2018年03月01日

東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
平成30年3月1日(木曜日)

IMGP2699.JPGmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPGIMGP2157.JPG



Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。









「ここをおして」をクリックされてください。



「ここをおして」をクリックされてください。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci




(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)











Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。





東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci

(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)






Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。




東京都 脳神経外科 山本クリニックのホームページへようこそ。
痛み、苦しみ、病気のことでご心配な方、
何でも、お体のことで悩んでおられる方、絶体絶命の方、
一人で考え込まず、まず山本クリニックへお越しください。
山本クリニックの公式ホームページのトップページ
です。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html




東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
平成30年3月1日(木曜日)





「はる」です。


「はる」の「3月」


になりました。


まばゆいほどに。


ことばでは。


いいつくせないほどに。


まぶしくて。


すがすがしくやさしい。


「季節」の。


黄金(こがね)のように


かがやいている。


透明な。


やさしい朝の陽射しです。


しあわせいろの。


あかるい朝の陽射し。


やさしいあかるい朝の陽射し。





「朝」の陽射しの「あかるさ」は。


なにものにも。


たとえようもありません。


けぶる季節の山焼き。


大気は「かおる」。


しずかなひざしです。


「季節」のあさひ。


「朝陽」の光は。


とてもやさしく。


けれどもちから強くしずかです。







秋朝陽


緑木枝間に


われを見る






まばゆくも


輝く柔しき


眼(まなこ)なりけり








あきあさひ


みどりきえたまに


われをみる







まばゆくも


かかやくやさしき


まなこなりけり





★★★

今年の春・から冬は予期せぬ
インフルエンザ*の
大規模な流行が予想されます。

東京 都 世田谷 区 山本クリニックでは。
薬事法の「能書」にあるとおり
「正規の」
「2回法によるインフルエンザワクチン」の
予防接種を行います。
御予約が必要です。


1回法=3500円

2回法=7.000円

です。


当院ではいつでも御来院されれば
インフルエンザ予防接種が可能です。
まだ。

インフルエンザ予防接種をされて
いないかたは
ぜひともうけられてください。





「はる」になりました。




今年も「はる」がきました。



「はる」がきて。



今は「3月」。



「季節」がふうせんのように。



ふくらみそしてみのり。



ひろがりゆく季節。



です。







季節のまつりは季節におわり。


野には。


たんぽぽは葉草となり。


季節の花が咲き。


野草は「葉草」となり。


よもぎや。


すぎながいっぱいになりました。


季節の「かれ山水」の風情です。


くさみどりの葉のつつじが。


さえほこっています。





「季節」になり「川の水音」は。

あたかも。

「ゆたかな清流」の。

「みずのながれのおと」の如く。

きこえるようになりました。

「季節」の小川。

「どんどん」ながれる。

季節のおがわ。

高さも低さこそ見えないのに。

あゆみたゆまず。

ながれる水の流れ。

ありがたいような不思議さ。

ずっと流れを追いかけて。

海原までたどれるのだろうか。

海原のもっとさきまで。

たどりつけるのだろうか。

たどりつけるのであれば。

いつのひか。

海原のもっとさきまで。

いってみたいものです。






春分の日もすぎれば。
「さくら」咲きはじめ
「さくら」がおわり。
「4月」が終われば。
「5月」になり。
「5月」もおわれば。
6月に。「夏」になり。
6月も終われば。
7月 たなばた。
7月 もおわれば。
せみのなく8月。
8月の夏はすぎれば。
9月の秋になり秋の虫が鳴く。
そして9月がおわり。
中秋10月なり紅葉の季節。
そして10月がおわり。
「11月」になり。
晩秋「11月」もおわり12月の「冬」。
「12月」になればまた「年」があけ。
また「初春」がくる。
「1月」がおわれば「2月」
そして「春」の「3月」「4月」「5月」
そして「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」「9月「10月」「11月」
「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」
「11月」「12月」「1月」「2月」
がすぎて。



「3月」です。


「陽」はすでに


日々にながくなりつつあります。


「季節」がきて。


さらにも。


季節のかおりつたえる大地。


その大地をてらす「ひざし」の。


やさしい「光」の日々毎日です。








「はる」の「3月」です。


「季節」の。


陽は日々これ好陽。


夕暮れ時の夜にゆらぐ。


明るい家々のゆふべの灯火(ともしび)。


あたたかいぬくもり灯火。


しあわせのだんらんのひかり。


きせつに燃えてゆらぐともしび。


しあわせいろの季節のともしび。


団欒のともしび時に。


豆腐屋さんのラッパや。


季節のよるはよなきそばの


らっぱも


むかしは。


聞こえました。





朝陽ののぼるのがおそくなりました。


夕陽がおりるのは、はやくなりました。


季節の「朝」の陽射しは


窓越しにも「まばゆい」


くらいです。


夕暮れの「季節」の陽射しは


「はしりおえた」


「陸上競技の選手」のようです。


つかれて。けれども充実して。


くれてゆきます。


明るい季節の夜の空になりました。






まことに。

冬来たりなば春遠からじ。



ふゆきたりなば


はるとおからじ


(出 典は。


 ひばりを崇拝するイギリスの詩人シェリー*の


『西風に寄せる歌』の一節。


英 語の原文: 


If winter comes,



can spring be far behind? )







「英国:United Kingdom UK」のロマン派の
詩人は。「御自分」のテーマの「鳥」を
紋章のようにもっています。
英国ロマン派の詩人は、
それぞれ愛好し、崇拝する鳥を持っていました。

ジョン・キーツは、
「夜鶯」(ほととぎす)の神秘的な声に魅惑され。
夜の闇に響くその歌声を主題に詩を書いています。

ワーズワースにとって、詩の霊感をもたらし、
彼に生きることの喜びを教えてくれる鳥は、
「郭公」(かっこう)でした。

パーシー・シェリーは「雲雀」(ひばり)の声に魅惑され。
ひばりを崇拝する鳥として。
主題とした詩を書いています。








「季節」から「季節」への


移り変わりは


二階から。


「かけあし」の足音の。


とんときこえぬ。


「空き家」のような。


「うつろいかた」です。



二階から。



「かけあし」の足音がきこえない。



まるで「かげろう」



の「たたずまい」のように。



季節がうつろいました。




昨年。
「9月」の初秋がおわり。
「名月中秋10月11月もおわり」ました。
「11月」もおわりました。
「12月」になりました。
いきつくひまなく。
「新年」。
「初春」の「1月」「2月」もおわり。
「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」
「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」「11月」「12月」「1月」「2月」「3月」
「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」
「11月「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」
「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」
「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」「1月」
「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」「9月」
「10月」「11月」「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」
「5月」「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」

がすぎました。



「3月」


「季節」から「季節」への移り変わりは


「かげろう」のようにうつろいでいきます。


そしてまた「年」をこします。







「季節」はひそやかにと。


こっそりと。ゆっくりと。


しのびあしで。あるいて来ます。


そしてゆっくりと。


「あらたな季節」にむかって


あるいて行くようです。




だから。


「新しい季節」をまつのであれば。

「新しい季節」がひそやかに。

しのびあしで。

歩いてくるのをまたなければ。

なりません。


「季節」をまつのであれば。

すぎさる「季節」がゆっくりと。

しのびあしで。

歩いていくのをまたねば。

なりません。

「かぜのおとに*」おどろかされるまで。

またねばなりません。

「かぜのおと」がかわり。

「季節」はなにかが生まれるようにおとずれます。







秋きぬと目にはさやかに見えねども 

風の音にぞおどろかれぬる


(藤原敏行・古今集169)










「季節」はゆっくりとあるいてやってくる。

「季節」がひそやかにかくれてやってくる。




さきのことすぎるかもしれないが「来年」。

このように「時」のうつろいを

心はせれば。


考えると「おそろしいもの」です。

考えなければ。
「なおおおそろしい」
ものであるものかもしれない。

「考えずにいるつけ」がまわって
くるからかもしれません。


「来年」のことを考えれば。


「鬼」が笑う。


ゆく先々を「来年」とすれば。


「来年」のことを考えずに。


すむのであれば。


「鬼」は


笑わないのでしょう。


「鬼」とはなんだろう。


「日本以外の国」にも。


「わらう」。


「鬼」のような「怪物」は。


存在するのだろうか。



今日の深夜早朝03:15amには。

久方ぶりに。

大きな「季節」の「星空」がみえました。

早朝くらいうちは。

空に月。

「お月様」が「雲のじゅうたん」に。

天高くにねそべって。

かさををさしている。

ようです。


「季節」の「夜空」の。


「おぼろ月夜」です。


「クリームいろの月」でした。






05:0amころ日があければ。
まだまだくらい朝日を背に。
西のコバルトの空高く明るい。
とても高い成層圏近くの高い高度に。

西のコバルトの空高に。
「刷毛」でひいたように「絹雲(けんうん)」が
何本も何本も。
描かれて。
たなびいていました。

実に見事な筆捌(ふでさばき)です。
ためらいのない「朝焼け」
「季節」の「朝焼け色」の線描です。



「きせつ」の朝。


「陽射し」ののぼるころは。


「西」の空


のほうが明るいのです。


朝が明けて午前になれば。


まばゆいほどの。


「きせつ」のひざしが。


陽がのぼる。


東から。


窓のカーテンと。


木々の合掌(あいま)をぬって。

「さあ 外においで!」


とさそうがごとく。


大きな声で。


よびかけてくるようです。


ハーメルンの笛吹き男のようです。






高い成層圏近くの高い高度に。
「刷毛でひいたように」「絹雲(けんうん)」
の端には渦巻きのような「ぬけあな」があり
「さらなる遠方の青空」が透けてみえます。

さながらにして。
東山魁夷画伯の描かれた大きな壁画。
大きな屏風絵の世界。

東山魁夷画伯の描かれた大きな絵画を
彷彿とさせますです。

東山魁夷画伯。
「よくえがかけた画伯です」。





この「あおぞら」をみていると。


陽のひかりをみていると。


とても


信じられないくらいに。


元気がわいてくることに。


気が付きました。


「太陽」の「陽射し」。


「陽」の「めぐみ」は。


なんと。


ありがたいことだろう。


なんと尊いことだろう。




そら一杯の青空の



天井(てんじょう)と。



「太陽のひかりのひざし」は。



「生きとし生けるもの」にとって。



なによりもの。



まことの。



「めぐみ」です。



それを戴けるのは。



「よろこび」おおきことです。







「太陽のひかりのひざし」は



「いのちへのめぐみ」。

「いのちのよろこび」。




ありとあらゆる「生命」「いのち」をはぐくみ。
ありとあらゆる「生命」「いのち」をたたえる。
ありとあらゆる「生命」「いのち」をなぐさめる。

「生きとし生けるもの」の「いのち」に。
さらなる。
「はるかかなた」までの。
「いきるちから」をさずけるものです。
「太陽」。

ありがたいものです。


はやいものです。

ときのたつのは。
はやいものです。

そしてふと考えれば

去年も
「12か月」が
終わりました。

中秋から晩秋にうつろい。
「寒月」の「12月」がおわり。
新年の「1月」がおわり。
「晩冬」の「2月」がおわり。
「初春」の「3月」「4月」がおわり。
「夏」「8月」がおわり。
「秋」「9月」「10月」「11月」はおわり。
「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
そして「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」[11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」
「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」
「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」
「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」「1月」
「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」
「9月」「10月」11月」「12月」「1月」「2月」「3月」
「4月」「5月」「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」
「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」
「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」{1月」「2月」
「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」「8月」「9月」「10月」
「11月」「12月」「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」
「7月」「8月」「9月」「10月」「11月」「12月」「1月」「2月」
がすぎされば。

今は「3月」。





「季節の花」の花の花びら。

ひろって。
手のひらにかかげれば。
「きせつの花」の花のかおりは。
プラチナ色の香りが
致します。



今は。
「季節の花・花々」が。
蕾をふくらませています。
「季節の花」の。

はながは鐘袖(ベル・スリーブ)のように。
ふくらんでいます。



「きせつ」の花の「はなびら」が。

闇夜のあいだに。

朝の早朝まだ。

「花」にもきがつかぬうちに

また地に舞い下りています。







「きせつの花」


には。


ひとのよの。


「人のいのち」の。


「こたえ」があるような


気が致します。






ふと野の花は。


一般的には。


香らない花が。


多いことに気づきました。




伊藤左千夫の「野菊の墓」の「野菊」は。
矢車菊 (やぐるまぎく)
はとても綺麗なむらさきの「のぎく」です。
けれども「のぎく」は香りません。
(Corn lower, Bachelor's-button)です。


因みに
最高級の(今はもうとれない)
インド・カシミール地方で産出されたの
サフアイアの色は

「矢車菊色:やぐるまそう色」といわれます。

「カシミール・ヴァイオレット」。


麦畑やとうもろこし畑の中に 咲いていたことから。
「コーン・フラワー」=「野菊」(Corn flower)
です。

別名 「矢車草(やぐるまそう)」
といわれることがあります。

実は「矢車菊 (やぐるまぎく)」と
「矢車草(やぐるまそう)」まったく違う植物です。
矢車菊 (やぐるまぎく)が「野菊」。
「矢車草(やぐるまそう)」は「高山植物」。

「野菊」は春から夏にかけて咲くむらさきの花です。


古代エジプトのツタンカーメン王の墓 からも
発見された由緒正しき「野菊」。
色は紫。むらさきです。


ツタンカーメン王の。

まだ幼な子王妃が。

「亡きツタンカーメンンに野菊の花束ささげるけなげな姿」
が鮮烈に眼に浮かびます。


この「花」が。


「野菊」です。


「野菊の墓」の「野菊」。


けれども。



「野菊」は


香らない。








毎朝暗い早朝と。


うす暗くなる午後6時ころには。


「季節風」が


ふいている。


「季節風」がかわりばんこに。


あちこちで


「ろうろう」「こうこう」とないています。






「きせつのかぜ」の
「季節風」の
「コーラス」を聞いていると。

ふと。

「この「きせつ」におびえるひと」の気配が
脳裏をはしりました。
はてだれだろう。

うら若き乙女。
貧しさに。
苦労に苦労をかさねて。
苦しんで苦しんだ苦しんだあげくに。
24歳にして世を去った
「樋口一葉」。

樋口一葉の

「うらわかき」
「「冬」と「春」の短歌」がきこえるようです。






散たまるふもとの落葉わけて思ふ
埋もれぬべきは雪の山里


ちりたまるふもとのおちはわけておもふ
うもれぬへきはゆきのやまさと


庭の面につもる紅葉の色見れば
散りての後もにしきなりけり


にわのおもにつもるもみしのいろみれば
ちりてのあともにしきなりけり


世の中の秋にあはじとおくれけん
一もと野ぎく思ひあがりて


よのなかにあきにあはしとおくれけん
ひともとのきくおもひあがりて



折々に散るものどけし春雨の
はれたる軒の山桜ばな

おりおりにちるものどけしはるさめの
はれたるのきのやまさくらばな


わが園のものとおもへば初わかな
はつかなれども嬉しかりけり

わがそののものとおもへばはつわかな
はつかなれどもうれしかりけり

立ち渡る霞をみれば足引きの
山にも野にも春は来にけむ

たちわたるかすみをみれはあしひきの
やまにものにもはるはきにけむ

わたつ海の波のいづこに立ち初て
果なくつゝむ春の霞ぞ

わたつみのなみのいづこにたちそめて
はてなくつつむはるのかすみぞ


さざ波やしがの都のいにしへの
おもかげうすく立つ霞かな

ささなみやしかのみやこのいにしえの
おもかけうすくたつかすみかな

鶯のけさおとづるゝ声聞て
はじめて春の心地こそすれ

うくいすのけさおとつるるこへききて
はしめてはるのここちこそすれ


うれしくもわがものにして聞てけり
このあかつきの鶯の声

うれしきもわかものにしてきこへけり
このあかつきのうくいすのこへ

のどかなるけさの雨にやはるの野の
みどりも色まさるらむ

のとかなるけさのあめにや
はるののの
みとりのいろもまさるらむ

おくれたる友の為にとしをりして
谷間の蕨折り残しけり

おくれたるとものためにとしをりして
たのまのわらひおりのこしけり








ちりたまるふもとのおちはわけておもふ


うもれぬへきはゆきのやまさと


にわのおもにつもるもみしのいろみれば


ちりてのあともにしきなりけり


よのなかにあきにあはしとおくれけん


ひともとのきくおもひあがりて

-------------------------------


おりおりにちるものどけしはるさめの

はれたるのきのやまさくらばな


わがそののものとおもへばはつわかな

はつかなれともうれしかりけり


たちわたるかすみをみれはあしひきの

やまにものにもはるはきにけむ



わたつみのなみのいづこにたちそめて

はてなくつつむはるのかすみぞ



ささなみやしかのみやこのいにしえの

おもかけうすくたつかすみかな




うくいすのけさおとつるるこへききて

はしめてはるのここちこそすれ


うれしきもわかものにしてきこへけり

このあかつきのうくいすのこへ



のとかなるけさのあめにや

はるののの

みとりのいろもまさるらむ



おくれたるとものためにとしをりして

たのまのわらひおりのこしけり







こととき、

「24歳」の「とてもとても貧しい乙女」の。

「冬」によろこび。

「冬」にもおびえおののく。

隠したくはない「乙女のほこり」

けれども。

隠さざるを得ぬ「乙女のほこり」

かなしさの。おもかげと。

光さす。輝きと。

お若い「御婦人」の「知」「智」が。

ほこりたかくも。

そしてはかなくも。

「ひしひし」とよみとれます。





「秋」の女神(めがみ)の。



「竜田姫(たつたひめ)」の



去り過ぎた「「秋」そして「冬」。



「春」の女神「佐保姫(さほひめ)」が



微笑んみながらまいおりてきました。



また去っていきました。



「季節」がきました。



「竜田姫(たつたひめ)」の微笑みが



ちかくにみえるような気がいたします。








「佐保姫(さほひめ)」の微笑みも。



いまだとおくで、感じられます。




これからは日は。
陽は次第にみじかくなる。
日が短くなる。
朝は明けるのははおそくなり。
夕に暗くなるのははやくなる。



なぜか。
不思議なやさしさ。
やすらぎと。
心やすらかなる
安堵感をかんじます。


心やすらかなる
安堵感をかんじます。

けれども。
「安堵」と「落胆」は。
常に表裏一体。
両羽(もろば)の剣。

「ぬかよろこび」の「ぬか」のような
ものです。

「みじかくなる陽」も両羽(もろば)の剣を
持っています。

そして。
季節には「大気の音色(ねいろ)」もあるようです。


朝空は
陽ははるかに天高く。
空色はミルク色です。
クリームのかかった雲空です。


東京都 山本クリニック世田谷の庭園には

「えどむらさき」という「つつじ」
が「何本」もはえています。
野生種に近いものです。
大きな真紅紫の花を咲かせます。

「つつじ」ですから
盆栽の「皐月:さつき」のような
繊細さはみえません。






この「きせつ」になり。
森山を分け入ると。


木々の根元に隠れ咲く。
だいだい色の花の花のごとくに紅葉したまま
しもがれする
「やまはぜの葉木」が「大好き」です。

「やまうるしの紅葉」もかわいらしく。
「大好き」です。

身の丈以上ほどにもなって群生する。
野生の「小紫式部:こむらさきしのぶ」
が。
病院の林の一角に野生のまま
おいしげっています。

野生の「小紫式部:こむらさきしのぶ」
のパープルの真珠が群れたように実る
「実りの木の実」の風にそよぐ音色には。
おどろかされます。

あけびつたもうれしい。
あけびの「実」がみつかればなおなおうれしい。

またたびをみつけました。
根元にねこにかじられきずがある。

里山の季節の時期から。
そしてつぎの「あたらしい」の里山の季節
になりました。

四季の歩みの春夏秋冬のうつろいは
メトロノームの「あゆみ」を
感じさせます。

この「あゆみ」の「質量」は
とてもとても多いです。
質量があれば。あたかも。
重力のように。
四季のリズムにひきよせられていく。
そのような感じがします。

四季の歩みの春夏秋冬は。
フアジーでいてなお着々。
確実な「リズム」を感じます。

ここに。
「メロディ:旋律」とハーモニー:和声」
がくわわれば「音楽の三要素」。
音楽と同じです。

草花や草木につつまれた自然は。
「音楽」と同じように
ひびきとして聴こえます。

自然は
「しぜん」の
「ヴィルトオーゾ」と
「ヴィルトゥオーサ(virtuosa)」
*です。

この「自然のフイルハーモニウム」の。
指揮者は。
太陽なのか大地なのか人なのか。

或は音色をかもし出す自然はオーケストラ
であるのか。
ソリストなのだろうか。

私の尊敬する「合衆国USA」の
女性で小説家(「ノーベル賞受賞者」)
「パール・サイデンストリッカー・バック
(Pearl Sydenstricker Buck)
中国名、賽珍珠(サィ・チンシュ)」
パールバックの「大地」に
その「こたえ」が示唆されています。


古代より芸術家が
自然を音楽や絵画や彫刻
で表現しようとした気持ちが良く判ります。


*ヴィルトゥオーソ(virtuoso)は、
「博識、達人」を意味するイタリア語の男性名詞である。
複数形の場合はヴィルトゥオーシ(virtuosi)
、女性形はヴィルトゥオーサ(virtuosa)となる。
ラテン語のvirtus
(「男らしさ」「美徳」「至高」の意)を語源とし、元来は「有徳の」「誉められるべき」
を意味する形容詞の男性形であった。


実際の楽曲ではこの三要素は。
密接に音楽的に結びつきひとつの楽曲をなします。

但し音楽の「リズム・メロディ・ハーモニー」は
一つだけを明確に取り出せる「成分」というわけ
ではありません。

また「音楽であるため」に。
三要素が絶対必要ということ
でもないでしょう。


邦楽などではリズム・ハーモニーは
存在しないか希薄である事が多いです。
「音楽」として「欠陥」があるわけ
ではありません。

「リズム・メロディ・ハーモニー」
が西洋音楽の常識ではありえないほど
高度な進化を遂げた音楽も存在致します。

邦楽もその一つです。

大和の国 やまとのくにの自然は。
「大和の国の音楽」と同じように思えます。
聴こえます。




「音楽」は「音」「おと」です。
そして「しらべ」=メロディとハーモニーです。
人類が「この音楽」を「楽譜」として
「寸分たがわず」「譜面」という名の「紙」に
「かくことを完成させた」ということは
大変なことです。

人間は。
人類は。
わずか「400年」で。

「音楽の旋律」に対する「楽譜」を。
「あらたな言語」を
完全に「完成」させたことになります。

まさにミューズの神の「神業かみわざ」です。



木々のめぶきの
冬なおも。
ますます力強い息吹を感じます。

「真夏」をすぎ「冬」になると。
再び「若葉」がみられることに。
きづきました。
「ため息」がでるほど木々の「冬若葉」の
「つどい」は「つよく」「うつくしい」。
雪の上のみどり。

木々のてっぺんは萌黄色から
「ふかみどり」
になりました。
そして「しっかりと樹木として
「冬を迎えた葉束」になりました。
これからは
「深まる冬」がすぎさり「春」。
「開花」の炎が。

樹木の上方で。
「春の到来」を.
くすぶりてまちわびてています。
たえしのぶ季節の樹木です。





高い木々の穂先は萌黄から若草色に。
うねるなみのように。
木々の新緑は常緑となり季節のおとずれを
伝えていました。


桜は葉桜から「葉木」
道路沿いの「けやき」の木々も
萌黄から若葉。
そして青葉。
どうもうともいえる青葉。
そして見え隠れする「紅葉葉」。
紅葉葉の10枚20枚がひとつひとつ
の樹木にみえるようになりました。
「黄色調」です。
そして今「樹木」は「葉のいろ」をかえ
「宙」に舞おうとしています。




明らかなる。
「冬から春」とはことなる。
「夏から秋」。
「秋から冬」
そして「季節からあらたなる季節」の「かぜおと」。

木々の四季の。
大気の「色」のうつろい
に気づきます。





今は里山(さとやま)をさまよい。
今は里山(さとやま)をあるきたい。
今は里山(さとやま)の季節。
今は昔々里山(さとやま)であそび。
今は昔々て里山(さとやま)でおぼえ。
今は昔々里山(さとやま)でまなんだ。
今は昔々のその日々の思い出は。
今は黄金(こがね)か。あるいは。
今は銀か。いぶし銀か。
今はもしかしたらプラチナか。
今は思い出色は鉛のように。
今は重さは鉛のようになり。
今は心の奥深くに埋もれて感じられます。


「幸せ色」=「しあわせいろ」

ならばよいです。


けれども
早朝は非常にさむくなりました。




やま中さまよいて
やま中をわけいらば
やま中大樹の根元に隠れたり
やま中あけぼの色のちひさき炎(ほのほ)
やま中みつけたりやまの秋の華。
やま中やまの秋葉木のかくれんぼ
やま中大樹の根元に隠れたり
山はぜの葉木。
やま中やまうるしの葉木。
やま中あきやまはぜとふるやまうるし。
「はだか木」。
元気な木。たくましき木。


山萩(やまはぎ)の
花をかくして燃えたたむ
あきに実りの祭りなり
あき山はぜの葉炎
あき天高く燃ゆ

やまはぎの
はなをかくしてもえたたむ
きせつにみのりのまつりなり
きせつやまはせのほのほ
きせつてんたかくもゆ









ひろくなりけり空(そら)たかし
さとやまに木々のみどり木
こもれびうけて燃えるがごとし
みどりの炎(ほのほ)
ほのほうちけさむかすみはあおし
ほのほにかすみにただよひて
うるわしくかがやきたり
あたたかくかおりたり
あざやかなりけり 
やまさとのやまみどり
やまさとのふかみどり


ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
は「英国:United Kingdom UK」の
「風景画家」
天才画家ですが「緑」が大嫌い
で「黄色」が「大好き」。
「木」をかくのを非常にいやがったそうです。

多分ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
が「修行時代」に「お金にために
「どこの国も同じですが」
「名所絵」をかかされたときの
「反動」ではないかと
今の私は考えます。






「大きな冬みつけた」

から

「冬がすぎてて春間近い」

「小さな春みつけた・。」

そして

「小さな季節みつけた」

そして

「大きな春みつけた」。

そして

「小さい季節」がみつかって。

そして・そして

しだいにおおきな。

「季節」になりました。

「あき」がちかづく「八十八夜」まで・・

秋が過ぎて。ふゆがすぎて。はるがすぎて。
なつがすぎてあきがすぎて。ふゆがきて。

今はふたたび「きせつ」。










私は寒い新潟の寒村の百姓のうまれです。
毎朝03:15amには起床致します。

睡眠時間は「4時間」。

朝の病院への移行に車をつかいます。
まっくらです。




朝4:30am前に東京 都 世田谷 区 山本クリニック
の明かりがともります。

真っ暗な中で。
病院の事務局と病院の診察室との
往復はとても気温が低いと
とてもくつらいです。

朝の日の出前までの間は今日御来院される患者さん
の「診療録:カルテ」のチエックと
朝の申し送りの準備です。






-------------------------------
ミニ伝言板
★当院は完全予約制です。★
-------------------------------


------------------------------


平成21年01月12日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------


平成21年2月11日(水曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------



平成21年3月20日(金曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ
限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------



平成21年4月29日(水曜日)は。


元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ。


限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------


平成21年5月4日・5日・6日・
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は。

元来は「祝日で休診日」です。
けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ。

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------

平成21年7月20日(月曜日)は。

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の
御予約の患者さんのみ。

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------

平成21年8月14日(金曜日)と15日(土曜日)
の「二日間」
は病院の医療コンピューターの更新のため。

診療ができないので二日間「休診日」になります。

平成21年8月13日(木曜日)まで平常どおり。
平成21年8月18日(日曜日)から平常どおり。
はおわりました。

------------------------------



平成21年9月21・22・23日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------


平成21年10月12日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
------------------------------




平成21年11月 3日(火曜日)
平成21年11月23日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。
------------------------------






平成21年12月23日(水曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。
------------------------------


年末年始の診療
平成21年12月30日(水曜日)*まで
診療を行います。

また
平成22年1月は。
1月4日(月曜日)*より診療を開始致しました。

------------------------------


年始の診療
平成22年1月11日(月曜日)
平成22年1月11日(月曜日)は。
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------


平成22年3月22日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------


平成22年5月3・4・5日
(月曜日)(火曜日)(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------




平成22年7月19日(月曜日)祝祭日は
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------



平成22年の8月12日(木曜日)(休診日)
より
平成22年の8月15日(日曜日)まで
の8月12日・13日(金曜日)・14日(土曜日)8月15日
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。
きまっている休診日を除けば
8月13日(金曜日)と8月14日(土曜日)
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。

はおわりました。



------------------------------


平成22年9月20日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。

------------------------------



平成22年10月11日は(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------



平成22年11月3日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------


平成22年11月23日(火曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では
平成22年12月29日(水曜日)まで診療を行います。
そして
平成23年1月4日(火曜日)より診療を開始到します。


平成22年12月30日(木曜日)より
平成23年1月3日(月曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。院長は常時病院に滞在到します。


はおわりました。
------------------------------



平成23年1月10日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------



平成23年2月11日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------



平成23年2月21日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。
------------------------------



平成23年4月29日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------


平成23年5月3日(火曜日)
平成23年5月4日(水曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。
------------------------------




平成23年7月18日(月曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。
------------------------------




平成23年の8月11日(木曜日)(休診日)
より
平成23年の8月14日(日曜日)まで
の8月12日(金曜日)・8月13日(土曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば
8月12日(金曜日)と8月13日(土曜日)
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。

  

はおわりました。
------------------------------

平成23年9月19日(月曜日
平成23年9月23日(金曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------

平成23年10月10日(月曜日

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------

平成23年11月23日(水曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------

平成23年12月23日(金曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。

------------------------------


山本クリニック脳神経外科世田谷では
平成23年12月30日(金曜日)まで診療を行います。
そして
平成24年1月4日(水曜日)より診療を開始到します。

平成23年12月31日(土曜日)より
平成23年1月3日(火曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。院長は常時病院に滞在到します。
はおわりました。



------------------------------

平成24年1月9日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------

平成24年2月3日(金曜日)

元来は平常診療日なのですが。

館内設備の点検補修のため、「臨時休診日」
とさせていただきます。


ご迷惑をかけ、申し訳ございません。
(木曜日)(金曜日)と、二連休になってしまいます。


形成外科などで、
(土曜日)2月4日に、御予約の御確認は
2月2日(水曜日)に御願い致します。
はおわりました。

------------------------------

平成24年2月11日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------

平成24年3月20日(火曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。



------------------------------

平成24年4月30日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------



平成24年5月4日(金曜日)
平成24年5月5日(土曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。

------------------------------



平成24年7月16日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。

けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。

------------------------------




平成24年の8月12日(日曜日)(休診日)
より
平成23年の8月16日(木曜日)まで
の8月12日(金曜日)・8月13日(土曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば
8月13日(月曜日)。14日(火曜日)、
と8月15日(水曜日)・
が休診日となります。
院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。
はおわりました。




------------------------------




平成24年
9月17日(月曜日)、
9月22日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。




------------------------------

平成24年

10月8日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。


------------------------------


平成24年


11月3日(土曜日)


元来は「祝日で休診日」です。




けれども「完全御予約制」の



御予約の患者さんのみ



限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。








------------------------------






平成24年


11月23日(金曜日)


元来は「祝日で休診日」です。




けれども「完全御予約制」の



御予約の患者さんのみ



限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました。











------------------------------




平成24年

12月24日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました




------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成24年12月29日(土曜日)まで診療を行います。
そして
平成25年1月4日(金曜日)より診療を開始到します。



平成24年12月30日(日曜日)より
平成23年1月3日(木曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。

院長は常時病院に滞在到します。






はおわりました



-------------------------------

平成25年

1月14日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました



------------------------------

平成25年

2月11日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました



------------------------------

平成25年

3月20日(水曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました




------------------------------

平成25年

4月29日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。

はおわりました



------------------------------



平成25年5月3日(金曜日)
平成25年5月4日(土曜日)は
元来は「祝日で休診日」です。



けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



平成25年5月6日(月曜日)は休診致します。




はおわりました






------------------------------

平成25年

7月15日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------






平成25年の8月14日(火曜日)
より
平成25年の8月16日(木曜日)まで
の8月14日(火曜日)・8月15日(水曜日)
は館内改装のため「夏季休診日」とさせていただきます。

きまっている休診日を除けば
8月14(火曜日)。、
と8月15日(水曜日)・
が休診日となります。

8月12日(月曜日)は診療致します。
8月16日(金曜日)より通常状態にもどります。

院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。

はおわりました。

------------------------------





平成25年9月16日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。


はおわりました。


------------------------------


平成25年9月23日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
------------------------------




平成25年10月14日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
------------------------------



平成25年11月4日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。





はおわりました。
------------------------------


平成25年11月23日(土曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
------------------------------



山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成25年12月30日(月曜日)まで診療を行います。
そして
平成26年1月4日(土曜日)より診療を開始到します。



平成25年12月31日(火曜日)より
平成26年1月3日(金曜日)までは年末年始体制で
休診日とさせていただきます。

院長は常時病院に滞在到します。






-------------------------------




平成26年2月11日(火曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。



------------------------------


平成26年3月21日(金曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。
はおわりました。


------------------------------




平成26年7月21日(月曜日)

元来は「祝日で休診日」です。


けれども「完全御予約制」の

御予約の患者さんのみ

限られた時間帯で診療を行います。



はおわりました。
-------------------------------



平成26年8月2日(土曜日)

元来は診療日です。


けれども、館内工事のため
臨時休診日とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが
よろしくお願いいたします。



はおわりました。
-------------------------------


夏季休診日についての御案内。


平成26年の8月13日(水曜日)
より
平成26年の8月15日(金曜日)まで
を夏季休診日とさせていただきます。



院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。




はおわりました。
------------------------------



夏季休診日についての御案内。


平成27年の8月13日(木曜日)

より

平成27年の8月16日(日曜日)まで

を夏季休診日とさせていただきます。




院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。



はおわりました。

------------------------------


山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成27年12月30日(水曜日)まで診療を行います。


そして


平成28年1月4日(月曜日)より診療を開始到します。




平成27年12月31日(木曜日)より


平成28年1月3日(日曜日)までは年末年始体制で


休診日とさせていただきます。


院長は常時病院に滞在到します。


はおわりました。


------------------------------


夏季休診日についての御案内。


平成28年の8月11日(木曜日)

より

平成28年の8月14日(日曜日)まで

を夏季休診日とさせていただきます。



院長は病院に常在到します。

よろしくお願いいたします。





はおわりました。


------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成28年12月30日(金曜日)まで診療を行います。


そして


平成29年1月4日(水曜日)より診療を開始到します。




平成28年12月31日(土曜日)より


平成29年1月3日(火曜日)までは年末年始体制で


休診日とさせていただきます。


院長は常時病院に滞在到します。


はおわりました。




------------------------------

平成29年夏期休診日のお知らせ。


山本クリニック脳神経外科世田谷では.

8月23日(水曜日)まで診療をおこないます。


8月28日(月曜日)より、診療を再開させて


頂きます。


8月23日は木曜日、8月27日は、日曜日です。


よりまして、8月25日金、8月26日土、が


休診ということになります。



院長は、クリニックに常在致します。

宜しくお願い申し上げます。




はおわりました。


------------------------------

山本クリニック脳神経外科世田谷では.



平成29年12月30日(土曜日)まで診療を行います。


そして


平成30年1月5日(金曜日)より診療を開始到します。

平成29年12月31日(日曜日)より


平成30年1月4日(木曜日)までは年末年始体制で


休診日とさせていただきます。


院長は常時病院に滞在到します。



はおわりました。






------------------------------





























































































































「今日は何の日」は。

ウイキペディアより。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3

アーチャー・マーティン
(Archer John Porter Martin, 1910年3月1日 - 2002年7月28日)は
イギリスロンドン出身の化学者。1952年のノーベル化学賞受賞者である。

生化学を専門にしており、
ビタミンEとビタミンB2の性質を調べ、クロマトグラフィーによる分類を行い、
その技術の確立に寄与した。

また、アミノ酸の分離においてもクロマトグラフィーを用い、
気液クロマトグラフィーや分配クロマトグラフィーを開発した。

1910年 - アーチャー・マーティン、化学者(+ 2002年)
の生誕日です。




+++++++++++++++++++++++++++++

アーチャー・マーティン



ノーベル賞受賞者ノーベル賞

受賞年:1952年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:分配クロマトグラフィーの開発およびその応用

+++++++++++++++++++++++++++++

アーチャー・マーティン
(Archer John Porter Martin, 1910年3月1日 - 2002年7月28日)は
イギリスロンドン出身の化学者。1952年のノーベル化学賞受賞者である。

+++++++++++++++++++++++++++++

開業医の父のもとに生まれ、ベッドフォード校とケンブリッジ大学で教育を受ける。
最初は物理化学実験室で働き、その後ダン・ニュートリショナル研究室に移り、
1938年にはリーズにある羊毛産業調査研究所へ配属された。

1946年にブーツピュアドラッグ社の生化学部門の統括になり、
1948年までその職にあった。彼はこの時、医学研究評議会の職も掛け持ちしていた。

1952年、国立医学研究所の物理化学部門の部長となった。
また、1956年から1959年まで化学顧問の職にあった。

1950年王立協会フェロー選出。1963年リーバーヒューム・メダル受賞。

+++++++++++++++++++++++++++++

彼は生化学を専門にしており、
ビタミンEとビタミンB2の性質を調べ、クロマトグラフィーによる分類を行い、
その技術の確立に寄与した。

また、アミノ酸の分離においてもクロマトグラフィーを用い、
気液クロマトグラフィーや分配クロマトグラフィーを開発した。

+++++++++++++++++++++++++++++













































「続きを読む」=>













今日の東京 都 世田谷 区 の 評判 山本クリニックの毎日の日記帳
の記事は「続きを読む」をどうぞ。これで終了です。





おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・おわり・














































IMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGIMGP2699.JPGmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gifmap[1].gif



------------------------------









Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。








「ここをおして」をクリックされてください。



「ここをおして」をクリックされてください。
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科

山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科
形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci




(申し訳ございません。今現在整備中ですがこの「画面」
を正しくみるためには
「ブラウザ」の「表示」=>「文字の「大きさ」」を「最小」
に設定されてご覧下さい。)







Google Map で
東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://maps.google.co.jp/
を検索されてください。







++「続きを読むです1」++++++++++++++++++

ウイキペディアより。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3

アーチャー・マーティン
(Archer John Porter Martin, 1910年3月1日 - 2002年7月28日)は
イギリスロンドン出身の化学者。1952年のノーベル化学賞受賞者である。

生化学を専門にしており、
ビタミンEとビタミンB2の性質を調べ、クロマトグラフィーによる分類を行い、
その技術の確立に寄与した。

また、アミノ酸の分離においてもクロマトグラフィーを用い、
気液クロマトグラフィーや分配クロマトグラフィーを開発した。

1910年 - アーチャー・マーティン、化学者(+ 2002年)
の生誕日です。




+++++++++++++++++++++++++++++

アーチャー・マーティン



ノーベル賞受賞者ノーベル賞

受賞年:1952年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:分配クロマトグラフィーの開発およびその応用

+++++++++++++++++++++++++++++

アーチャー・マーティン
(Archer John Porter Martin, 1910年3月1日 - 2002年7月28日)は
イギリスロンドン出身の化学者。1952年のノーベル化学賞受賞者である。

+++++++++++++++++++++++++++++

開業医の父のもとに生まれ、ベッドフォード校とケンブリッジ大学で教育を受ける。
最初は物理化学実験室で働き、その後ダン・ニュートリショナル研究室に移り、
1938年にはリーズにある羊毛産業調査研究所へ配属された。

1946年にブーツピュアドラッグ社の生化学部門の統括になり、
1948年までその職にあった。彼はこの時、医学研究評議会の職も掛け持ちしていた。

1952年、国立医学研究所の物理化学部門の部長となった。
また、1956年から1959年まで化学顧問の職にあった。

1950年王立協会フェロー選出。1963年リーバーヒューム・メダル受賞。

+++++++++++++++++++++++++++++

彼は生化学を専門にしており、
ビタミンEとビタミンB2の性質を調べ、クロマトグラフィーによる分類を行い、
その技術の確立に寄与した。

また、アミノ酸の分離においてもクロマトグラフィーを用い、
気液クロマトグラフィーや分配クロマトグラフィーを開発した。

+++++++++++++++++++++++++++++
























++「続きを読むです2」++++++++++++++++++

ウイキペディアより。
https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E6%9C%881%E6%97%A5

3月1日
できごと
紀元前752年 - ローマの初代王ロームルスが、ローマ人の初の戦勝を祝い、
ユーピテルの神殿を建てて捧げ物を捧げる。(サビニの女たちの略奪を参照)
286年 - ローマ皇帝ディオクレティアヌスが、マクシミアヌスを副帝としローマ帝国の西側の統治者とする。
293年 - ローマ東方正帝ディオクレティアヌスが、ガレリウスを東方副帝、コンスタンティウス・クロルスを西方副帝とし、西方正帝マクシミアヌスとあわせて4人が帝位につくテトラルキアが始まる。
317年 - ローマ東方正帝コンスタンティヌス1世の息子のクリスプスとコンスタンティヌス2世、西方正帝リキニウスの息子リキニアヌスが副帝となる。
1562年 - ヴァシーでプロテスタントたちが虐殺される(ヴァシーの虐殺、ユグノー戦争のはじまり)。
1565年 - リオデジャネイロ市が建設される。
1692年 - アメリカ合衆国マサチューセッツ州セイラム村でセイラム魔女裁判が始まる。
1709年(宝永6年1月20日) - 将軍徳川綱吉の死後10日目で生類憐れみの令が廃止。
1753年 - スウェーデンでグレゴリオ暦を導入。2月17日の翌日が3月1日になる。
1781年 - 連合規約がアメリカ13植民地の全ての邦の承認を得て発効。
1803年 - 北西部領土が州に昇格し、アメリカ合衆国17番目の州・オハイオ州となる。
1815年 - エルバ島を脱出したナポレオン・ボナパルトがフランスに上陸。
1867年 - ネブラスカ準州が州に昇格し、アメリカ合衆国37番目の州・ネブラスカ州となる。
1872年 - アメリカ議会が国立公園局設置法を可決。世界最初の国立公園・イエローストーン国立公園を設置。
1874年 - 第四国立銀行開業。
1882年 - 福澤諭吉が日刊新聞『時事新報』を創刊。
1885年 - 日本鉄道・品川駅 - 赤羽駅(現在の山手線・赤羽線)間が開業。日本鉄道と官設鉄道(現在の東海道本線)が接続。
1886年 - 熱田駅 - 武豊駅(現在の東海道本線の一部・武豊線)間が開業。
1888年 - 神秘主義団体黄金の夜明け団が発足。
1896年 - 第一次エチオピア戦争: アドワの戦い。イタリアのエチオピア侵攻軍がアドワ(英語版)で大敗。
1896年 - 立憲改進党・立憲革新党などが合同して進歩党を結党。
1896年 - アンリ・ベクレルが放射線を発見。
1902年 - 戦艦三笠竣工
1905年 - 日露戦争: 奉天会戦が行われる。3月10日まで。
1910年 - グレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故
1911年 - 帝国劇場が開館。
1912年 - 余部橋梁の完成により山陰鉄道(現在の山陰本線)・香住 - 浜坂が開業。京都駅から出雲今市駅(現在の出雲市駅)までがつながる。
1919年 - 日本統治下の朝鮮で三・一運動が起こる。
1919年 - 官設鉄道中央線・東京 - 万世橋が延伸開業。中央線 - 山手線上野駅までの「の」の字運転を開始。
1921年 - クロンシュタットの反乱
1922年 - 日本初のアマチュア無線局が開局。
1925年 - 東京放送局(現在のNHK)がラジオの試験放送を開始。
1930年 - 谷口雅春によって生長の家が立教される。
1932年 - 満州国の建国が宣言される。
1932年 - リンドバーグ愛児誘拐事件
1934年 - 満州国で帝政を実施し、清朝最後の皇帝・溥儀が満州国皇帝となる。
1935年 - 国際連盟管理地域ザールがドイツに復帰。
1936年 - ボールダーダム(現在のフーバーダム)が竣工。
1938年 - 京都市で日本初のタクシー料金のメーター制が導入される。
1939年 - 大阪府枚方市の陸軍禁野火薬庫で爆発事故。死者94人。
1941年 - 第二次世界大戦: ブルガリアが日独伊三国同盟に加盟。
1941年 - 国民学校令公布。4月1日から小学校を国民学校に改め、義務教育を8年に延長する。
1942年 - 第二次世界大戦・バタビア沖海戦: 日本海軍が連合軍艦隊に勝利し、インドネシア方面の連合軍艦隊は壊滅。
1942年 - 第二次世界大戦: 日本軍がジャワ島に上陸。
1945年 - 日本の大審院が1942年に行われた翼賛選挙における鹿児島2区の選挙結果を無効とする判決を下す。(鹿児島2区選挙無効事件)
1946年 - イングランド銀行が国有化。
1946年 - 医学雑誌「医学のあゆみ」創刊(日本医学雑誌株式会社〜医学書院〜医歯薬出版)。
1949年 - 東京都新宿区戸山の陸軍戸山学校跡に戸山ハイツが完成。
1950年 - 民主自由党と旧民主党の聯立派が合流して自由党を結党。
1950年 - 国鉄が東海道本線・東京 - 沼津124kmを電車運転化。湘南電車の使用を開始。
1953年 - ラジオ長崎(現・長崎放送ラジオ)開局。
1954年 - 太平洋のビキニ環礁でアメリカが水爆実験(キャッスル作戦)。第五福竜丸が被曝。
1954年 - ラジオ山陰(RSB、現・山陰放送ラジオ)開局。
1955年 - 日本生産性本部設立。
1956年 - 東ドイツで国家人民軍創設。
1958年 - ラジオ九州テレビジョン(現・RKB毎日放送テレビ)開局。
1959年 - フジテレビジョン、毎日放送テレビジョン(MBS)、九州朝日放送テレビジョン(KBC)開局。
1962年 - アメリカン航空1便墜落事故
1966年 - ソ連の金星探査機「ベネラ3号」が金星表面に衝突。史上初の地球以外の惑星表面への到達。
1967年 - 阪急千里線・南千里駅 - 北千里駅間が開業。北千里駅に日本初の自動改札機が設置される。
1969年 - NHKのFM本放送開始。
1971年 - 五木ひろしがよこはま・たそがれで再デビュー。
1976年 - 韓国で金大中らが民主救国宣言を発表。
1982年 - 初のテレビ東京系列局として、テレビ大阪(TVO)が開局。同時にテレビ東京系ネットワーク「メガTONネットワーク(現・TXN)」発足。
1982年 - 国鉄が、普通列車乗り放題の企画乗車券「青春18のびのびきっぷ」(現在の青春18きっぷ)の発売を開始。
1988年 - 水俣病の刑事訴訟で、最高裁が被告側の上告を棄却し、チッソ元社長らの有罪判決が確定。水俣病の発見から32年目。
1991年 - JR東日本・山手線内の各駅でイオカードの使用を開始。
1992年 - ボスニア・ヘルツェゴビナがユーゴスラビアからの独立を宣言。
1992年 - 暴力団対策法、育児休業法施行。
1994年 - ダイエーが、忠実屋とユニードダイエーとダイナハを吸収合併。3会社の店舗は全てダイエーの直営店舗に。
1995年 - アメリカ・カリフォルニア州でYahoo!が設立される。
1997年 - 大阪ドームが開場。
1999年 - 対人地雷全面禁止条約が発効。
2002年 - 欧州宇宙機関 (ESA) の地球観測衛星「Envisat」が打ち上げられる。
2002年 - スペインでペセタの通貨単位としての使用を停止。
2003年 - 大和銀行とあさひ銀行が合併し、りそな銀行及び埼玉りそな銀行成立。
2003年 - 東京スタジアムが味の素スタジアムに名称を変更。
2005年 - NTT東日本・NTT西日本による固定電話の施設設置負担金が従来の半額に。
2010年 - 大手百貨店の大丸と松坂屋が合併し、「大丸松坂屋」が発足。
2006年 - 本田技研工業の日本国内四輪自動車販売チャネル「プリモ店」「クリオ店」「ベルノ店」を、「ホンダ」チャネルに統合し全車種全店舗扱い化(同年8月より新屋号「Honda Cars」に変更)。
2008年 - コロンビア軍がエクアドル領内のコロンビア革命軍拠点を空爆。アンデス危機に発展。
2010年 - プレイステーション3(新型機種を除く)にて、PlayStation Networkの世界規模の障害トラブルが発生。
2010年 - 電子掲示板サイトの2ちゃんねるが韓国からの大規模なDoS攻撃により、1日以上使用不可能となる。
2011年 - 大型スーパーのジャスコ、サティが一部店舗を除きイオンの名称に統一された。
2013年 - クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件の第一審判決で、国税局査察部告発・検察特捜部起訴の事案としては史上初の無罪判決が言い渡される(佐藤弘規裁判長)。
2013年 - 第1回東京国際文芸フェスティバルが早稲田大学や東京大学、六本木アカデミーヒルズを中心に開催される(主催:日本財団)。
2014年 - 昆明で無差別殺傷事件が発生し、29人が殺害される。
2015年 - 常磐自動車道が全線開通。
2015年 - 武豊線が全線電化。

日本の自治体改編
1917年 - 福岡県八幡市(現在の北九州市の一部)・大牟田市が市制施行。
1921年 - 群馬県桐生市が市制施行。
1947年 - 愛知県津島市が市制施行。
1951年 - 静岡県焼津市、愛知県挙母市(現 豊田市)、京都府宇治市が市制施行。
1954年 - 富山県滑川市が市制施行。
1959年 - 高知県室戸市が市制施行。
1967年 - 埼玉県鳩ヶ谷市(現 川口市)が市制施行。
1971年 - 神奈川県伊勢原市が市制施行。
2004年 - 佐渡島内の全市町村が合併し、佐渡市が誕生。
2004年 - 石川県かほく市、福井県あわら市、岐阜県下呂市・郡上市、広島県安芸高田市、長崎県壱岐市・対馬市が市制施行。
2005年 - 福島県田村市、徳島県美馬市、佐賀県小城市が市制施行。
2006年 - 徳島県三好市、高知県香美市・香南市が市制施行。













誕生日
40年 - マルティアリス、詩人(+ 102年)
1445年 - サンドロ・ボッティチェッリ、画家(+ 1510年)
1456年 - ウラースロー2世、ボヘミア・ハンガリー国王(+ 1516年)
1574年(天正2年2月8日) - 結城秀康、戦国武将、大名(+ 1607年)
1611年 - ジョン・ペル、数学者(+ 1685年)
1683年 - キャロライン・オブ・アーンズバック、イギリス王妃(+ 1737年)
1716年(正徳6年2月8日) - 伊藤若冲、絵師(+ 1800年)
1810年 - フレデリック・ショパン、音楽家(+ 1849年)
1812年 - オーガスタス・ピュージン、建築家(+ 1852年)
1816年(文化13年2月3日) - 河竹黙阿弥、歌舞伎狂言作者(+ 1893年)
1832年 - フリードリヒ・グリュッツマッハー、チェリスト(+ 1903年)
1852年 - テオフィル・デルカッセ、政治家(+ 1923年)
1855年 - ポール・ハインズ、メジャーリーガー(+ 1935年)
1858年 - ゲオルク・ジンメル、社会学者、哲学者(+ 1918年)
1865年(元治2年2月4日) - 安部磯雄、政治家(+ 1949年)
1868年 - ゾフィー・ホテク、オーストリア・ハンガリー帝国皇太子妃(+ 1914年)
1875年 - 下村宏(海南)、官僚、新聞人(+ 1957年)
1876年 - アンリ・ド・バイエ=ラトゥール、第3代IOC会長(+ 1942年)
1877年 - 中田薫、法学者(+ 1967年)
1879年 - 田辺七六、政治家、実業家(+ 1952年)
1879年 - ロバート・ダニエル・カーマイケル (Robert Daniel Carmichael)、数学者(+ 1967年)
1883年 - 朝倉文夫、彫刻家(+ 1964年)
1886年 - オスカー・ココシュカ、画家(+ 1980年)
1887年 - 長田幹彦、作家(+ 1964年)
1887年 - パーシヴァル・ワイルド、作家、劇作家(+ 1953年)
1888年 - 由谷義治、政治家(+ 1958年)
1888年 - 辰野隆、フランス文学者、随筆家(+ 1964年)
1889年 - 岡本かの子、小説家(+ 1939年)
1889年 - 和辻哲郎、倫理学者(+ 1960年)
1892年 - 芥川龍之介、小説家(+ 1927年)
1895年 - 小倉遊亀、日本画家(+ 2000年)
1896年 - ディミトリ・ミトロプーロス、指揮者、作曲家、ピアニスト(+ 1960年)
1900年 - 鈴木傳明、俳優(+ 1985年)
1904年 - グレン・ミラー、バンド指揮者 (+ 1944年)
1908年 - 菊田一夫、劇作家(+ 1973年)
1908年 - 若林忠志、元プロ野球選手(+ 1965年)
1908年 - 藤田省三、プロ野球選手(+ 1987年)
1909年 - 出羽ノ花國市、大相撲力士・第4代日本相撲協会理事長 (+ 1987年)
1910年 - デヴィッド・ニーヴン、俳優(+ 1983年)
1910年 - アーチャー・マーティン、化学者(+ 2002年)
1911年 - 西山卯三、建築家、建築学者(+ 1994年)
1912年 - 矢野健太郎、数学者(+ 1993年)
1912年 - ボリス・チェルトック、科学者、工学者(+ 2011年)
1916年 - 有島一郎、俳優(+ 1987年)
1922年 - イツハク・ラビン、イスラエル前首相(+ 1995年)
1927年 - ハリー・ベラフォンテ、音楽家、俳優
1928年 - 伊藤謙哉、天文学者
1928年 - 清水澄子、政治家(+ 2013年)
1928年 - 山根俊英、元プロ野球選手(+ 2009年)
1928年 - シーモア・パパート、数学者、計算機科学者(+ 2016年)
1928年 - ジャック・リヴェット、映画監督、批評家(+ 2016年)
1929年 - ゲオルギー・マルコフ、ジャーナリスト(+ 1978年)
1931年 - ランベルト・ディーニ、元イタリア首相
1931年 - 常盤新平、作家、翻訳家(+ 2013年)
1932年 - 百瀬宏、国際政治学者
1932年 - 伊沢修、元プロ野球選手(+ 1989年)
1932年 - 滝田ゆう、漫画家(+ 1990年)
1933年 - 南田洋子、女優(+ 2009年)
1935年 - 武藤礼子、声優(+ 2006年)
1935年 - 嵯峨美智子、女優(+ 1992年)
1938年 - 近藤光郎、プロ野球選手
1939年 - 祓川正敏、元プロ野球選手(+ 2012年)
1939年 - ツヴェタン・トドロフ、哲学者(+ 2017年)
1941年 - 肥田美代子、政治家、児童文学作家
1942年 - 亀渕昭信、ニッポン放送相談役(前社長)
1942年 - マイケル・ジャイルズ、ミュージシャン(キング・クリムゾン/ドラマー)
1943年 - 加藤茶、コメディアン(ザ・ドリフターズ)
1943年 - 多賀英典、音楽プロデューサー、映画プロデューサー、芸能プロモーター
1943年 - ラシード・スニャーエフ、宇宙物理学者
1944年 - ロジャー・ダルトリー、ミュージシャン(ザ・フー/ボーカル)
1944年 - 山本重政、元プロ野球選手
1946年 - 里村正治、フィデアホールディングス代表執行役社長、旧富士銀行元常務取締役
1946年 - ヤン・コデシュ、テニス選手
1947年 - 末成由美、喜劇女優
1947年 - テリー・レイ、元プロ野球選手
1947年 - 三遊亭鳳楽、落語家
1948年 - 團名保紀、美術史家
1948年 - 磯部清次、空手家
1951年 - 大田卓司、元プロ野球選手
1951年 - スコット・ロス、チェンバロ・オルガン奏者(+ 1989年)
1952年 - 峰竜太、タレント、俳優(戸籍上。実際には2月29日)
1952年 - マーティン・オニール、元サッカー選手、サッカー指導者
1953年 - カルロス・ケイロス、元サッカー選手
1953年 - 上川陽子、政治家
1954年 - ロン・ハワード、映画監督、映画プロデューサー、俳優
1954年 - 十倉好紀、物理学者
1955年 - 藤堂新二、俳優
1956年 - 花咲アキラ、漫画家
1956年 - 矢島健一、俳優
1956年 - ヤン・ヴァン・デル・ロースト、作曲家
1956年 - ダリア・グリバウスカイテ、リトアニア大統領
1956年 - 西山茂、プロ野球選手
1957年 - 高柳秀樹、元プロ野球選手
1957年 - ジョニー・レイ、元プロ野球選手
1959年 - 徳弘正也、漫画家
1959年 - 飯田譲治、脚本家、映画監督
1961年 - 柱谷幸一、元サッカー選手・指導者
1961年 - 隆三杉太一、大相撲力士
1963年 - 川崎麻世、俳優
1963年 - 岡野進一郎、俳優
1963年 - トーマス・アンダース、ミュージシャン(モダン・トーキング)
1965年 - 笠原昌春、プロ野球審判員
1966年 - 奥田圭子、歌手、女優
1966年 - カシワクラツトム、声優
1966年 - ザック・スナイダー、映画監督
1966年 - 島田まさし、お笑いタレント(吉本興業)
1966年 - 平林岳、プロ野球審判員
1967年 - 藤井克典、NHKアナウンサー
1968年 - 伊藤えん魔、声優、俳優
1968年 - 相楽晴子、女優
1969年 - ダグ・クリーク、元プロ野球選手
1969年 - ハビエル・バルデム、俳優
1969年 - 葉山みどり、元AV女優
1970年 - 鄭a台、野球選手
1970年 - 中山美穂、女優、歌手
1970年 - 西川弘志、俳優
1971年 - アレン・ジョンソン、陸上競技選手
1971年 - トーマス・アデス、作曲家、ピアニスト、指揮者
1972年 - 石野見幸、歌手(+ 2007年)
1972年 - やすみりえ、川柳作家
1972年 - ジミー・ハースト、元プロ野球選手
1972年 - 崔堯森、プロボクサー(+ 2008年)
1973年 - 道上龍、レーシングドライバー
1973年 - クリス・ウェバー、バスケットボール選手
1973年 - ライアン・ピーク、ミュージシャン(ニッケルバックのギタリスト)
1973年 - 重信メイ、ジャーナリスト
1974年 - 野本かりあ、歌手
1976年 - 小島聖、女優
1976年 - バレリオ・ベルミリオ、バレーボール選手
1976年 - 葉真中顕、小説家
1976年 - 真栄田賢、お笑いタレント(スリムクラブ)
1977年 - シレノス、ミュージシャン
1978年 - マシコタツロウ、作曲家、歌手
1978年 - 上松範康、作曲家
1978年 - 野川さくら、声優
1978年 - 向井久子、元女子バレーボール選手
1978年 - ジェンセン・アクレス、俳優
1979年 - 井上千尋、AV女優
1979年 - 鈴木貴志、元プロ野球選手
1979年 - 藍正龍、台湾の俳優
1980年 - 井上裕介、お笑いタレント(NON STYLE)
1980年 - アンナ・セメノビッチ、フィギュアスケート選手、歌手、女優
1980年 - マイカ・ホフパワー、プロ野球選手
1981年 - Tatsh(清水達也)、作曲家
1981年 - ジェシカ・ミラー、フィギュアスケート選手
1982年 - 廣野理恵、モデル
1982年 - GO!皆川、お笑い芸人
1983年 - 山本ヤマト、漫画家、イラストレーター
1983年 - ブレイク・ホークスワース、メジャーリーガー
1985年 - 上ノ宮絵理沙、ファッションモデル
1985年 - 古村大介、ミュージシャン(NICO Touches the Walls)
1985年 - 河津修一、バトントワラー
1986年 - 五郎丸歩、ラグビー選手
1986年 - 香穂里、タレント
1986年 - エドゥアルド・モルラン、プロ野球選手
1987年 - ケシャ、シンガーソングライター
1988年 - 松崎桃子、グラビアアイドル
1988年 - 楯真由子、女優
1988年 - 張振旺、野球選手
1989年 - カルロス・ベラ、サッカー選手
1989年 - 原菜摘子、女子サッカー選手
1989年 - 西原加純、陸上競技選手
1990年 - 星沢なな、AV女優
1990年 - 西條るり、AV女優
1990年 - 宮澤智、元タレント、フジテレビアナウンサー
1990年 - 松山弘平、騎手
1990年 - ダシェンコ・リカルド、野球選手
1990年 - 今岡諒平、プロ野球審判員
1991年 - 成田梨紗、タレント、アイドル(元AKB48)
1991年 - ロベルト・スアレス、プロ野球選手
1991年 - 奥野香耶、声優(Wake Up, Girls)
1993年 - 斉藤秀翼、俳優
1993年 - 石田健大、プロ野球選手
1994年 - 大野真緒、女優
1994年 - 朝乃山英樹、大相撲力士
1994年 - 金魚わかな、女優、声優、歌手
1994年 - ジャスティン・ビーバー、R&Bシンガー
1995年 - 床田寛樹、プロ野球選手
1995年 - 三浦弦太、サッカー選手
1998年 - 東理紗(生ハムと焼うどん)、アイドル
2000年 - 片岡千之助(初代)、歌舞伎役者






















忌日
1201年(建仁元年1月25日) - 式子内親王、歌人、新三十六歌仙の1人(* 1149年)
1510年 - フランシスコ・デ・アルメイダ、探検家(* 1450年)
1697年 - フランチェスコ・レディ、医学者(* 1626年)
1865年(元治2年2月4日) - 武田耕雲斎、水戸藩士、天狗党首領(* 1803年)
1891年 - エドゥアルト・シェーンフェルト、天文学者(* 1828年)
1911年 - ヤコブス・ヘンリクス・ファント・ホッフ、化学者(* 1852年)
1915年 - ジェームズ・ゲイキー、地質学者(* 1839年)
1934年 - 長澤鼎、実業家(* 1852年)
1934年 - 服部金太郎、実業家、服部時計店創業者(* 1860年)
1938年 - ガブリエーレ・ダンヌンツィオ、詩人、作家(* 1863年)
1939年 - 岡本綺堂、小説家(* 1872年)
1941年 - 森矗昶、実業家、昭和電工創業者、衆議院議員(* 1884年)
1952年 - 久米正雄、小説家、劇作家(* 1891年)
1958年 - ジャコモ・バッラ、画家(* 1871年)
1971年 - 平塚武二、児童文学者(* 1904年)
1974年 - 田中耕太郎、法学者、文部大臣、最高裁判所長官、国際司法裁判所判事(* 1890年)
1974年 - ボビー・ティモンズ、ジャズピアニスト(* 1935年)
1974年 - ラリー・ドイル、メジャーリーガー(* 1886年)
1976年 - ジャン・マルティノン、指揮者(* 1910年)
1976年 - 清水藤太郎、薬学者(* 1886年)
1978年 - 岡潔、数学者(* 1901年)
1983年 - 小林秀雄、文芸評論家(* 1902年)
1984年 - ジャッキー・クーガン、俳優(* 1914年)
1987年 - 小坂佳隆、元プロ野球選手(* 1935年)
1988年 - 加藤嘉、映画俳優(* 1913年)
1995年 - ジョルジュ・J・F・ケーラー、生物学者(* 1946年)
1998年 - 水野忠彦、プロ野球選手(* 1926年)
1999年 - 長谷川悟史、プロレスラー(* 1976年)
1999年 - 西村一孔、元プロ野球選手(* 1935年)
2001年 - 小田稔、天文学者(* 1923年)
2001年 - 久和ひとみ、ニュースキャスター(* 1960年)
2005年 - 木村保、元プロ野球選手(* 1934年)
2010年 - 高橋重行、プロ野球選手(* 1945年)
2014年 - アラン・レネ、映画監督(* 1922年)
2015年 - ミニー・ミノーソ、メジャーリーガー(* 1925年)
2017年 - かまやつひろし、ミュージシャン(* 1939年)
2017年 - 桑原楽之、サッカー選手(* 1942年)





















記念日・年中行事


ビキニ・デー(世界の旗 世界)
1954年3月1日に、太平洋のビキニ環礁でアメリカが核実験を行い、
第五福竜丸が被曝したことから。世界で反核集会等が行われる。

自傷行為防止啓発の日(英語版)(世界の旗 世界)

三一節(大韓民国の旗 韓国) 1919年3月1日に、韓国・ソウルで起こった三・一運動を記念。

独立記念日(ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ)
1992年のこの日、ボスニア・ヘルツェゴビナがユーゴスラビアからの独立を宣言した。

マルテニッツァ(英語版)( ブルガリア)
家族や友達同士で「マルテニッツァ」という白糸と赤糸で作ったお守りを交換しあい、
お互いの健康と幸せを願う。

豚の日(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)
アメリカの姉妹が「利口な動物」である豚に敬意を表するために家族でお祝いを始めたことから。

デコポンの日(日本の旗 日本)
1991年3月1日に、デコポンが熊本果実連によって初めて出荷されたことから。

日本園芸農業協同組合連合会が制定。
マヨネーズの日(日本の旗 日本)
1925年3月9日にキユーピーが日本ではじめてマヨネーズを製造・販売し、日本初の
にちなんだことから。

切抜きの日(日本の旗 日本)
1890年3月1日に日本で初めての切抜き(クリッピング)会社
「日本諸新聞切抜通信」が発足したことから内外切抜通信社が制定。

国家人民軍記念日(東ドイツの旗 東ドイツ) 1956年3月1日に国家人民軍が設立されたことを記念して。

建国節(満州国の旗 満州国) 1932年3月1日に満州国が独立を宣言したことを祝う日。





























【関連する記事】
posted by clinicayamamoto at 11:17| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする