

はしか(麻疹)のワクチンの予防接種を行っています。
御予約が必要です。

-------------------------------



「地球温暖化による大気温度差の拡大」で
季節の変わり目に「反復性上気道感染」に
なられるかたが多いです。

「世情は不安定」であり何かひとつ
生活しづらい日々を感じられる
かたも多いものです。。


人間は「倒れるまではたっています」。
人間は「冬・春」の旅に(度に)齢を重ねる。

昔の「数え年」は「たいした物」だと思います。

難易度の高い「病態」をお持ちの
患者さんが増えています。
難易度の高い「病態」の患者さんが患者さんが
「良くなられていく」笑顔を思い浮かべながら。



私 院長の山本博昭と
東京都 世田谷区 山本クリニックの
「全員」が頑張ります。

難易度の高い「病態」の患者さんの良くなられる
「笑顔」は何物にも変えがたい。


難易度の高い「病態」の患者さんが患者さんが。

「良くなられていく」笑顔に。


心より感謝・感謝。























































「今日は何の日」は。

ウイキペディアより。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%87



ジュール・ボルデ
(Jules Jean Baptiste Vincent Bordet、1870年6月13日 - 1961年4月6日)は
ベルギーの細菌学者。
1919年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
ノーベル賞受賞理由である補体結合反応の発見や、
百日咳菌(Bordetella pertussis:ボルデテラ属の細菌の一種)の発見で知られる。

1906年、同国人のオクターブ・ジャング(Octave Gengou)とともに、
百日咳の病原体を発見した。
ボルデらは1900年には、百日咳の患者だけに見られる独特の細菌を顕微鏡下で観察していたが、
当時行われていた通常の培地を使った方法では培養することができなかった。
しかし1906年にはグリセリン加馬鈴薯血液寒天培地
(ボルデ・ジャング培地)という新しい培地を開発して、
百日咳の患者から新種の細菌を分離培養することに成功し、
これが百日咳の原因であると仮定した。

この細菌は後にBordetella pertussis(百日咳菌)と名付けられ、
分類学上の属名として、発見者であるボルデの名が残された。
後にボルデは百日咳ワクチンも開発している。



1910年には抗体が抗原と結合する際、実際に補体の量が減少すること
(補体結合反応)を確認した。
補体の反応は非常に敏感であり、
顕微鏡下では存在が分からないごく少数の病原体に対しても反応が起こった。


ドイツのワッセルマンはボルデの実験結果を耳にし、
梅毒の診断法としてワッセルマン反応を確立している。
ボルデ自身も腸チフスやブタ風邪の診断に補体を用いている。





1870年 - ジュール・ボルデ、細菌学者(+ 1961年)
の生誕日です。



+++++++++++++++++++++++++++++

ジュール・ボルデ




ノーベル賞受賞者ノーベル賞

受賞年:1919年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:免疫に関する研究

+++++++++++++++++++++++++++++

ジュール・ボルデ
(Jules Jean Baptiste Vincent Bordet、1870年6月13日 - 1961年4月6日)は
ベルギーの細菌学者。
1919年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
ノーベル賞受賞理由である補体結合反応の発見や、
百日咳菌(Bordetella pertussis:ボルデテラ属の細菌の一種)の発見で知られる。

+++++++++++++++++++++++++++++

ベルギーの都市ソワニーに生まれる
。父親が学校長であったことから、教育に理解のある家庭で育つ。
しかしながら、自然科学に興味をもったのは中等学校を卒業した後であった。
自宅に小さな実験室を作り、様々な実験を試みた。
医学を目指したのは16歳になってからである。

+++++++++++++++++++++++++++++

ブリュッセル大学で医学を学び1892年に卒業。
ベルギー政府の奨学金を受け、1894年にパスツール研究所で学んだ。
奨学金は7年間の研究を保証する有利なものであった。
研究所では免疫学の大家イリヤ・メチニコフの研究室で学ぶことができた。

+++++++++++++++++++++++++++++

1901年にブリュッセル・パスツール研究所
(Pasteur Institute of Brussels)を設立し、初代所長となった。
1907年にはブリュッセル自由大学の細菌学教授に就任する。
第一次世界大戦で破壊された大学を再建するため、
渡米し基金を立ち上げた。渡米中の1919年にノーベル生理学・医学賞受賞の報を受ける。
基金の順調に集まった。
後年はバクテリオファージの研究を進めた。1961年ブリュッセルで死去。

+++++++++++++++++++++++++++++

業績
1898年、血清に関する研究を続けるなか、
血清を55度に加熱すると抗体が残っているにもかかわらず、
細菌に対する血清の作用が失われることを発見した。

ボルデの考えによると、抗体の作用に欠かせないが、
熱に弱い成分が血清中に存在するというものである。
この成分をアレキシン(alexine)と命名したが、
現在ではエールリヒによる補体という名称が使われている。

さらに、免疫を獲得した動物の血清だけではなく、
まだ免疫を獲得していない動物の血清中にも補体が存在することを確認した。


1905年には補体結合反応を発見する。

+++++++++++++++++++++++++++++

1906年、同国人のオクターブ・ジャング(Octave Gengou)とともに、
百日咳の病原体を発見した。
ボルデらは1900年には、百日咳の患者だけに見られる独特の細菌を顕微鏡下で観察していたが、
当時行われていた通常の培地を使った方法では培養することができなかった。
しかし1906年にはグリセリン加馬鈴薯血液寒天培地
(ボルデ・ジャング培地)という新しい培地を開発して、
百日咳の患者から新種の細菌を分離培養することに成功し、
これが百日咳の原因であると仮定した。

この細菌は後にBordetella pertussis(百日咳菌)と名付けられ、
分類学上の属名として、発見者であるボルデの名が残された。
後にボルデは百日咳ワクチンも開発している。

+++++++++++++++++++++++++++++

1910年には抗体が抗原と結合する際、実際に補体の量が減少すること
(補体結合反応)を確認した。
補体の反応は非常に敏感であり、
顕微鏡下では存在が分からないごく少数の病原体に対しても反応が起こった。

+++++++++++++++++++++++++++++

ドイツのワッセルマンはボルデの実験結果を耳にし、
梅毒の診断法としてワッセルマン反応を確立している。
ボルデ自身も腸チフスやブタ風邪の診断に補体を用いている。

+++++++++++++++++++++++++++++

現在では補体の反応が鋭敏な理由が分かっている。
補体は約20種類のタンパク質からなり、
最初のタンパク質が起こす反応が次のタンパク質の反応を呼ぶ、
いわゆるカスケード反応を起こすためだ。
最初の小さな反応が正のフィードバックを起こしながら進んでいく。
それぞれの補体タンパク質は異なる作用を持つ。

例えば、カスケード反応の末期に登場するC9補体は単独では何の作用も及ぼさないが、
10から15分子が集まるとドーナツ状に集合し、
細菌の細胞膜上に穴(膜障害複合体)を形成する。
こうなると細胞質の内容が無制限に流出してしまい、細菌は死に至る。


+++++++++++++++++++++++++++++


































「続きを読む」=>













今日の東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
の記事は「続きを読む」をどうぞ。これで終了です。





おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・















































IMGP2711.JPGIMGP2706.JPGIMGP2685.JPGIMGP2690.JPGIMGP2689.JPGIMGP2695.JPGIMGP2701.JPGIMGP2698.JPGIMGP2704.JPGIMGP2699.JPGmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPG


------------------------------









Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。








「ここをおして」をクリックされてください。



「ここをおして」をクリックされてください。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci




(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)







Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。







++「続きを読むです1」++++++++++++++++++

ウイキペディアより。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%87



ジュール・ボルデ
(Jules Jean Baptiste Vincent Bordet、1870年6月13日 - 1961年4月6日)は
ベルギーの細菌学者。
1919年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
ノーベル賞受賞理由である補体結合反応の発見や、
百日咳菌(Bordetella pertussis:ボルデテラ属の細菌の一種)の発見で知られる。

1906年、同国人のオクターブ・ジャング(Octave Gengou)とともに、
百日咳の病原体を発見した。
ボルデらは1900年には、百日咳の患者だけに見られる独特の細菌を顕微鏡下で観察していたが、
当時行われていた通常の培地を使った方法では培養することができなかった。
しかし1906年にはグリセリン加馬鈴薯血液寒天培地
(ボルデ・ジャング培地)という新しい培地を開発して、
百日咳の患者から新種の細菌を分離培養することに成功し、
これが百日咳の原因であると仮定した。

この細菌は後にBordetella pertussis(百日咳菌)と名付けられ、
分類学上の属名として、発見者であるボルデの名が残された。
後にボルデは百日咳ワクチンも開発している。



1910年には抗体が抗原と結合する際、実際に補体の量が減少すること
(補体結合反応)を確認した。
補体の反応は非常に敏感であり、
顕微鏡下では存在が分からないごく少数の病原体に対しても反応が起こった。


ドイツのワッセルマンはボルデの実験結果を耳にし、
梅毒の診断法としてワッセルマン反応を確立している。
ボルデ自身も腸チフスやブタ風邪の診断に補体を用いている。





1870年 - ジュール・ボルデ、細菌学者(+ 1961年)
の生誕日です。



+++++++++++++++++++++++++++++

ジュール・ボルデ




ノーベル賞受賞者ノーベル賞

受賞年:1919年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:免疫に関する研究

+++++++++++++++++++++++++++++

ジュール・ボルデ
(Jules Jean Baptiste Vincent Bordet、1870年6月13日 - 1961年4月6日)は
ベルギーの細菌学者。
1919年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
ノーベル賞受賞理由である補体結合反応の発見や、
百日咳菌(Bordetella pertussis:ボルデテラ属の細菌の一種)の発見で知られる。

+++++++++++++++++++++++++++++

ベルギーの都市ソワニーに生まれる
。父親が学校長であったことから、教育に理解のある家庭で育つ。
しかしながら、自然科学に興味をもったのは中等学校を卒業した後であった。
自宅に小さな実験室を作り、様々な実験を試みた。
医学を目指したのは16歳になってからである。

+++++++++++++++++++++++++++++

ブリュッセル大学で医学を学び1892年に卒業。
ベルギー政府の奨学金を受け、1894年にパスツール研究所で学んだ。
奨学金は7年間の研究を保証する有利なものであった。
研究所では免疫学の大家イリヤ・メチニコフの研究室で学ぶことができた。

+++++++++++++++++++++++++++++

1901年にブリュッセル・パスツール研究所
(Pasteur Institute of Brussels)を設立し、初代所長となった。
1907年にはブリュッセル自由大学の細菌学教授に就任する。
第一次世界大戦で破壊された大学を再建するため、
渡米し基金を立ち上げた。渡米中の1919年にノーベル生理学・医学賞受賞の報を受ける。
基金の順調に集まった。
後年はバクテリオファージの研究を進めた。1961年ブリュッセルで死去。

+++++++++++++++++++++++++++++

業績
1898年、血清に関する研究を続けるなか、
血清を55度に加熱すると抗体が残っているにもかかわらず、
細菌に対する血清の作用が失われることを発見した。

ボルデの考えによると、抗体の作用に欠かせないが、
熱に弱い成分が血清中に存在するというものである。
この成分をアレキシン(alexine)と命名したが、
現在ではエールリヒによる補体という名称が使われている。

さらに、免疫を獲得した動物の血清だけではなく、
まだ免疫を獲得していない動物の血清中にも補体が存在することを確認した。


1905年には補体結合反応を発見する。

+++++++++++++++++++++++++++++

1906年、同国人のオクターブ・ジャング(Octave Gengou)とともに、
百日咳の病原体を発見した。
ボルデらは1900年には、百日咳の患者だけに見られる独特の細菌を顕微鏡下で観察していたが、
当時行われていた通常の培地を使った方法では培養することができなかった。
しかし1906年にはグリセリン加馬鈴薯血液寒天培地
(ボルデ・ジャング培地)という新しい培地を開発して、
百日咳の患者から新種の細菌を分離培養することに成功し、
これが百日咳の原因であると仮定した。

この細菌は後にBordetella pertussis(百日咳菌)と名付けられ、
分類学上の属名として、発見者であるボルデの名が残された。
後にボルデは百日咳ワクチンも開発している。

+++++++++++++++++++++++++++++

1910年には抗体が抗原と結合する際、実際に補体の量が減少すること
(補体結合反応)を確認した。
補体の反応は非常に敏感であり、
顕微鏡下では存在が分からないごく少数の病原体に対しても反応が起こった。

+++++++++++++++++++++++++++++

ドイツのワッセルマンはボルデの実験結果を耳にし、
梅毒の診断法としてワッセルマン反応を確立している。
ボルデ自身も腸チフスやブタ風邪の診断に補体を用いている。

+++++++++++++++++++++++++++++

現在では補体の反応が鋭敏な理由が分かっている。
補体は約20種類のタンパク質からなり、
最初のタンパク質が起こす反応が次のタンパク質の反応を呼ぶ、
いわゆるカスケード反応を起こすためだ。
最初の小さな反応が正のフィードバックを起こしながら進んでいく。
それぞれの補体タンパク質は異なる作用を持つ。

例えば、カスケード反応の末期に登場するC9補体は単独では何の作用も及ぼさないが、
10から15分子が集まるとドーナツ状に集合し、
細菌の細胞膜上に穴(膜障害複合体)を形成する。
こうなると細胞質の内容が無制限に流出してしまい、細菌は死に至る。


+++++++++++++++++++++++++++++

























++「続きを読むです2」++++++++++++++++++

ウイキペディアより。
https://ja.wikipedia.org/wiki/6%E6%9C%8813%E6%97%A5

6月13日

できごと
1373年 - イングランド(後にイギリスが継承)とポルトガルの間で英葡永久同盟が結ばれる。現在まで続く世界最古の同盟。
1525年 - マルティン・ルターが、ローマ・カトリック教会が聖職者や修道女に課した独身主義に反して元修道女のカタリナと結婚。
1587年(天正15年5月8日) - 九州征伐: 島津義久が豊臣秀吉に降伏。
1625年 - イングランドのチャールズ王太子(後のイングランド王チャールズ1世)がフランス王アンリ4世の娘ヘンリエッタ・マリア・オブ・フランスと結婚。
1774年 - ロードアイランドがイギリス北米植民地で初めて奴隷の輸入を禁止。
1858年 - 清とロシアが天津条約に調印。同月中に米英仏も調印。
1863年 - 南北戦争: 第二次ウィンチェスターの戦いが始まる。
1866年 - アメリカ合衆国憲法修正第14条が提案される。
1878年 - ベルリン会議開幕。
1886年 - シュタルンベルク湖で、前日に廃位させられたバイエルン王ルートヴィヒ2世の水死体が発見される。
1898年 - カナダでユーコン準州が発足する。
1913年 - 陸海軍省官制改正により、軍部大臣現役武官制を廃し、大臣・次官の任用資格を予備役まで拡大。
1916年 - 初の日本製戦闘機である会式七号小型飛行機が初飛行。
1917年 - 第一次世界大戦: ドイツ軍航空隊のゴータ G.IVが爆撃機によるはじめてのロンドン空襲を行い、162名の死者を出す。
1924年 - ガストン・ドゥメルグがフランス第三共和政の第12代大統領に就任。
1924年 - 土方与志・小山内薫らが築地小劇場を開場。
1931年 - ポール・ドゥメールがフランス第三共和政の第13代大統領に就任。
1934年 - アドルフ・ヒトラーとベニート・ムッソリーニがベニスで初の会談。
1935年 - ジェームス・J・ブラドックがボクシングヘビー級の世界王者になる。
1940年 - アメリカ海軍の戦艦「ノースカロライナ」が進水。
1942年 - アメリカで、戦略事務局(アメリカ中央情報局〈CIA〉の前身)と戦争情報局が発足。
1944年 - 第二次世界大戦: ヴィレル・ボカージュの戦い
1944年 - 第二次世界大戦: ナチス・ドイツがV1飛行爆弾によるイギリス攻撃を開始する。
1948年 - 太宰治が愛人山崎富栄と玉川上水へ入水。6月19日に遺体発見。
1952年 - スウェーデン軍のDC-3がソビエト連邦のMiG-15に撃墜される。 (en:Catalina affair)
1953年 - 内灘闘争。石川県内灘村の米軍試射場の無期限使用に反対して村民と支援団体が坐り込み。
1955年 - ソ連初のダイヤモンド鉱山・ミール鉱山(英語版)が発見される。
1963年 - 「小さな親切」運動本部が発足する。
1966年 - アメリカ合衆国最高裁判所がミランダ対アリゾナ州事件の判決中で、後にミランダ警告と呼ばれる告知を逮捕時に行うことを警察に義務付ける。
1967年 - リンドン・B・ジョンソン大統領がサーグッド・マーシャルをアフリカ系黒人で初のアメリカ合衆国最高裁判所判事に任命。
1971年 - ベトナム戦争: ニューヨーク・タイムズがペンタゴン・ペーパーズを掲載。
1982年 - サウジアラビア国王ハーリドが死去し、弟のファハドが第5代国王として即位。
1983年 - 戸塚ヨットスクール事件で校長の戸塚宏が傷害致死容疑で逮捕。
1983年 - パイオニア10号が海王星の軌道を横断し、太陽系を脱出した初の人工物となる。
1987年 - 広島東洋カープの衣笠祥雄が2,131試合連続出場を記録。ルー・ゲーリッグの世界記録を更新。
1996年 - 福岡空港ガルーダ航空機離陸事故
2000年 - 朝鮮半島の分断後55年で初の南北首脳会談。
2002年 - アメリカ合衆国が弾道弾迎撃ミサイル制限条約を脱退する。
2002年 - 議政府米軍装甲車女子中学生轢死事件
2004年 - 日本経済新聞でプロ野球球団オリックス・ブルーウェーブと大阪近鉄バファローズの合併が報じられる。プロ野球再編問題の発端。
2005年 - 少年に対する性的虐待疑惑で裁判にかけられていたマイケル・ジャクソンに全面無罪の判決が下る。
2010年 - 小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰還。
2013年 - エドワード・スノーデンが、香港の新聞社の取材やインタビューの中で、アメリカ国家安全保障局(NSA)による個人情報収集の事実を告発。




















誕生日
1773年 - トマス・ヤング、科学者、考古学者(+ 1829年)
1831年 - ジェームズ・クラーク・マクスウェル、物理学者(+ 1879年)
1851年 - ジム・マトリー、メジャーリーグ監督(+ 1938年)
1863年 - ルーシー・ダフ=ゴードン、ファッションデザイナー(+ 1935年)
1865年 - ウィリアム・バトラー・イェイツ、詩人、劇作家(+ 1939年)
1865年 - カール・ブロスフェルト、写真家、植物学者(+ 1932年)
1870年 - ジュール・ボルデ、細菌学者(+ 1961年)
1893年 - ドロシー・L・セイヤーズ、作家(+ 1957年)
1894年 - レオ・カナー、児童精神科医(+ 1981年)
1897年 - パーヴォ・ヌルミ、中長距離走者(+ 1973年)
1899年 - カルロス・チャベス、作曲家(+ 1978年)
1917年 - アウグスト・ロア=バストス、小説家(+ 2005年)
1920年 - 梅棹忠夫、日本の生態学者、民族学者(+ 2010年)
1920年 - 岡田英次、俳優(+ 1995年)
1923年 - 船田譲、政治家(+ 1985年)
1928年 - ジョン・フォーブス・ナッシュ、数学者(+ 2015年)
1935年 - クリスト、美術家
1935年 - サマック・スントラウェート、タイの第34代首相(+ 2009年)
1936年 - 岡部征純、俳優
1936年 - 井上美代、政治家
1936年 - 大工勝、プロ野球選手
1937年 - ラジ・レディ、工学者
1941年 - 桂菊丸、タレント
1941年 - 松村明仁、医師、元厚生省官僚
1944年 - 潘基文、国連事務総長
1947年 - 木樽正明、プロ野球選手
1947年 - ジョセフ・ジャニアック、タクシードライバー、調教師、馬主(テイクオーバーターゲット)
1947年 - 佐藤竹秀、プロ野球選手(+ 2001年)
1949年 - 榊原良行、プロ野球選手
1950年 - 石川清、政治家
1952年 - 月光恵亮、音楽プロデューサー
1952年 - 市場博己、プロ野球選手
1953年 - ティム・アレン、俳優
1954年 - 山田栄子、声優
1954年 - 清水有生、脚本家
1956年 - 里見桂、漫画家
1956年 - 水岡俊一、政治家
1957年 - リナト・ダサエフ、サッカー選手
1958年 - 岸野靖之、サッカー選手・指導者
1959年 - 六月十三、脚本家
1960年 - 山田邦子、タレント
1961年 - 宮脇康之、俳優
1963年 - 大江光、作曲家
1964年 - 水島かおり、女優
1965年 - 安藤尋、映画監督
1965年 - 今中麻貴、フリーアナウンサー
1965年 - 岡本透、プロ野球選手
1965年 - 宍戸美和公、女優
1966年 - グリゴリー・ペレルマン、数学者
1966年 - スコット・クールボー、プロ野球選手
1966年 - 服部尚貴、レーシングドライバー
1966年 - 藤原芳秀、漫画家
1968年 - 森口博子、歌手、タレント
1968年 - 河合美智子、女優タレント
1970年 - リヴァース・クオモ(ウィーザー)、ミュージシャン
1971年 - 柘植恵水、NHKアナウンサー
1971年 - ジェイソン・トンプソン、プロ野球選手
1972年 - 石本美穂、漫画家
1972年 - ダレル・メイ、プロ野球選手
1972年 - 川本ゆかり、新体操選手
1974年 - 櫻井孝宏、声優
1974年 - ブライアン・スウィーニー、プロ野球選手
1975年 - 乾貴美子、タレント
1975年 - 面出哲志、プロ野球選手
1975年 - 玉木朋孝、プロ野球選手
1976年 - CHANNEL、MC
1976年 - 池田明美、ボートレーサー
1976年 - 池田浩美、ボートレーサー
1977年 - ホセ・オーティズ、元メジャーリーガー
1978年 - 市川実日子、女優
1978年 - 佐藤友亮、プロ野球選手
1978年 - 小山伸一郎、プロ野球選手
1978年 - 藤田瞳子、俳優
1978年 - リチャード・キングソン、サッカー選手
1979年 - ジャスティン・キング、ギタリスト
1980年 - マルクス・ヴィンケルホック、レーサー
1980年 - VOFAN、イラストレーター、漫画家
1980年 - 甲斐まり恵、フリーアナウンサー
1981年 - クリス・エヴァンス、俳優
1982年 - 杉本恵太、サッカー選手(名古屋グランパスエイト)
1982年 - 寺田あやこ、札幌テレビアナウンサー
1982年 - 鬼嵐力、大相撲力士
1983年 - 金村大裕、プロ野球選手(阪神タイガース)
1983年 - 山本一徳、プロ野球選手
1984年 - 伊調馨、レスリング選手
1984年 - 桜瀬みつな、漫画家
1984年 - GORI、ミュージシャン(BACK-ON)
1984年 - 松木里菜、モデル、女優
1984年 - 山本匠晃、TBSアナウンサー
1985年 - TAKAYO(Takayo)、ミュージシャン
1985年 - 南知里、グラビアアイドル、タレント
1985年 - ペドロ・ストロップ、メジャーリーガー
1986年 - 家長昭博、サッカー選手
1986年 - 本田圭佑、サッカー選手
1986年 - メアリー・ケイト・オルセン、女優
1986年 - アシュレー・オルセン、女優
1986年 - ジョナサン・ルクロイ、メジャーリーガー
1986年 - モンス・セルメルロー、歌手、俳優
1987年 - 加賀美セイラ、女優、歌手、ファッションモデル
1987年 - ジャスティン・ミラー、メジャーリーガー
1988年 - 古屋敬多、ミュージシャン(Lead)
1988年 - 林慧、サッカー選手
1988年 - 生田竜聖、フジテレビアナウンサー
1990年 - 篠原慎平、プロ野球選手
1990年 - 小西つどい、野球選手
1992年 - 原優子、声優
1993年 - デニス・テン、フィギュアスケート選手
1993年 - 阪本奨悟、俳優
1993年 - ゴンサロ・ニコラス・マルティネス、サッカー選手
1993年 - 青山ひかる、グラビアアイドル
1994年 - 矢神久美、アイドル(元SKE48)
1995年 - 金子栞、アイドル(元SKE48)
1995年- 小森隼、パフォーマー(GENERATIONS from EXILE TRIBE)























忌日
220年(延康元年4月25日) - 夏侯惇、魏の武将(* 生年不詳)
1231年 - パドヴァのアントニオ、カトリック教会の聖人(* 1195年頃)
1256年(建長8年5月19日) - 湛慶、仏師(* 1173年)
1273年(文永10年5月27日) - 北条政村、第7代鎌倉幕府執権(* 1205年)
1623年(元和9年5月16日) - 本因坊算砂、囲碁棋士(* 1559年)
1645年(正保2年5月19日) - 宮本武蔵、剣術家(* 1584年頃)
1784年 - ヘンリー・ミドルトン、大陸会議議長(* 1717年)
1817年 - エベニーザー・ハザード、第3代アメリカ合衆国郵政長官(* 1744年)
1871年 - ロベール・ウーダン、マジシャン(* 1805年)
1886年 - ルートヴィヒ2世、バイエルン王(* 1845年)
1911年 - 篠原泰之進、新撰組諸士調役兼監察(* 1828年)
1928年 - モーリス・ブルームフィールド、言語学者(* 1855年)
1931年 - 北里柴三郎、医学者(* 1853年)
1931年 - サンティアゴ・ルシニョール、画家(* 1861年)
1947年 - アルベール・マルケ、画家(* 1875年)
1948年 - 太宰治、小説家(* 1909年)
1948年 - 山崎富栄、太宰治の愛人(* 1919年)
1962年 - ユージン・グーセンス、指揮者(* 1893年)
1965年 - マルティン・ブーバー、哲学者(* 1878年)
1966年 - 山田守、建築家(* 1894年)
1971年 - 日夏耿之介、詩人、イギリス文学者(* 1890年)
1972年 - ゲオルグ・フォン・ベケシ、生物学者(* 1899年)
1977年 - トール・ベルシェロン、気象学者(* 1891年)
1977年 - マシュウ・ガーバー、俳優(* 1956年)
1981年 - 菅原通済、実業家(* 1894年)
1982年 - ハーリド・ビン・アブドゥルアズィーズ、サウジアラビア王(* 1912年)
1982年 - リカルド・パレッティ、F1レーサー(* 1958年)
1986年 - ベニー・グッドマン、ジャズクラリネット奏者(* 1909年)
1987年 - ジェラルディン・ペイジ、女優(* 1924年)
1989年 - スコット・ロス、チェンバロ奏者(* 1951年)
1990年 - 木暮実千代、女優(* 1918年)
1998年 - ビルゲル・ルート、スキー選手(* 1911年)
2001年 - 蔵忠芳、俳優(* 1955年)
2002年 - 村田英雄、歌手(* 1929年)
2005年 - デイヴィッド・ダイアモンド、作曲家(* 1915年)
2006年 - チャールズ・ホーヒー、アイルランド首相(* 1925年)
2006年 - 岩城宏之、指揮者(* 1932年)
2007年 - オスカル・モラヴェッツ、作曲家(* 1917年)
2008年 - 古賀雷四郎、北海道開発庁・沖縄開発庁長官(* 1915年)
2009年 - 三沢光晴、プロレスラー(* 1962年)
2012年 - 畑中純、漫画家(* 1950年)
2013年 - 内海賢二、声優(* 1937年)
2013年 - 尾崎行雄、プロ野球選手(* 1944年)

























記念日・年中行事

衣笠祥雄の連続試合出場世界記録の記念碑

小さな親切運動スタートの日(日本の旗 日本)
1963年のこの日に小さな親切運動本部が発足したことを記念。
その年の東京大学の卒業式の告辞の中で、総長の茅誠司が
「小さな親切を勇気をもってやってほしい」と言ったことがきっかけとなり、
6月13日に茅ほか8名の提唱者でこの運動を発足させた。

鉄人の日(日本の旗 日本)
1985年のこの日、「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄が連続試合出場の世界記録を更新したことを記念。

FMの日(日本の旗 日本) F・Mがそれぞれアルファベットの6番目と13番目であることから。
周波数変調の起こりとは全く無関係で制定年も不明。

はやぶさの日(日本の旗 日本)
2010年のこの日、世界初の小惑星サンプルリターンなどを成し遂げた
宇宙探査機はやぶさが地球に帰還したことを記念。































【関連する記事】
posted by clinicayamamoto at 04:45| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする